山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

平成最後のてんこ盛り

あと数時間で平成から令和へと時代は変わります。山鵜も
昭和、平成、令和と3時代を生きることになります。
大晦日で新年を迎えるのと、5月1日に新時代を迎えるのは
少し趣が違います。そのうち令和も馴染むことでしょう。
平成最後の記事は、山鵜も長い間鳥見をしていますが、一つ
画面に6種の野鳥が入って居るのは初めての出来事。令和時代
に向けて弾みがつきそうです。先ずは2種盛りのオオハシ
シギとエリマキシギです。
a0143780_20271277.jpg
ツルシギもアオアシシギも写っているので4種盛りですね。この時期のシギ達は夏羽がきれいです。ツルシギの真っ黒は大
好きですが、中々真っ黒になるまで居てくれません。

a0143780_20264010.jpg
次はアオアシシギとキアシシギの2種盛りです。ここにアカアシシギ
が居てくれると山鵜の記事の巾が拡がるのですがそうはいきません・・・
この日はアオアシシギが到着直後だったのでしょうか。15羽以上
居たように思います。
a0143780_20265818.jpg
3枚目はアオアシシギとタカブシギの2種盛りです。こうやって見ると
タカブシギの小ささが良くわかります。この子は1羽でやって来て、直
ぐに飛んでいきました。コアオアシシギだったら・・・とか思ってしま
いました。タカブ、ごめん!
a0143780_20273431.jpg
最後は6種盛りです。アオアシシギ、オオハシシギ、エリマキシギ、
タカブシギ、キアシシギ、ツルシギです。1枚の写真に6種の野鳥は初めての
出来事です。平成最後の記事は海辺のシギ達になりました。
とにかく、今年のゴールデンウィークは天気悪く、寒い!お山に行く
気も起りません。
 さて、令和時代の最初の記事は何が登場するでしょうかね。
皆さん、良い新時代をお迎えください。

by yamau-f | 2019-04-30 21:21 | アオアシシギ | Trackback | Comments(4)

今ですか?今でしょ!

皆さんのブログ等を拝見していると、青い子、黄色い子、オレンジの子
が続々と登場しますね。いよいよ夏鳥シーズン突入です。これから約
2ヶ月は何なりと遊んでくれる季節です。今夏の目標はあまり欲張り
ません。コマドリ、アカショウビンの満足写真と、コルリをキッチリと
撮りたいと思っています。ヤマセミの夏バージョン、ジュウイチ、他
には今年もクロツグミ、マミジロ、・・・・やはりキリが有りません。
a0143780_09095449.jpg
そんな記事を書きながら、何で今ツグミなのでしょうか?またまた意味
不明です。晩秋にやって来ても中々相手にしてくれないツグミですが
北に帰るこの時期になるととてもフレンドリーです。初夏の赤い子
シリーズの前には一度基本に戻り普通種のツグミを写すことが基本、
基本の無いところに難易度の高い撮影に成功は無し、と言う山鵜の思い
です。あまり意気込まずに深呼吸をするためのようなものです。
a0143780_09091909.jpg
間もなくゴールデンウィークに突入、しかも令和時代に突入ですね。
次回は平成のラスト記事(書けるかどうか・・・)何にしようかなー

by yamau-f | 2019-04-25 19:50 | ツグミ | Trackback | Comments(4)

