山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:アカショウビン( 19 )

気が付くと15年

気が付くとこの時期はアカショウビンとコマドリに全てを捧げて
(大袈裟)15年になります。つまり、冬場からヤマセミに全て
を捧げ、春から初夏にかけて赤い2種にすべてを、つまり他の鳥
は全く相手にしていません・・・(ウソ)。
 初夏の冬の大地にも行きたいのですが、長期休暇は取れないの
仕方ありません。
 過去にも沢山アカショウビン記事を書いていますが、かなりの
割合で言い訳や愚痴のオンパレードです。望みが高いのか、単に
進歩が無いのか、自分で見ても恥ずかしくなります。
a0143780_16152264.jpg
今年はGWに寒気?の影響でかなり温度が下がったので、全体に
鳥たちの活動も遅れ気味と思っていたのですが、その後の高温
続きで木々はアッと言う間に夏模様です。もう少し芽吹きの感じ
を期待したのですが遅かった。
a0143780_16160258.jpg
今年は撮影は出来ましたが、例年に比べると個体数がかなり減った
ように感じました。環境の変化?
 ただ、とてつもなく広い森の中で人間が入れる場所なんてたかが
しれています。そんな状況で環境・・・なんて事を語るのは人間の傲
りかもしれません。強いて言うなら、例年の地域では個体数が減っ
たと言うことでしょう。
a0143780_16154407.jpg
次回でアカショウビンシリーズは終了です。
特ダネは有りませんから悪しからず。

by yamau-f | 2019-06-13 19:14 | アカショウビン | Trackback | Comments(0)

シーズンは短く

そろそろ抱卵に入ったであろうアカショウビン、抱卵中は登場
回数も減り、育雛中もペアでの出会いは難しく、何よりも簡単
に行ける場所でもなく、山鵜のアカショウビンシーズンは多分
今回の訪問で終了かな。記事は後2回くらい引っ張るかも・・・
 今年はクロツグミもコルリも、そして例年登場するクロジも
今年は出会えませんでした。残念・・・
またまた来季に持ち越しの課題です。そもそも偏ったターゲット
であるのが問題なのですがね。
a0143780_11201933.jpg
止まる枝が太いとこんな感じになってしまいます。決して、後ろ
の枝に止まっている訳ではありません。シッカリと枝に掴まらな
いでも平気なようです。こちらとしてはシッカリと枝に止まって
くれた方が画的にはいいのですが。
a0143780_11203915.jpg
違うシーンです。これはこれでバックが明るすぎますね。プラス
補正目いっぱいです。背中のコバルトブルーを見ると、少し得した
気になります。止まっている枝は朴ノ木だったように思います。
この地は、朴ノ木とブナが混生しています。
 山鵜は森の木でブナが一番好きですね。
群生している場所、環境、響き、生態・・・いいですねーーー
ちなみに、ブナは漢字で書くと、山毛欅、橅、椈、橿、色々ありま
すが、カタカナのブナが一番似合っている様に思っています。
ブナは発芽し、生育と共に根から毒素を出すようです。それにより
早く、強く、生育した苗のみが残り、他は枯れていくそうです。
それにより結果としてブナ林を維持しているのでしょう。自然の仕
組みって凄いですね。
(ブナ話休題)
a0143780_11212377.jpg
アカショウビン、フクロウほどではありませんが様々な表情や
仕草を見せてくれます。これがまたいいんですねーーーー
 この子に会うと暫く余韻が続き、数日はボーッとして、社会
復帰が出来ません。
今もボーッとしていますが、これはアカショウビンではなく、
年齢が原因かも


by yamau-f | 2019-06-09 19:20 | アカショウビン | Trackback | Comments(0)

