山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ニシツノメドリ( 1 )

いつかは会いたかった夢の鳥

少し大げさなタイトルです。
ニシツノメドリ、Atlantic Puffin,一般的にはパフィンの
名前で知られている鳥です。以前から知っていた鳥で
NHKでも登場したコミカルな顔をした野鳥です。
いつかは会いたい、いつかは撮りたい、と願っていた夢
をついに叶える事ができました。時期的に、天候的に、
当日にならないと船が出るかも分からなかったのですが、
運よく最高のコンディションで出かけることが出来ました。
a0143780_13253136.jpg
この時はまさに繁殖の真っ最中。口いっぱいに小魚を咥えた
パフィンが飛び回っていました。この子たち生まれてから
数年は一年中海上生活をするようですね。つまり、山鵜が見た
この子達の中には巣立ち後数年ぶりに上陸した子も居るので
しょう。冬場、北の大地に行くと運が良ければ会う事が出来ま
すがスケールが違います。
a0143780_13254645.jpg
ほとんどが海上生活なので、離陸、着陸、歩行、全てが下手
です。その姿がコミカルで人気が高いのかもしれません。
とにかく可愛く愛くるしい鳥ですね。
a0143780_13260208.jpg
パフィンの繁殖時期と島の花の時期が同じため、野鳥の楽園
は花の楽園でもあります。こんな場所がそばに有ったら、山鵜
はアカショウビンでも、コマドリでもなく、この子一筋だった
かもしれません。
 表情、色彩、姿、可愛いですね。また行くかも・・・(汗)
ただ、遠すぎます。とにかく遠すぎます。
a0143780_13261469.jpg
きびなご?コイワシ?を口いっぱいに頬張って勢いよく飛んで
来るのですが着地が本当に下手。着地後はよちよち歩きで
巣穴に潜っていきます。中には可愛い雛がいるのでしょう。
小魚を咥えてくる親だけでなく、結構脂ののったイワシを1匹
くわえて来る親も居ます。雛が大きくなっているのでしょうか。
それにしても生きている小魚をこういう風に捕まえてくわえる
技もすごいですね。
 山鵜はたまーーーに食べるテッサはこういう風にお箸でゲット
します。周りからはブーイングですが・・・
長らく投稿した山鵜の遠征編、今回で取り敢えず終了です。
号外は有るかもしれません(笑)
そろそろシギチのシーズン到来です。ただ、遠征の余韻がまだ
残っている山鵜です。


by yamau-f | 2019-08-26 20:19 | ニシツノメドリ | Trackback | Comments(5)