山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:クロツグミ( 3 )

結構うれしい出会い

この時期、馬鹿の一つ覚えで赤い子赤い子と叫んでいますが
昨年も劇場で撮影した以外は会えておらず、山鵜フィールド
で会うことが難しくなりつつあります。
 そんな中で山鵜を唯一慰めてくれたのがこの子でした。
何と、5年ぶりの撮影とは・・・ 会える頻度では赤い子より
はるかに低く結構うれしい出会いでした。
何といってもブナ林でビビッドな姿だったので尚更です。
a0143780_15513044.jpg
欲を言うと、もう少し成熟度の高い真っ黒な子が良かったの
ですが、そんなこと言うとまた5年間会えなくなるので言い
ません。日本3鳴鳥には入っていませんが、声質と言い、
ボリュームと言い、雰囲気と言い仲間に入れてあげたいくら
いです。このフィールドもソウシチョウが増えてきたので
気を付けないと間違ってしまうことがあるのですが。
 この子も、前出のクロジも、コマドリもソングポストで囀
るのですが、囀りが終わるとほぼ垂直に藪の中に消えてしま
います。ほかの鳥より大きく、もう少し高いところで歌うの
で藪に入る時のスピードはアッという間ですね。
a0143780_15514929.jpg
今回は前回と違い前、横、後のポーズをとってくれたので
満足度は高いです。次回の出会いは何時になるでしょうね。
a0143780_15511340.jpg
アイリングと嘴と脚のオレンジとピンク、真っ黒な背中
そして純白に黒の鹿の子をあしらったファッションは
本当に素敵です。
 出会いは少ないですが、山鵜の大好き野鳥ベスト5には
入るでしょうね。
アカショウビン、コマドリ、タマシギ、ヤマセミ、クロツグミ
かなー。真面目に数えたらもっと出てきそうですが・・・
夏鳥目標の1つ、とりあえず達成です。

by yamau-f | 2018-05-29 20:50 | クロツグミ | Trackback | Comments(0)

欲を言えばキリが無いけど

今年の初夏の鳥達との出会いは
まずまずでした。
定番のアカショウビンに加え、コルリにクロジ
コマドリにクロツグミ・・・・  会いたい鳥には
ほとんど会えました。
贅沢かもしれませんが、アカショウビンより
クロツグミやコルリをバチッと撮りたい、
秘かな今年の課題でもありました。
 少し前ですが、クロツグミとの出会いは
結構理想的だったのですが
a0143780_21124317.jpg

最初に出会ったクロツグミ、後姿の出会いでした。
後姿のクロツグミは真っ黒な鳥で、所謂クロツグミのイメージからは遠かった・・・
こちらの思いも空しく、数曲歌うと飛んでいってしまった。
a0143780_21172810.jpg

次に出会った子も正面度が足りない!
山鵜のクロツグミの理想の絵は、
鳥は小さめ、新緑のぶなの枝で大きな口を開けて囀っているイメージ
色的にはモノトーンの中にアイルングと嘴のオレンジが際立ち、
出来れば少し寒さが伝わるような雰囲気が良いのだが
a0143780_2123677.jpg

既に新緑から青葉茂る時期になってしまい、来年の課題になるのかなー
最後はイメージに近い出会いだったが、なんだかクロツグミの毛が薄いような気がする。
欲を言えばキリが無いけど・・・・
by yamau-f | 2013-06-20 21:01 | クロツグミ | Trackback | Comments(4)

こんなんと違うのですが

カワガラスでも撮ろうと車を歩かせていました(走るスピードじゃないので)。
想定の範囲には、ひょっとしてクロツグミでも居ないかなー、と言う淡い期待はありましたがね。
と、道端を横切る黒い鳥を発見!待ちを決め込みました。
藪の中をウロウロ・・・、まさかこの子に出会えるとは!
若干、若い個体ではありますが、山鵜の大好きなクロツグミの登場でした。
a0143780_12424873.jpg

今年の山鵜の夏の課題に、”梢で囀るクロツグミ”と言うテーマがあります。
そのイメージはこんなんと違うのですが、一応枝に止まっているので嬉しいです。
一瞬の登場で居なくなりましたが、次回は梢で会うのが楽しみです。
a0143780_12475310.jpg

 
by yamau-f | 2010-05-05 12:48 | クロツグミ | Trackback | Comments(12)