嬉しい出会いと残念な撮影

ブログには綺麗な写真、満足いく写真を掲載したいと思うのは
皆さん同じでしょうか。当然山鵜も同じです。
 ただ、山鵜の持っている機材、腕、センス、では限界があり
ます。今年の赤い子シリーズはお題目のような記事からスタート。
遠い、暗い、予想できない、・・・言い訳のオンパレードですが
敢えて今回はそんな写真を掲載します。
a0143780_21483987.jpg
最初の写真は餌をめがけて沢に突入、枝に戻ってきたときの撮影
です。餌はサワガニですね。なんせ遠い、暗い、の証拠写真です
が、証拠写真としてはましな方です。
 この子は女の子ですが、自分で数回餌を採りカエルちゃんや
サワガニ君を数回食べていました。
a0143780_21551718.jpg
ここら辺から証拠写真の証拠度アップです。念願の求愛給餌の
シーンを見ることが出来ました。
 ただ、本当にあっと言う間の出来事、時間にして1秒も無い
早さです。写っていたのが不思議なくらい。個体差が有るのかも
しれませんがこの子たちは兎に角餌渡しが早い!あっさりした
♂でした。
実は、山鵜は求愛給餌はペアリングするときの一大イベントと
思っておりそうそう出会えないシーンと思っていました。
が、実はこの日だけで少なくとも5回は餌渡しをしていました。
認識を改めなければ・・・或いは、♀がしたたかだったのかも。
ここまで来ると何の写真か分かりませんね。
a0143780_21485191.jpg
これ、交尾の写真です。生態写真ですね。ただ、暗い場所
だったのでこんな写真になってしまいました。
明るいレンズならもっとキッチリ撮れたのでしょうが仕方
有りませんね。ただ、逆に臨場感が有ったりして・・・
こんなブレてボケた写真は山鵜の野鳥草子でしか見る事が
出来ないかもしれません。お許しを。
a0143780_21490424.jpg
最後は水浴び後の羽繕いのシーンです。これも一応頭は
止まっていますが羽は御覧の通り。
暗くても、遠くても、きっちりと撮りたい気持ちは山々
ですがこれはこれで良しとします。
今回登場は、1枚目♀2枚目~4枚目♂♀5枚目♂の登場
です。ペアの並んだ写真はそうそう撮らせてくれません
ね。
 取り敢えず今シーズンの赤い子シリーズも無事にスタ
ートが切れました。
 

by yamau-f | 2019-06-04 20:46 | アカショウビン | Trackback | Comments(6)

彼方に赤い気配が

最近皆さんのブログにアカショウビン記事が増えてきましたね。
どれもうらやましい画像ばかり・・・
そんな山鵜もちょこっとだけ遊んでもらう事が出来ました。
前回は遥か彼方、今回は彼方に・・・少しだけ近付いたかな。
 春先は餌も少なく、餌場も限られてくるので見つけ易いの
ですがこの時期になると、カエルだけではなく、モグラ、ネズミ
ヘビ、セミ、ミミズ・・・バリエーションが増えるので探すのも
大変です。おまけにペアリングが出来ると鳴き声も極端に少なく
なるのでシーズンは終盤です。
 いやー、今年のこの子に山鵜はどれだけの時間を献上したでし
ょうか。恐ろしくて記事にはできません。
a0143780_14422901.jpg
そうこうしているう内に、山鵜の夏の赤い子シリーズも号外を
除きほぼ終了しました。あとは、他の赤い子と赤い子リターンズ
が有るかどうか。
 これからタマシギ探しですが、これも数年前に比べるとかなり
厳しい戦いです。この出会いが無かったら、しばらく鳥撮りはお
休みかなー。いやいや、休む分けには行きません。
では何を撮るか?
梅雨が明けるまでに考えることにします。
今年は梅雨らしい梅雨空が続きますね。

by yamau-f | 2018-06-26 20:27 | アカショウビン | Trackback | Comments(0)

