山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本当に怖い

何度北の大地に行っても雪道、氷道の運転は怖いですね。
一応4WD&スタッドレスのレンタカーを借りて走るのですが
初日は吹雪&新雪での運転、おまけにカーナビは積雪状況
とかは勘案してくれず、近道が結局大きく遠回りとなって
しまいました。冬の北海道は、国道、主要道道(幹線道)
を優先的に走らないとえらい目にあいます。
ようやくたどり着いた目的地、目的の鳥も、いつもは通過
してしまうオオワシもオジロワシも居らず・・・・
a0143780_19243277.jpg
当地は15時を過ぎるとほぼ夕方状態、宿に向かわなければ
と車を走らせると・・・・??何かがモビングされていました。
ノスリではないし、ハイチュウとも違う。ただ、白い鳥と言う
イメージでした。ようやく確認できたのは数年ぶりに、けど
当地では初めて出会うコミミズクでした。
 遊んでくれた時間はほんの数分でしたが、思わぬ出会いに
アドレナリンが出まくった事は言うまでもありません。
思うようには撮れませんでしたが、背景は空ではなく雪原です。
雪がらみのコミミズク、やっぱり野鳥遊びは楽しいですね。

by yamau-f | 2019-01-31 20:21 | コミミズク | Trackback | Comments(0)

リバウンド気味

昨年10月以降鳥見回数の激減していた山鵜ですがダイエットと同じく
リバウンド気味です。もう、鳥遊びは飽きてきたのかなと自分でも心
配していましたが、どうしてどうして、、、
 昨年、一昨年に出かけていた北の大地冬編に今年も突撃してきまし
た。実質2泊3日の弾丸出撃です。前日まで猛吹雪だったようですが運
よく飛行機も飛んでくれたので良かったです。車窓も楽しみだったの
ですが、出発前の融雪剤の吹付で視界は擦りガラス以下だったのが残
念。直前の吹雪の影響かどうか分かりませんが、今年は北の大地も小
鳥系は不調のようですね。ユキホオジロも、シラガホオジロもハギマ
シコもダメでした。レンジャクもベニヒワも、、、
何とか一番の目的の子に会えたのが救いかも。
a0143780_14265297.jpg
目的の鳥を撮っていると遠くから聞き慣れない、けどやたらに大きな
透き通る声が聞こえてきました。山鵜のレパートリーで言うと、マミ
ジロのキョロンと言う声に近いかなー 冬の雪山に響く声、感激しま
した。彼方から飛んできて前方の枯れ木に止まったのは、何とクマゲ
ラでした。思いもよらない出会い、ライファーに大感激でした。かろ
うじて手持ちで数枚撮ると再び彼方へ飛んで行きました。もう一羽の
声も聞こえ、ペアだったのでしょう。
a0143780_14263582.jpg
いやいや思いがけない出会いに興奮してしまった山鵜でした。北の
大地と言えばこの子は必須でしたね。新たなターゲットの登場と、
撮影意欲にメラメラの山鵜でした。
 写真は証拠写真ですが・・・

by yamau-f | 2019-01-29 19:25 | クマゲラ | Trackback | Comments(4)

2019年鳥見占い

少し遅くなりましたが2019年の鳥見占いを兼ねて鳥撮りも
再開しました。先ずは、初心に帰るべく聖地の池に行って
来ました。この池は山鵜が鳥見、鳥撮りにどっぷりと浸かる
きっかけになった池です。
 先ず出会ったのは、鳥ではなく鳥見大先輩、大御所の重鎮
でした。占い的には幸先が良いですねー
a0143780_14173487.jpg
そしてこの日の占い結果はこの子。ミコアイサでした。
鳥見始めの鳥見占いで出会ったのが巫女さんです。
言ってみれば大吉を引いたようなものですね。
 今年は期待の持てる一年になりそうです。
毎年ミコアイサには出会うのですが、今回は結構距離
も近く、満足度は73%くらいかなー
 完成度の高い♂成鳥と、完成度85%の♂2羽でした。
a0143780_14165871.jpg
この子たちは採餌を始めると潜水距離も長く、デジスコで
捕捉してピンと合わせて撮影・・・無理です。
 採餌が終わり、まったりするのを待っての撮影です。
久しぶりの撮影&デジスコ&水鳥・・・久しぶりに撮るに
は難しすぎました。
a0143780_14171547.jpg
羽毛の1本1本がくっきりと分かる絵をいつかは撮りたいものです。
さて、次はどの子が遊んでくれるでしょうか。

by yamau-f | 2019-01-22 20:16 | ミコアイサ | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

a0143780_19105331.jpg

by yamau-f | 2019-01-01 01:11 | ヤマセミ | Trackback | Comments(4)