山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鵜五種

日本で繁殖が確認されている鵜は5種いるそうです。
カワウ、ウミウ、ヒメウ、チシマウガラス  そしてヤマウです(笑)
山鵜の野鳥草紙には未だカワウしか登場していません。ウミウ、撮っているようで
撮っていないのでした。ところで、鵜って国訓ってご存知でした?
山鵜も初めて知りました。
ヒメウは北の大地に行けば出会えるのですが、初登場とは山鵜もびっくりです。
a0143780_11313407.jpg
この色合いを出すのに苦労しました。
このヒメウ、実は絶滅危惧種に分類されるようですね。ENのカテゴリーです。
夏の方がカラフルなようですが夏も北の大地にいるのかなーーーー
 そう言えば先日終わった平昌冬季オリンピックは北の大地以上に寒そう
でしたね。たまに紹介される平昌の風景にホオジロガモが写っていました。
羽生君の次に興奮するシーンでした!
北の大地のネタはそろそろ枯渇気味です。
 

by yamau-f | 2018-02-27 20:30 | ヒメウ | Trackback | Comments(9)

久々の登場

初夏の北の大地のベニマシコ以来7.5年ぶりの登場です。
この時は驚くほどの紅色に感激したのですが、それ以来中々
出会えるチャンスもなく、登場もありませんでした。
 居そうなポイントは多々あるので探せば会えるのでしょうが
いつかは北の大地で再開!という気持ちもあり腰を据えて探す
気にもならず・・・ でも登場してくれれば当然モデル対象に
なりますね。
a0143780_11284774.jpg
どうせなら赤味の強い♂成鳥が良いに決まっていますが、贅沢は
言いません。この子は♀だと思いますが、よく言われる八頭身
からはかけ離れてますね。どちらかというと五頭身レベルかな。
でも愛嬌がありますね。鳥は・・・
a0143780_11290484.jpg
ここ数年連続して年末年始に北の大地には訪れているのですが
そろそろ初夏にも行きたくなってきました。
 冬とは違い、日の出も早く撮影可能時間は長く取れるのですが
温泉と旨いもんが無いと単独行になるかも(笑)
繁殖地に集合した北の大地の夏鳥、ムズムズムズ
a0143780_11291842.jpg
以前は北の大地に梅雨なし、と言われてましたが最近は状況が
少し変わってきたのでしょうか。蝦夷梅雨とか言う言葉を耳に
するようになりました。せっかく行っても雨じゃねーーー


by yamau-f | 2018-02-21 20:28 | ベニマシコ | Trackback | Comments(0)

仕方がないですね

野鳥撮影をするときには、山鵜でも一応背景や光線具合や構図を
考えて撮影しています(ビックリされるかもしれませんが・・・)
 でも、相手は野鳥、モデルの意識は皆無、それどころか常に
周囲を気にしながら、目立たないように行動するのが本来の姿。
営巣中は、場所が天敵に悟られないように雛の糞を巣から離れた
場所まで運ぶほどの慎重さです。
a0143780_13481580.jpg
で、何が言いたいかと言うと写真の言い訳がしたいだけです。
仕方がないですよね、野鳥相手だから・・・
曇り空の空抜け、かなり高い枝に一瞬止まったマヒワです。
目いっぱいプラス補正して何とかマヒワと分かるレベルに。
 好きな鳥なのですが、中々こちらの期待する状況では撮影させて
くれません。これから春に向けて更に鮮やかな黄色になって行くの
でしょうが撮影チャンスがあるのでしょうかねー
a0143780_13484007.jpg
まだまだ冬鳥目標は達成できていません。頑張らなければ
by yamau-f | 2018-02-16 20:47 | マヒワ | Trackback | Comments(2)