理想の構図

かなり前にも書いた記事です。
写真を撮るに際して当然ですが理想の構図を描き
出来るだけそれに近いものを撮るように頑張る、
おそらくカメラマンは皆さんそうなんでしょうね。
ただ撮る、後で見て撮れていた、と言う事では喜
びも半減ですね。ただ、相手は野生の鳥さん、ど
こから来るか、どこに止まるか、まったく予想が
つきません。プロのカメラマンや極めた諸先輩方
は、この枝に来るのを待つ!と決め打ちされてい
るようですが、そんな離れ業は山鵜にはできません。
a0143780_16492145.jpg
けれども、そうは言うものの構図はイメージして
おきたいですよね。そこで問題になるのは、最終的
にはセンスなんでしょうね。例えば、桜とニュウナイ
スズメを狙いに行ったときに、皆さんはどんなイメー
ージで撮影しているのでしょうか。
確かに、桜の花を咥えてラッパを吹いているような画
を撮りたい、でもそれだけでは面白くないですね。上
の写真、どこに花が有るのか分かりません。
a0143780_16493480.jpg
上の写真は空抜けでかなりプラス補正、鳥の写真がいまいち。
花の角度も悪く、花の軸が長すぎてラッパのイメージでは
有りません。おまけに色彩的に地味な♀。
a0143780_16501329.jpg上の写真は♂ですが鳥が花に被りすぎですね。しかも花が少し
盛りを過ぎています。花の角度も良くない。しかも空抜け。
a0143780_16494308.jpg
上の写真はやはり花の角度が良くないですね。♀だし・・・
a0143780_16500355.jpg
上の写真は空抜けがきつく鳥が暗いですね。花の感じは良い感じなんですけどね。
もう少し花のピンク、雄蕊の黄色が出ると尚更ですが。♀だし・・・
a0143780_16502215.jpg
と言う事で最後の写真です。若干枝が被っていますね。しかも花が
不完全、ダメですね。
 今回の記事、なんでこんなに自虐的になってしまったのか・・・
と言う事でこのことのお遊びシーズンも終了しました。
きっと来年も同じようなことを言っているのでしょう。
次、なにが登場するのか山鵜には分かりません。

by yamau-f | 2019-04-21 19:47 | ニュウナイスズメ | Trackback | Comments(0)

思うようには行きません

さて、今回の話題は我が家周辺のタクシー事情について、と言う
お堅い話です。我が家周辺は大手私鉄のK鉄沿線です。
従って、バスもタクシーも鉄道も、何なら山鵜の住居もK鉄系列
で固められています。スーパーもK商です。私鉄沿線にはよくある話です。
 そういう環境の中で、最近山鵜は不満に思っていることが一つ
有ります。それはと言うと、山鵜周辺(多分沿線は同様でしょうが)
のタクシー事情です。昨秋までは、予約をすれば基本的には24時間
配車してくれていたのですが、それ以降は予約も含め朝は6時からしか
動いてくれません。普段は車なので特に不自由は無いのですが、海外
出張が多く、しかも午前便利用が多いためどうしても早朝の利用が
多くなります。これ、6時からの営業では早朝のバスには乗れません。
つまり、最寄りのK鉄の駅=リムジンバス乗り場に行く手立てが有り
ません。ちなみにリムジンバスもK鉄の系列のN交通。
短期出張なら関空に車で行くのですが、長期となるとそうとも行かず。
本当に困ったものです。山鵜女は免許も持っておらず、かと言って
重たいスーツケースを持って長距離を歩くわけにもいかず・・・
結果として、前日に大阪市内or関空周辺に宿泊する、と言うバカげた
事をしています。
 K鉄系列で固めているので、周辺には個人タクシーも他のタクシー
会社も締め出されある意味独占でやって来た弊害ですね。個人タクシー
も他の業者もほとんどありません。たまにタクシーに乗ってこの話を
すると運転手の皆さんも同意見、人によってはK鉄タクシーでは埒が明
かないのでお客さんからK鉄本社に投書してくれ、と言われる始末。
やはり、沿線をK鉄グループで固めている以上、その責任に於いてもう
少し考えてほしいものです。せめて、K鉄の始発電車或いはN交通のリ
ムジンバスが走る時間帯はタクシーも走らせるべきでは、と考えるのです。
a0143780_15281043.jpg
話とは全く関係なくニュウナイスズメの登場です。
タクシー閑話、まだ続きます。あえてこの話を書いたのにはもう一つ理由
が有ります。それは、昨秋の事です。山鵜娘2号が出産の為に帰省していました。
ちょうど出産予定日に近いタイミングで出張が入りました。
 さて、夜中に産気付いたら・・・と言う事を想定しどうしたものか?
そのタイミングでタクシーの営業時間の短縮を知った次第です。
ではどうすればよいか?本人も不安なのでK鉄タクシーでは話にならないので
市役所に問合わせ。帰ってきた答えは、救急車を呼んでください、とのこと。
最近、救急車の利用について是是非の議論が有りますが、タクシーが無いから
救急車利用と言うのを地方自治が推奨するのもどうかな、と思った次第です。
今、K鉄周辺で個人タクシーや新たな会社が参入すればそれなりの固定客が
見込める、と思う次第です。
a0143780_15275951.jpg
閑話休題
 