はるか彼方に赤い気配が

山鵜の赤い子シリーズ開幕!と言うにはあまりにも寂しい記事です。
まだ諦めたわけではありませんが、現時点では今年も厳しいとしか
言いようが有りません。
昨年はとうとうマイフィールドでの赤い子の撮影は叶いませんでした。
どうしても会いたかったので劇場へは行きましたが・・・
どうしてこの子に取りつかれてしまったのか、わかりません。
初めて出会ったのはかれこれ10年以上前ですね。北陸地方でした。
その後奇跡的に自宅から半時間ほどの山で再会、その時は営巣して
巣立ってくれました。奈良市内の出来事でした。
 それ以降、強運にも恵まれ、時には10m程の至近距離でモデルに
なってくれたことも有ったのですが、ここ数年不調です。
数年前との変化点、やはり撮影に対する粘り強さと根気の欠落かも。
そんな状況ですが、マイフィールド、はるか彼方に赤い気配が・・・!
こんな写真ですが、2年ぶりの撮影は嬉しいものですね。
a0143780_15423352.jpg
何年か前のこの子の撮影イメージに、今年は小さく撮る、と書いた
ことが有ります。会えることが前提の、何と強気なコメントなんで
しょう。口が裂けても言えません。今は
 負け惜しみと言われても仕方ないですが、この子は撮れるに越し
た事が無いのですが、良いですねーーー 雰囲気 鳴き声 最高で
す。そろそろ抱卵の時期、ブナの新緑もだんだんと濃さを増し、探す
のも写すのも難しくなります。何よりもメマトイとかの虫がイライラ
を更にパワーアップしてくれます。あと一回はチャレンジ予定です!
a0143780_15421526.jpg
と言うわけで2018年の山鵜の赤いシリーズは何とか開幕です。
もう一方の赤い子、こちらはなかなかの収穫が有ったかもしれま
せんよ。これからの時期、タマシギが見つからないと記事ネタが
有りません。赤いシリーズ、チョビチョビ出していく予定です。

by yamau-f | 2018-06-14 20:41 | アカショウビン | Trackback | Comments(4)

衝撃の赤い旅立ち

それは早朝の出来事。
給餌の写真が撮りたくて久しぶりにブナ林に出向きました。
辺りはまだ薄暗く、前日の雨で現地到着時には足元は
ズクズクでした。
 営巣場所に近付くとアカショウビンの気配が、暗いので
シルエットしか見えません。
しかも、お決まりのキョロロロロロではなく、アカゲラかアオゲラの
鳴き声のような声が聞こえてきます。
a0143780_11562948.jpg
と、その時突然一羽の鳥が飛び出てきました。何と、アカショウビンの巣立ちの瞬間でした。
何と素敵な瞬間に立ち会えたことか、本当に感動しました。
 巣から出てきた雛は、初めての外の世界にも拘わらず力強く羽ばたきます。
a0143780_11574666.jpg
巣立ちに立ち会ったのは♀親でした。無事に巣立った安堵と育雛の疲れが顔ににじみ出ていました(ように見えました)
この時は既に数羽が巣立った後なのか、でも巣からはまだ餌をねだる幼鳥の声が聞こえてきました。
どの鳥も同じですが、甘えた声でピーピーと。
 と、しばらくすると、キョッキョッとアカゲラの様な鳴き声に変化しました???
これまた突然、最後の雛が辺りをうかがうと同時に飛び出してきました。
 確かにアカショウビンですが、被写体、モデルとしてはいまいちです。雛には親鳥の素敵な魅力はまだありません。
宝石の原石とはまさにこのことを言うのかもしれませんね。
記録写真にしかなりません。
a0143780_11563924.jpg
今頃はもう少しアカショウビンらしくなっているのでしょうね。
この子を追いかけて十数年、感動の瞬間でした。
 ただ、この子達に待ち受ける途轍もなく厳しい自然界、しっかりと育って
来年この森に戻ってくれる約束をしてこの森を離れることにしました。
 春先の飛来、相棒探し、巣作り、営巣、産卵、抱卵、育雛、巣立ち・・・
そして秋口には帰っていくのですね。自分たちに置き換えてしまい、
少し感傷的になってしまいました。
a0143780_11575742.jpg
こんなチビでもしっかりと背中にはコバルトブルーの宝石が!
長々とネタ不足もあって引っ張ってきた赤いシリーズ、2016年度版は
これにて終了です。
来年はどんな出会いが待っているのでしょうか。


by yamau-f | 2016-08-19 20:01 | アカショウビン | Trackback | Comments(4)

赤い渋滞

お盆休み真っ最中ですね。
おまけに、オリンピックも真っ最中。
速さも高さも技も・・・ 同じ人間とは思えませんね。
卓球女子、みんなかわいい・・・(汗)(笑)
山鵜娘がペアで帰省していたので少し遠出。
姫路城に行ってきました!どこへ行っても渋滞だらけ!
山鵜の記事もネタ不足で渋滞気味です。
a0143780_09555523.jpg
赤い子を追いかけて10数年、毎年同じようなことばかり思って、
言って、書いています。
ただ、コマドリもアカショウビンも、この2種に関しては
あまり飛来数も変わっていないように思います。
 変わったのはカメラマンの数くらいかな?
でも、山鵜の記事に登場する2種はあまりモデル慣れしていない子ばかり。
それだけにポーズが下手ですねー(笑)


