山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しょうがないでしょ

天邪鬼な山鵜かもしれませんが、別に狙っているわけでは
有りません。誰だって、ウソと言えば黒いベレー帽に品の
ある濃いめのピンクの胸元、グレーの背中の♂成鳥が撮り
たいに決まってます。やっぱりウソは♀や若♂が良いなー
なんて思ってません。
a0143780_11302814.jpg
でも、しょうがないじゃないですか、居なければ・・・
7羽の団体でしたが全てこんな感じでした。要するに♂成鳥
は見当たりませんでした。ただ、全てが♀では無く若鳥の
団体さんのようで、中には若♂っぽいウソもいたように思い
ます。理想の♂成鳥は初夏に高山帯で狙うことにします。
とか言って、あまり会えたことは無いのですが・・・
a0143780_11304380.jpg
ウソの出会い、天気が良すぎるとテカタカでNG
目線に居てもごちゃごちゃの中でNG
背景の良いところで柔らかな光線で目もパッチリと
見えていて・・・みたいな写真が撮りたいものです。



by yamau-f | 2018-03-14 20:36 | ウソ | Comments(0)

さてどっち

葦をどう読むか・・・ あし?よし?漢字の読み仮名を洒落
で決めるのは如何なもんでしょうか(笑)
あし・・・悪し よし・・・良し だからよしの方が縁起が
良いと言うことで”よし”と呼ばれることが多いようですね。
それなら、芦屋はヨシヤ 芦原橋はヨシハラバシに変えれば
と思うのですがそうはいかないのでしょう。
 芦屋が悪し屋だから、読み方を変えよう!なんて聞いたこと
ありません。芦谷雁之助、よしやがんのすけではシックリと来
ませんね。拘るとキリがありません。ヨシキリやオオヨシキリ
が、アシキリやオオアシキリではさすがに鳥が可哀そうです。
 以前、近鉄の鉄は金偏に矢になっていました。失では、お金
を失うとなり良くない、との理由のようです。今は失になって
いるようですが。験を担ぐ、と言うか日本語独特の言葉遊びな
のでしょう。山鵜が生息する奈良ですが、これはいいのかなー(笑)
a0143780_11243360.jpg
で、あしがもではなくよしがもです。英名は、鎌の形の模様
をした鴨という意味のようです。
ナポレオンとも言われるようですね。
 今頃になって、鴨類の登場が増えてきたのですが、何故か?
いつでも撮れると思っている間に時間が過ぎて慌てているだけ
です。ヒドリガモもホシハジロも撮りたいのですが間に合わな
無いかも。
a0143780_11235490.jpg
この池は毎年ヨシガモが多数飛来し冬を越して帰っていきます。
オオバンとの共存関係が成立しているようで、オオバンが潜水
して採って来た水草のご相伴に預かっているようです。
 あまり派手なケンカもせず、オオバンもお人好しな鳥です。
・・・・ん? お鳥好しな鳥です、ですかね。
a0143780_11265767.jpg
偶然目の前を通過してくれました。きれいなカモですね。
季節初めに立てた冬鳥目標、今年もほぼ未達成に終わり
そうです。来季まで持ち越しです。


by yamau-f | 2018-03-08 20:23 | ヨシガモ | Comments(0)

桃の節句

いよいよ春も近づき、そこかしこに春の気配が感じられます。
今日はおひなさんですが昨年雛鳥(と言ってもひね鳥ですが)が
巣立ったので、我が家にお雛様が登場することはありません・・・
ようやく暖かくなってきたので今年の冬の回顧してみようと思います。
一言でいえば寒い冬でした。12月初旬に北海道でドカ雪が降りましたが
その後は福井や東北でドカ雪が降りました。数年前は鳥取で降ったような
記憶があります。北海道も例年と違い、函館など道南での降雪が多かった
ようです。加えて今年は気温が低く、関西でも氷点下をよく聞きました。
 氷点下10℃以下、という地域も多かったようです。
山鵜の棲む奈良でも一度だけ積雪が数センチ、冷え込みもあり道路はツルツル
でバスも走らず大変な日がありました。
こういう年は温暖化と言う言葉をあまり聞きません。
冬が寒いと夏は暑いとよく言われますが、さて今年はどうでしょうか。
a0143780_13133956.jpg
今年の冬、嬉しさトップクラスの出会い、トモエガモです。
数年前に沢山のトモエガモが近くのお堀にやってきましたが、
今回の出会いは色々な環境を含めると過去最高に嬉しい出会い
でした。しつこさには自信のある山鵜、何枚撮ったでしょうか。
64GBは使ったかも、です。
 鴨類は、この子に限らずマガモでもヒドリガモでもオナガガモ
でもよくよく見れば魅力的なのですが、この子は格別です。
山鵜の好みでは、ホオジロガモとトモエガモ、双璧です。
a0143780_13125540.jpg
以前も書きましたが、この子、欧米のバーダーの中でも
相当な人気のようです。韓国に行くとドッサリと居るようですが
日本では毎年確実に会える保証のない鳥です。今回のような
環境で次回いつ会えるかと思うと、撮れる時に撮れ、の実践ある
のみです。
a0143780_13131982.jpg
この子の模様も擬態なのでしょうか。正面から見ると少し怖い
他の鳥の顔が見えてきますね。よーく見てみてください。
冬鳥が続々と北帰を始めました。この子たちは所謂はぐれ鳥では
無いと思います(思いたい)。居心地がよかったらなら来年も帰
って来てほしいですね。

by yamau-f | 2018-03-03 21:12 | トモエガモ | Comments(2)