今年こそ、と根性入れて早朝から出撃した桜&ニュウナイスズメ。今年も
満足な写真は撮れませんでした。数は沢山居るし、花も沢山咲いているのに
ラッパを吹いてくれる鳥は少なかったですね。思うように行きません。
例年不思議に思うのは、沢山ある桜の木の中で鳥が集まる木は決まっている
ような気がします。糖分が高いのかな・・・
a0143780_15275075.jpg
この子の♂の赤褐色と言うかオレンジの鮮やかさは好きですね。
今回はそれはまずまずの写真が撮れました。
そろそろ彼らも高山で繁殖でしょうかね。山鵜、高山でニュウナイスズメ
を見たことが有りません。どこで繁殖しているのでしょうかねー。
a0143780_15272975.jpg
ラッパの角度、背景、花の美しさ、♂か♀か、距離、・・・
いつまで経っても満足度の高い写真は撮れません。
青い子、黄色い子も気になりますが、山鵜はそろそろ恒例の赤い子シリーズ
に向けて着々と計画中です。ワクワクします。

by yamau-f | 2019-04-18 19:24 | ニュウナイスズメ | Trackback | Comments(2)

南国の鳥again

もう終わりっと言ってたばかりなのにまたまた南国の鳥の
登場です。なんせ、ネタが少ないもので・・・
 出産で帰巣していた山鵜娘2号とその雛鳥、山鵜孫娘1号は
無事に雄親の居る欧州に旅立ち、山鵜家には再び静寂な日々が
戻ってきました。静寂と言うと聞こえが良いのですが・・・
便座の温度は下がり、夕食のおかずの種類は減り、すき焼きの
お肉のグレードは落ち、バスタオルも少し硬くなったような
気がします・・・
何れは旅立つと分かっていても、いざ分かれるとなると寂しい
ものですね。ましてちょっとやそっとで訪れる事の出来ない
はるか遠くの地となると尚更です。 
a0143780_13350983.jpg
大きな翼が有れば今すぐに飛んでいきたい、とまでは行きません
が、文脈に関係なくムラサキサギの登場です。鳥になって飛んで
行けるとしても、山鵜はムラサギサギは選択しませんね。
 あんなにゆっくりと低空で飛ばれたらおちおち寝る事も出来ま
せん。アオサギ以上に大きく、飛んでる姿はまさに怪鳥ですね。
東南アジアに行くと夕方になると大きな鳥が旋回し始めます。
多分スキハシコウだと思うのですが・・・
 次回は少しタイミングの外れたニュウナイスズメが登場する
予定です。



by yamau-f | 2019-04-14 19:33 | ムラサキサギ | Trackback | Comments(0)

