山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

海のクロツグミ

山鵜、黒と黄色の組み合わせが好きです。野球はタイガースでは無く、
今でも南海ホークスですが(笑)
この組み合わせの鳥さん、実は中々遊んでくれません。
クロツグミも黒と黄色、この子の場合は胸元の白がポイントになって
居ますが好きですね。今年こそ、と言って何年撮れて無い事やら・・。
北の大地で出会ったクロガモ、この子は嘴が黄色いわけでは有りませんが
黄色が良く目立ち、似合っていますね。ただ、きれいに目が写りません。
a0143780_15340502.jpg
北の大地の港には良く居るのですが、コオリガモに比べると憶病で中々
そばで遊んでくれません。憶病度ではコオリガモ<シノリガモ<クロガモ<ホオジロガモ
ですかね。こちらが近づくと、その分だけ遠ざかるような気がします。
 漁港では、漁師の皆さんが出入りするので、ある程度は人間に対する慣れは有るようで
すが、我々よそ者を判別する能力があるようです。
a0143780_15343510.jpg
極寒の荒波から聞こえる口笛のような物悲しい鳴き声は、本当に旅情を誘うBGMには
最高です。あーーーーーー また行きたくなってきました!
 そう言えば、今夏から関西空港から釧路行の直行便がピーチ航空から登場するよう
ですね。ちょっとうれしいニュースです。出来れば、遅くとも朝の10時には到着してくれる
と有り難いのですが、そうは行きませんわな。商売だし、山鵜のような稀有な希望を持って
るお客さんはそうはいませんからね。でも、この時期の当地の日の出は7時、日の入りは
16時、実際に撮影可能な時間となると非常に少なく兎に角早く現地入りしたいのです。
おまけに今回もそうですが、北の大地で車を運転する時には余裕を持ったスケジュール
が必要であり時間的なストレスは結構大きいです。
移動距離が30kmとすると、普通であれば1時間あれば十分ですが、道路状況次第で
大幅に変わってきます。今回はそれほどハードな運転は有りませんでしたが、昨年は
約30km連続でブラックアイスバーンの道を運転。2時間以上かかったかも。
心身ともにヘロヘロになりました。事故でも起こしたら楽しみも何もかもぶっ飛びま
すからね。
a0143780_15350684.jpg
ここ数年、北の大地に同じ時期に通っています。本当は初夏に行きたいのですが
現役には厳しい日程です。未だに小鳥類との出会いは少なく、きっと年末にはまた
行っているのでしょうね。

by yamau-f | 2018-01-29 19:19 | クロガモ | Comments(0)

新年早々山鵜のボヤキ

新年早々ちょっとぼやきますね・・・
先日、またまた不倫騒動で有能な音楽家が引退に追い込まれましたね。
山鵜、不倫は文化なんてことは肯定しませんが、こんな極めてプライベートな
話題がこんなに世間にさらけ出される、これって良いのでしょうかね。
 税金使って不倫のような(汗)事をやってた人でも引退せずに・・・・
まあ、それは置いておいて。
 確かに、人一倍野次馬根性の強い山鵜には興味を掻き立てるニュースでは
ありますが、こう言う人間が居るから報ずる方はお金になるから報ずるのでし
ょうね。
 最近の裁判で”被告は既に社会的な制裁を受けており・・・”みたいなことが
よく言われますが、裁判で判断される罰が社会的制裁より軽かったら、社会的
制裁に手をかけた人たちは、少なくとも刑罰より重い制裁をしたのなら、超過
分は何らかの責任を負うべきでは?なんて思います。社会的制裁を加える事が
出来る立場、それが限られた媒体になってしまうなら、その媒体は大きな勘違い
をしてしまいますね。自分たちにはそう言う力が有るんだ、みたいに・・・
難しいです。叩かれたら叩き返す、この方がすっきりしているように見えますが
そんな事したら許してもらえません。
 昔、リンチという言葉を良く耳にしました。最近はあまり聞かなくなり
ましたがリンチ=私刑≒社会的制裁 ともいえるような気がします。
リンチを裁判所が認める、と書くと少し尖がりますね。
山鵜、法学部出身、でも勉強してませんでしたから今回の記事は無知なおっさん
の戯言と思ってください。
(ボヤキ休題)
今回の登場はコオリガモ、ロングテールダックです。ロングテールダックは
ブリティッシュイングリッシュ、アメリカンイングリッシュでは老女という意味
のOldsquawと言うそうです。日本では氷のある地域、氷を彷彿させる色だから
とか。
a0143780_19395165.jpg
やはりコオリガモと言うからには氷と絡んで、一応狙い通りに撮れたので良し
としましょう。北の大地の海に似合うのはやはりクロガモの物悲しい鳴き声
この子のアオナアオナーーは少し騒がしすぎますかね。
a0143780_19393628.jpg
以前にも書きましたが、この子の風貌は、欧米系の愛玩犬に居そうですね。
北の大地の探鳥早々に、この子に会えたのでラッキーでした。
 外海の荒波にもまれたこの子たちも観察しましたが、なんと力強く生きて
いるのだろう、と感激してしまうのでした。
a0143780_19402919.jpg
若♂と成鳥が並んでくれました。風貌、目の色、鳴き声、総合すると、このカモは
ロシア系ですかね。何となく顔がシャラポアに似ているように見えますね!
えっ?見えませんか・・・ 
a0143780_19400705.jpg
最後は♀の登場です。因みにコオリガモはロングテイルダック、尾が長いと言うと
オナガガモは・・・ノーザンピンテイル,ではオナガは?と言うとAzureーwinged Magpie
紺色の羽をもったカササギと言うそうです。
。こうやって見ると、英名も結構ざっくりとした命名ですね。