年がら年中

シーズン終盤ですがこの時期定番のジョウビタキの登場です。
基本的には冬鳥ですが、最近は毎年夏場も出会えるので
渡り鳥から漂鳥に変更でしょうか。夏場は出会うと何時も
子育て真っ最中です。夏場の囀る声は天下一品です。
a0143780_15554853.jpg
出会う頻度が多いと注目度が下がりますが、この子は何度見ても
モデルとしては素敵ですね。
 いわゆる珍鳥だったら集客力は相当なもんだと思います。
a0143780_15551424.jpg
毎年我が家周辺にも飛来し、アンテナでヒッヒッと鳴き縄張りを
巡回して回るのですが、落ち着くと居ても鳴かなくなりますね。
我が家では、シジュウカラ、イソヨドリ、ジョウビタキ、が家から
聞こえる囀りの御三家です。
 あと、閑古鳥は年中鳴いていますが・・・
a0143780_15532516.jpg
年明けからコンスタントに記事を投稿していますが、さてこのペース
何時まで続くのでしょうかねー

by yamau-f | 2018-02-11 20:51 | ジョウビタキ | Trackback | Comments(0)

無謀な行為

北の大地シリーズは一先ず休憩し地元シリーズです。
今季はキクイタダキの当たり年?各地で登場してくれて、カメラマンの
眩暈を誘ってくれているようですね。興味の無い人には、一生出会う
事がないかもしれない野鳥です。頭の上に居ても気が付かないでしょう。
 数年前の当たり年、山鵜はこの子をデジスコで撮ろうと必死になって
いました。今から思うと何と無謀なことをしていたのでしょうかね。
a0143780_15182608.jpg
 諸先輩方が一生懸命撮影しても中々写せない満開のキクイタダキ,山鵜に
写せる筈が有りません。おまけに、満開の中には黄色では無く赤に近い
オレンジが有るとか・・・ へーって言う感じです。
a0143780_15201479.jpg
無謀と言うと、最近高齢者の運転する車での痛ましい事故を良く耳に
します。高齢者運転=事故と簡単には結び付けられず、若者の無謀運転の
事故も後を絶たないので一概には言えません。ただ、この一年に山鵜の
周辺で起こった出来事を二つばかし恥を忍んでお伝えしましょう。
 先ず、昨年夏に実は事故を起こしました、と言うか蒙りました。怪我
等は双方に無く良かったのですが、状況はすれ違いざまに相手の車が急に
ハンドルを切ってバックしてきたのでした。おいおい、と思いながら一通り
の手続きを済ませた後は保険屋さんにお任せ、ここでトラブル発生です。
 相手のおじいさん、ワシが下がって居るのに突っ込んできた!ワシは
100%悪くない、と言って何も聞き入れ様とはしないのです。・・・・
すみませんの一言もなく、相手保険屋さんも困ってしまい、結局弁護士さん
の登場となった次第です。責任割合とか云々は契約者が納得しない限り、
保険会社では勝手に決められ無いそうです。本当に面倒くさいお話です。
結論は、当然のことですが相手方の一方的な過失となったわけで、こちら
としては要らん時間のロスとなったわけです。とにかくちゃっちゃと終わ
らせたかった、と言うのが本音でした。目撃者も居る中で、こんな頑固と
言うか、大丈夫?と思ってしまう人達も居るという事です。皆さん気を付け
ましょうね&弁護士特約はmustと思います。
 もう一つは、先日免許更新センターに行った時の光景です。
高齢者の講習も有ったのか、はたまた一般の更新だったのか分かりませんが
全く耳の聞こえないお年寄り、杖に70%程依存されたお年寄り、沢山来場
されていました。もっと衝撃な話をすると、会場でお漏らしをしてしまう
お年寄りも・・・この皆さんが全て公道を運転される・・・免許証がある以上
運転するなとは言えないし、そんな事言える立場でもありません。
 世の中が高齢化になっている以上、世の中が車依存の社会を推進してきた
以上、何らかの対策が必要です。車無しでは生活が著しく困る人も居る
でしょう。先ずは、何が起こるか分からないという危機感を持って今以上に
自分達は慎重に運転する事、家族にそうした人が居ればやはり自分で運転し
なくてもよい環境を作ってあげる・・・色々と考えるところが有り長々と書い
てしまいました。新たなカテゴリーの乗り物が有っても良いかもしれませんね。
山鵜が思うに、免許とは本来禁止されている物に許可をする事ですから、本来
の意味からいうと一定の条件を満たさない限り禁止でよいかも。
 山鵜も困る話では有りますが、軽微な違反でも警察はもっと厳しく取り締ま
っても良いかもしれませんね。最近、ウインカーを出さずに曲がる車の多い事。
大きな事故が更に起こる前に、身近なところから気を付けましょう。
大きな事故、起きてからでは取り返しがつきません。
a0143780_15205228.jpg
無謀なキクイタダキのデジスコ撮影から見事に脱線してしまいました。これだけの
脱線は道路の逆走に近いレベルですね。山鵜も気を付けなければ・・・
 キクイタダキには誠に持って申し訳ない気持ちでいっぱいです。
a0143780_15211901.jpg
節分も過ぎいよいよ春を感じられる季節が近づいてきました。ウキウキするのは山鵜だけ?
by yamau-f | 2018-02-08 20:17 | キクイタダキ | Trackback | Comments(0)