a0143780_10214838.jpg
賛否あるところですが、このときはペアで最終営巣地を決定し
リフォーム中でした。皆さんのブログで拝見するような綺麗な
場所ではなく、ツルが巻き付いたゴチャゴチャしたところ。
当然、すっきりとした写真は撮れません。
 産卵、抱卵が始まると♂♀の交代間隔は数時間に及び撮影は
先ず無理ですね。最も、この時期が一番神経質になっており
注意する必要がありますね。
 この時も、今シーズンはこれが最後、、、、のつもりでした。
a0143780_10345084.jpg
最近、ポケモンGOとか言うゲームが流行っているようですね。
あちこちにいるモンスターを集めるそうです。
合計150以上の種類が居るとか・・・
どこどこに行くと珍しいモンスターが居るとか。
野鳥撮影、特に珍鳥を追いかけるバーダーは気を付けてくださいね。
はまる要素大です。
老若男女、コレクション願望は人間の本性なのでしょうかね。
山鵜のモンスター(珍鳥)、全く増える気配がありません。
興味がないわけではないのですが。

by yamau-f | 2016-08-14 20:47 | アカショウビン | Trackback | Comments(0)

赤い木霊

夕陽を浴びたアカショウビンの次は深い深ーい、ブナ林の中の
出会いでした。例年のエサ場は昨冬の降雪量の少なさもあり
雪解け水が少なく、カエルさんも少なかったのでしょうか?
飛来の頻度が極端に少なく、ようやくたどり着いたのがこの場所でした。
山鵜一人でははっきり言って絶対に行かないかも・・・
a0143780_21541548.jpg

贅沢な話ですがデジスコで撮るには近過ぎました。
かと言って、新兵器D500砲には暗すぎました。
遅いときは1/4secのSSではどうしようもありません。
山鵜としては、この環境ではデジスコの機材選択です。
ブナ林は下草がそれほど密度が濃くないので助かります。
こういう環境でのアカショウビン撮影は初めて、
ポイントに出会えたこと自体が奇跡的なポイントでした。
a0143780_220514.jpg

構図的にはブナの雰囲気も出ているので良いのですが
やはりペアが・・・ 少し贅肉 違った贅沢が身につき始めた
ようです。初心に帰る、これ大事なことです。
何時も書きますが、山鵜は野鳥の中ではやはり
アカショウビンが一番好きかもしれません。
この時も深い林の中で一際赤いアカショウビン
まさに赤い木霊と言った感じです。
時間に余裕ができたら、林の中に長期滞在して
撮影に没頭したい、これがささやかな夢かなー
a0143780_22131353.jpg

同じ枝の写真ばかりです。
表情を見ていただければ、と思います。
この子がやって来るのを待っている間に聞こえてきた野鳥
コルリ、サンコウチョウ、トラツグミ、クロツグミ、アオゲラ、アカゲラ、
ジュウイチ、ホトトギス、カッコウ、セグロカッコウ、ツツドリ、サンショウクイ、ウグイス、マミジロ、
ミソサザイ、ソウシチョウ、オオルリ、キビタキ、コサメビタキ
カラス、・・・・・ 囀りのシャワーは本当にパラダイスでした。
この子達は飛来すると直ぐに相方探しでよく囀ります。
様々なディスプレイがあるのですが、巣を擬装工事(笑)で
♀にアピールし、相方が決まると営巣が始まります。
基本的にはゲラ類の旧居を使うことが多いようです。
ゼロの状態から巣を作り上げたのを見たことが有りません。
a0143780_22262067.jpg

今までの出会いとは全くパターンが違うので
早くも来年以降のことを考えると心配です。
撮れる時に撮れ、この子にも当てはまる状況に
なりつつあります。
by yamau-f | 2016-08-07 21:48 | アカショウビン | Trackback | Comments(2)