by yamau-f | 2018-01-25 19:38 | コオリガモ | Comments(4)

2018年鳥運占い

さて、遅くなりましたが2018年の鳥運占いの結果報告です。
2018年の初撮りはホオジロガモでした。山鵜のとても好きなカモなので
ラッキーでした。毎度のことですが時間を忘れてついつい長居してしまいました。
さて、2018年の鳥運とどうつなげるか、しばらく記事が書けなかったのはここにも
原因が・・・
a0143780_22105542.jpg
この子、英名はコモンゴールデンアイ、つまり普通にいる金目のカモ、と言ったとこですね。
おみくじで言えば、コモン・・・中 ゴールデン・・・吉 と極めて強引ですが纏めました。
2018年、山鵜の鳥運は中吉としておきます(汗)
a0143780_22103960.jpg
それはさておき、ホオジロガモ・・・コモン・ゴールデンアイ ということで少し感じた事が
あります。皆さん気が付きましたか?
 実はほかの鳥も調べたのですが、これは話が逸れると難しい話題になるので、あくまでも
鳥の名前だけに限って言うと日本名にはその傾向が顕著に思えました。
ホオジロガモって頬が白いのは♂だけ、英名は金目なので♂♀共通。
トモエガモって巴模様は♂だけ、英名はバイカルティールなのでバイカル湖(方面)の小さなカモ
なので♂♀共通。
 確かに、カブトムシも兜は♂だけ、クワガタムシも鍬は♂だけ・・・特徴を言っているだけで
♂だから、と言う理由ではないと思いますが、こりゃ問題だ!名前を見直せ!と言われると
大変ですね。
a0143780_22112868.jpg
(難話休題)
ということで、年始から北の大地に行ってきました。今回も山鵜女との二人旅、only鳥とは行かず
温泉とご当地うまいもんの3兎を追うわけで、あまり芳しい成果はありませんでした。
おまけに日本海側は大雪でしたが、太平洋側は本州と然程変わらない気温、一言で言うと暖かかった
ですね。
a0143780_22110955.jpg

半分凍結した漁港でしたが楽しめました。2018年の初記事はこんな記事になりました。今年はコミミは遊んでくれないようなので少し冬鳥を頑張りたいと思います。
by yamau-f | 2018-01-21 22:10 | ホオジロガモ | Comments(2)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

平成30年 2018年の幕開けです。
幼いころのようなお正月の風情が無くなってしまった
今日この頃ですが皆さんはどのようなお正月を迎えら
れていらっしゃるのでしょうか。
 山鵜一家は、山鵜+山鵜女+山鵜娘1号+山鵜義理息子1号
更に、山鵜娘2号+山鵜義理息子2号の計6名でのお正月です。
 平穏な我が家が突然大変なことに・・・
a0143780_09442281.jpg
何だかタオルが新しくなったような気がします・・・
暖房の温度が普段より2℃ほど高くなったような気がします・・・
トイレの便座が暖かくなったような気がします・・・
すき焼きのお肉に霜降りが入ったような気がします・・・
山鵜女の声のトーンが普段より少し高くなったような気がします・・・
山鵜の居場所が狭くなったような気がします・・・
 
どうにもこうにもお正月です。
今年が皆様にとって素晴らしい出会いが有ることをお祈りします。

                            山鵜

by yamau-f | 2018-01-01 07:00 | ヤマセミ | Comments(4)