山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初夏なのに

5月の記事が少なく悶々としていましたが、何とか
月末ぎりぎりにもう一件投稿できました。
最も大事なこの時期に出張やなんだかんだで、撮影
にも出かけられず、その間に巣立ちはするし、葉は
茂るし、営巣は始まるし・・・ 残念な限りです。
例年は5月の記事が年間でも多い方なのに・・・
a0143780_15023706.jpg
そんなこんなで5月の最終記事はルリビタキの登場
です。2月~3月頃になると人に慣れて近くで撮影
出来ることは有るのですが、初夏のこの時期にこん
なにフレンドリーなルリビタキは初めてです。
 運よく樹上で囀った後、散歩道に餌を探しにやっ
て来てくれました。
a0143780_15025380.jpg
カメラ機能最大限のプラス補正で撮ってみました。
青い鳥・・・幸せを運んできてくれますかねー
この時期のルリビタキ、この状況での出会いは嬉しい
ですね。
a0143780_15031981.jpg
完全な瑠璃色にはもう一歩ですがまーまーいい色して
ますね。
さて、定番の赤い子シリーズですが来月登場予定です。
まだ達成率50%、この2~3週間が勝負です!
 

by yamau-f | 2019-05-31 19:20 | ルリビタキ | Trackback | Comments(2)

新時代最初のライファーーーー

ライファー・・・いい響きですね。調べてみると鳥見業界の
専門用語のようですね。今までの人生の中で初めて出会った
野鳥の事を言うようです。
今回の登場は山道での偶然の出会い、全く予想もしていません
でした。どれほど珍しいのか?良くわかりませんが、結構珍し
い様な気がしています。後ろ姿だけだったのが残念ですが。
a0143780_07544899.jpg
以前台北植物園でズグロミゾゴイは見たことが有りますが、
日本で会ったのは初めてです。付近で営巣しているかも。
前姿は次回のお楽しみです(次回があるかな)
よくよく見ると色も模様もとっても素敵な鳥でした。
a0143780_07541811.jpg
さてさて、ライファー@日本はいつ以来か考えてみました。
昨年はオオグンカンドリ1種、今年は冬に会ったクマゲラ
以来です。皆さんのブログを拝見してみても、ミゾゴイの
登場はそれほど多くないようなので、珍鳥かな?
柳の下にミゾゴイが居るか再挑戦、と行きたいですが暫く
時間がなさそうです。
a0143780_07543606.jpg
約5分ほどの出会いでしたが、久しぶりにアドレナリンが
噴出しました。
今回はちょっとではなく、かなり嬉しい出会いでした。
でもミゾゴイの別名がヤマイボって・・・あんまりですね。

by yamau-f | 2019-05-14 19:25 | ミゾゴイ | Trackback | Comments(6)

令和と言う時代

令和時代に突入して2週間
あの大騒ぎも収まり、皆さんに馴染んだのかな。
この歳になると時代と言う大きな括りではなく、その年、
その月、その日、そして今と言うように視点がだんだん
目先になって来てしまいます。コミュニティーも、世界
地域、国、県、市、町、自宅・・・仕方ないことでしょうが
今回の時代の変遷を契機に、少し巻き戻そうと思った次第
です。無いと中々実行できない山鵜です。さて、令和時代
の最初の記事はメダイチドリにしました。新時代、何につ
けても目をそらすことなく、目を大にして見つめようと言
う、意気込みもあり・・・
a0143780_19155624.jpg
シーズンに海に行けばそれほど会うことが難しい鳥では
無いのですが、今回はあまりにも夏羽が美しく、オレンジ
が鮮やかだったので登場です。
 この出会い、山鵜にとっては満足度はかなり高いです。
もう少し低い視線で撮りたかったのですが次回のお楽し
みです。
a0143780_19162247.jpg
この時は、8羽ほどで行動していたようです。♂?
♀?幼鳥?冬羽→夏羽途中?よく分かりませんでした。
オオメダイチドリはいないかな、なんて贅沢は言いません。
a0143780_19152500.jpg
久しぶりに行った海辺でしたが天候の割には結構遊べ
ました。帰宅時にうな丼を食べ、山鵜も山鵜女も満足できた
一日でした。

by yamau-f | 2019-05-12 19:14 | メダイチドリ | Trackback | Comments(0)