初心に帰る

先日、桜の時期の定番、ニュウナイスズメ遊びをしていました。
この場所は人出が少ない割には川沿いに咲く桜並木は見ごたえが
有ります。奈良の集客力の無いイベントよりは企画次第でかなり
の人が呼べる、桜が満喫できるポイントです。
その撮影結果は・・・いずれ記事にしようと思っています。
さて、その撮影場所で久しぶりの鳥友さんとお会いしました。
その中の一人、自宅も近く、年齢も近い鳥友さんが自転車でやっ
て来ました。普段は車なのですが今回は駐車も考えて自転車か、
と。しかし、自宅からは電車で3駅もあり結構な距離・・・彼の
後方には同じく自転車の女性が。?彼は独身では?少し戸惑い
ましたが、彼から紹介が。この度結婚しました。家内です!と。
a0143780_13381609.jpg
ここでシロハラクイナが登場する意味不明な流れは無視して
話を続けます。
 先に登場した彼、山鵜と近い年齢、つまり人生の半分を遥かに
超えた今、彼は新婚です。2月に入籍したばかりの新婚ほやほや。
仲良く二人で自転車で揃って鳥見、鳥撮り、花見、サイクリング、
何とうらやましい・・・
そんな時代が山鵜にも有ったのでしょう、いや、有ったはずです。
なんとまあフレッシュな、山鵜も初心に帰らさせてくれました。
新婚旅行はのんびりと北海道に行くとか・・・
a0143780_13375618.jpg
そういえば山鵜の新婚旅行は・・・
伊丹空港からPANAM航空でハワイに行きましたねー
伊丹発国際線も無くなり、PANAMに至っては航空会社も無くなっ
てしまうと言う遥か大昔の話です。さすがに$=\360では無かった
ですが、\240だったような・・・
a0143780_13373714.jpg
さて、本題のシロハラクイナです。南国鳥シリーズもそろそろ終了。
ここの公園に行けば必ずと言って良い頻度で出会えます。
他にナンヨウオオクイナも居るのですが、バッチと撮れません。
 8月に行くと、真っ黒なチビスケにも会えますがこの時期は無理でした。
他には、ササゴイ、ヨシゴイ、ブッポウソウ、サイチョウ、九官鳥、他
色々会う事が出来ます。治安や、手軽さや、数の多さや、色々と考えると
何度行っても飽きない手軽な公園でした。
次回はいつ行こうかなー



by yamau-f | 2019-04-10 19:37 | シロハラクイナ | Trackback | Comments(7)

卯月になりました

新元号は令和に決まりましたね。
山鵜の予想、”R"が決まり少し気分良くしています。でも、”令和”を予想した人はあまりいないでしょうね。昭和にも使われた”和”、日本的で好きな漢字です。さて、南国出張シリーズ第三弾はハリオハチクイです。撮影地にも現地のバーダーが数人いました。皆さんフレンドリーです。ハチクイは、ビーイーター、そのまんまです(笑)
a0143780_13280859.jpg
この子、飛び方が特徴的体形からも分かるように高速で飛ぶのですが、餌(虫・蜂)を取る時は、同じ枝から出発して大きく弧を描き旋回して元の枝に戻って来ます。その間、あまり羽ばたかずです。少し大きいので羽を広げた時の光沢はやはり南国的ですね。
早いもので4月、卯月になりましたね。なぜ卯月と言うか?どうやら卯の花が咲く時期と
言う事のようです。卯の花・・・おからと違いますよ。卯の花とは、ウツギの花の事のようです。コブシも咲き、桜も咲き、本格的な春の到来です。
a0143780_13274463.jpg
話は変わりますが、海外で恥をかいたお話を一つ・・・(汗)皆さん、ピーマンって何語か知ってました?山鵜、ホテルの朝ごはんにオムレツを注文しました。中に入れてもらう具材を、チーズと玉ねぎ(オニオン)とピーマンを指さして注文しました。チーズとオニオンは良かったのですが・・・ピーマンと言うと怪訝な顔をされました。ひょっとしてこれはきざみピーマンでは無いのでは・・・と不安になりました。何度かピーマン、と言うとペッパー?と答えて来ます。場所が場所なので辛いのを避けようと思っているのにペッパーと・・・仕方ないのでそれでOKと答えて、出来上がったオムレツを食べたらなんとピーマンではないですか!彼はピーマンを知らないのか?と思った次第です。どうしても腑に落ちないので、オムレツを食べながらピーマンを調べると、英語ではグリーンペッパーと言う事が判明しました。ピーマンなんて、カタカナだし、漢字で書けないし、英語だと思うのは極めて普通ですよね。アボカドだって、英語じゃないですか!!!! ね、違いますか?と言う事で、山鵜、この年で新たに一つ英語を覚えました。
ピーマンはグリーンペッパーと言うのでした。   (完)


by yamau-f | 2019-04-01 20:26 | ハリオハチクイ | Trackback | Comments(4)