道化師と調理師

さて、二月最初の記事はこの子からスタートします。
その前に、調理師・・・ではありませんが、料理についてちょっと。
 家で食べる料理と、外で食べる料理、どうして味が違うのでしょうか。
あまり高級な料理の話では有りませんが、焼飯について少し書いてみます。
 山鵜、幼いころから手っ取り早い昼食に母親に冷ごはんで焼飯を作って
もらいました。中華料理屋さんの焼飯とは全く違うものでしたが、それなり
に美味しく食べていました。今でも、休日の昼食に焼飯は定番で、自分でも
良く作ります。麺類、丼物、焼飯は定番ですからね。
 不味いとは思わないのですが、どう工夫をしても中華料理屋さん(それが
有名チェーンであっても)と同じ、或いは似た味にはなりません。
 お店のチャーハンを自宅で作りたい!色々と調べるのですが、やはり自宅
のガスコンロの火勢では弱すぎて、と言うのも有るようです。何か特別な
調味料でも?と思って、料理店で厨房を覗くのですが、普通にある調味料を
極めて適当にパラパラと入れているようにしか見えません。
 先日、天気も悪く、山鵜女もお出かけ、ならば・・・!と、チェーン店の
焼飯をテイクアウトで買う事にしました。車の中に匂いを充満させながら
帰宅、・・・・ちょっと量的に物足りないので冷凍庫からご飯を引っ張り
出して解凍、少しなので味付けもせずに持ち帰った焼飯とフライパンに入れ
て炒めなおしました。
 さて、あのチャーハンが食べられると喜びながらスプーン一杯の焼飯を
口に運ぶのでした・・・・・・・・・が
 な、なんと!!!
期待していた中華料理店の焼飯では無く、全てが普段自分が作る焼飯の味に
なっているではありませんか!せっかく買ってきた焼飯に対する残念さと、
お店で食べる焼飯の味の深さ(笑)を痛感させられたのでした。
二度と持ち帰った焼飯は炒めなおしてはいけません(笑)
(食話休題)
ハーレクインダッグ、シノリガモの英名です。
少しおしゃれなイメージ、ハーレクインロマンスを想像してしまいますね。
a0143780_14344448.jpg
この子に使われるハーレクイーンは簡単に言うと、道化師と言う意味のようです。
道化師にはピエロとクラウンが有るようですが、その話は置いておいて、私たち
一般に思っているピエロのような模様のカモ、と言う事のようですね。
 こんな模様のカモが北の大地では普通に港や海岸線に居るわけで、羨ましい限り
ですね。これまた時間を忘れて撮影に没頭してしまいました。
a0143780_14360140.jpg
そりゃ、ヒメハジロとか何とかウミスズメとか会えるに越したことは無いのですが
山鵜は今回登場した4種で充分です。
 そう言えばこの子の鳴き声、あまり印象にの残っていません。
何て鳴くのかなー
a0143780_14350966.jpg
この子も荒波の中を平気で泳いで行きますね。
船なら沈没も有るのでしょうが、カモが溺れることは有るのでしょうかね。
猿も木から落ちる、河童の川流れ、ゴロで言うとカモの海溺れ、ってとこでしょうか。
a0143780_14353892.jpg
北の大地のネタも残りわずかになってきました。本来はこれからがシーズン真っ盛りの北の大地、雪まつりも始まります。
来シーズンまで我慢する自信が有りません!
by yamau-f | 2018-02-02 20:34 | シノリガモ | Trackback | Comments(0)