赤い困惑

今朝、我が家からミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきました。
過去にあまり耳にしたことがないので新鮮でした。
初夏のニイニイゼミ、盛夏のアブラゼミ、ヒグラシ、晩夏のツクツクボウシが
昔は定番でした。
幼い頃、広島でクマゼミに遭遇して衝撃を受けたものですが
今は他のセミの鳴き声を全てかき消してしまいますね。
クマゼミには悪いのですが,あまり好きではありません。
東京に行くと未だ主流はミンミンゼミですが、クマゼミがかなり勢力範囲を
拡大しているようです。
蝉話休題
先日は河原で撮影していると、にょこっとクサガメが顔を出しました。
これも昔は定番、イシガメはもう少し上流のイメージでした。
今はカメと言うとアカミミガメ、山鵜はイシガメが好きでした。
クサガメは臭いのと、甲羅のおなか側に字が彫られていないか?が
怖かったのでした。(意味の分かる人は少ないかも)
亀話休題
赤いシリーズ第2弾の開幕です。
a0143780_19271153.jpg

これ、決して赤いシリーズに合わせて補正して赤くしたのでは
有りません。
なぜか?
実は夕日を浴びて赤くなっているのです。
今年は例年と違い、出会いの機会が非常に少なく
この時も朝から探し回って,ようやく出会えたのが日没前でした。
シーズンイン前の課題は
1.ペア
2.求愛給餌
3.モリアオガエル咥えた
4.ブナ林の雰囲気が伝わる
5.静寂な
6.アカショウビンを小さく撮る
でしたが、昨年までの惰性で、会えることの有り難さを
忘れてしまっていたようです。
これほど会うのが困難だとは・・・
a0143780_19345651.jpg

枝には止まってくれましたがこれも夕日が・・・
運よくペアに会えたのですが、少し老体だったのかな?
渡来直後は良くダニにやられている野鳥を見ますが
この時の♂も嘴の内外にダニがへばりついていました。
ダニは老鳥にへばりつく傾向にあるように思えますね。
毛並みも少し艶がないような。
a0143780_19404467.jpg

この子の行動パターンは大凡イメージできるのですが
今年は夏が早く来すぎたのと、雪が少なかったので
例年とは少し違いました。(言い訳です)
来年はこれを反省にして作戦を立てるつもりです。
a0143780_19441870.jpg

赤いシリーズ!と予告していましたが、今年はいまいち💦
a0143780_1946167.jpg

何とかかんとかペアの証拠写真です。
今年も各地に飛来したようですが育雛の終わった
今の時期に撮影するのは、難易度が高すぎるので
山鵜の赤い子シーズンは既に終了しています。
暫く同じような写真で今シーズンを回顧したいと
思います。
数編掲載予定ですのでお付き合いのほどよろしくお願いします。

追記
a0143780_203123.jpg

先日見つけたクサガメですがちょっと心配・・・ クサガメかなー?
キールが3本あるのでクサガメだと思うのですが
首に黄色い模様がなく(イシガメも大きくなると無くなるのもいる)
甲羅が少し茶色いような。クサxイシ=ウンキュウと言うのもいるらしい。
いかんいかん。鳥に加えて亀にも手を伸ばすと大変だわ。
クサガメにしておきましょう。
by yamau-f | 2016-08-03 20:15 | アカショウビン | Trackback | Comments(4)

See you again!

しつこく続けた赤いシリーズ2015、今回で終了します。
途中に食い違った赤い子も登場してくれましたが
基本的には赤い子2種が主役。
共に登場はしてくれましたが、来年への課題は沢山
置いて行ってくれました。
a0143780_21343580.jpg

この子を追いかけて間もなく10年、行動パターンは毎年違うので
出会うのも撮影するのも毎年新鮮味がありますね。
今年は秋の到来も早く、誕生の遅かった雛達は無事に
南国に帰ることが出来るのでしょうか?心配ですね。
a0143780_2139180.jpg

今年はお盆までが夏、それ以降はあっと言う間に秋になってしまい
ツクツクボウシと共にやって来る夏から秋への過程を
楽しむことが出来ませんでした。少し心残りのある夏の終わりでした。
すでに日照時間も短くなり、これから本格的な残暑の復活は
ありえませんね。
a0143780_21442041.jpg

贅沢かもしれません来年のこの子の撮影のテーマは”小さく撮る事”と思っています。
少し難易度を上げてチャレンジしたいと思います。
でもペアで登場しようものなら、血眼になってガツガツ撮ってしまうのでしょうね。
今から鬼に笑われながら来年に思いを馳せる山鵜です。
但し、会うことが出来れば、と言う前提ですがね。
by yamau-f | 2015-09-20 21:28 | アカショウビン | Trackback | Comments(2)