山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ホオジロガモ( 5 )

2018年鳥運占い

さて、遅くなりましたが2018年の鳥運占いの結果報告です。
2018年の初撮りはホオジロガモでした。山鵜のとても好きなカモなので
ラッキーでした。毎度のことですが時間を忘れてついつい長居してしまいました。
さて、2018年の鳥運とどうつなげるか、しばらく記事が書けなかったのはここにも
原因が・・・
a0143780_22105542.jpg
この子、英名はコモンゴールデンアイ、つまり普通にいる金目のカモ、と言ったとこですね。
おみくじで言えば、コモン・・・中 ゴールデン・・・吉 と極めて強引ですが纏めました。
2018年、山鵜の鳥運は中吉としておきます(汗)
a0143780_22103960.jpg
それはさておき、ホオジロガモ・・・コモン・ゴールデンアイ ということで少し感じた事が
あります。皆さん気が付きましたか?
 実はほかの鳥も調べたのですが、これは話が逸れると難しい話題になるので、あくまでも
鳥の名前だけに限って言うと日本名にはその傾向が顕著に思えました。
ホオジロガモって頬が白いのは♂だけ、英名は金目なので♂♀共通。
トモエガモって巴模様は♂だけ、英名はバイカルティールなのでバイカル湖(方面)の小さなカモ
なので♂♀共通。
 確かに、カブトムシも兜は♂だけ、クワガタムシも鍬は♂だけ・・・特徴を言っているだけで
♂だから、と言う理由ではないと思いますが、こりゃ問題だ!名前を見直せ!と言われると
大変ですね。
a0143780_22112868.jpg
(難話休題)
ということで、年始から北の大地に行ってきました。今回も山鵜女との二人旅、only鳥とは行かず
温泉とご当地うまいもんの3兎を追うわけで、あまり芳しい成果はありませんでした。
おまけに日本海側は大雪でしたが、太平洋側は本州と然程変わらない気温、一言で言うと暖かかった
ですね。
a0143780_22110955.jpg

半分凍結した漁港でしたが楽しめました。2018年の初記事はこんな記事になりました。今年はコミミは遊んでくれないようなので少し冬鳥を頑張りたいと思います。
by yamau-f | 2018-01-21 22:10 | ホオジロガモ | Comments(2)

鴨はかもでも

山鵜の鴨類の過去記事の中で一番良く登場するのは
紛れも無くホオジロガモです。
鴨はカモでもホオジロガモは別格です。
わざわざ北海道まで出掛けて撮らなくても・・・
と思いますが、運悪く近場で見つけてしまいました。
発見と同時にスイッチオン
a0143780_22393228.jpg

♂♀のペアでゆったりのんびりと。
べたなぎの雪が降りしきる湾内で
堤防に隠れながら一頻り遊んでもらいました。
何度見ても好きだなー ホオジロガモ。
a0143780_22421046.jpg

雪が降っても風がないと池のような海になりますね。
色が悪いのは仕方ないです。
多いときは10羽単位で居る事もあるのですが
この時期は難しいのかもしれません。
a0143780_22441115.jpg

次回行っても間違いなくスイッチオンでしょう。
鮮やかな白、深い緑、赤い脚、お洒落です。
深い緑を如何に写すか、これが難しいのです。
未だに満足写真はありません。
a0143780_22471975.jpg

一度潜ると結構長い距離を移動するので
潜る、出る、探す、構える、潜る、探す、構える、写す    が  潜る。
のんびりした時でないとデジスコではお手上げです。
a0143780_22503329.jpg

北海道に限った話ではないのでしょうが
漁港で出会う鴨たちに釣り針の刺さったものを良く見ます。
前回のホオジロガモの記事の子は嘴に釣り針が
今回も背中に釣り針の刺さったコオリガモを2羽見つけました。
釣り針が錆びて自然に外れてくれると良いですね。
by yamau-f | 2016-02-07 19:35 | ホオジロガモ | Comments(2)

柳の下にホオジロガモ

柳の下にドジョウはいないようですが
柳の下にホオジロガモはいるようですね。
昨年出かけて偶々立ち寄った小さな湖に
ホオジロガモ♂が一羽居たのを思い出しました。
昨年は撮影は叶いませんでしたが、
まさか今年は来ていないだろうな、と思いながら訪れると
なななんと!今年もやってきていました!!!
こう言う出会いは喜びも一入です。
お陰さまで、今年は何とかホオジロガモらしく撮ることが出来ました。
a0143780_22423718.jpg

実は山鵜、ホオジロガモが大好きです。
海まで行けば何とか会えるのでしょうが距離がありすぎて
難しすぎます。
一昨年の今頃、道東に行った時には出会いが沢山あり
時間を忘れて撮影に没頭した苦い思い出があります。
他の鳥を撮影する時間がなくなってしまった・・・
光の当たり具合で出現する鮮やかな緑の頭
少しとんがった愛くるしい頭の形
一際目立つ純白の羽色
かすかに浮かぶ網模様、鮮やかなオレンジ色の脚
この子に会いに再び北海道へ、と思っていた矢先だったので嬉しかった!
でももう少し近くで撮りたいなーー
a0143780_22501792.jpg

また会いに行くので滞在していてくださいね。
by yamau-f | 2014-02-03 22:37 | ホオジロガモ | Comments(2)

何処へ行っても好きな子に会うと・・・

道東一人旅 小出しシリーズの開幕です。
週末の出張を済ませ、空路道東を目指しました。
冬の北海道は三十数年ぶりでしたが、寒さは人生初体験かも・・・
新千歳空港を出るときはご覧の天候です!
飛行機は何故スリップしないのでしょうかね?
a0143780_21525039.jpg

今回の旅行では、雪 氷 の上を平気で走る車と、氷点下20℃の中で一生懸命働く
人達の姿に感動し、寒い!では無くしばれる!の意味を体感したことかな・・・
 で、翌朝から慣れない氷雪道の峠を越えて辿り着いた港は・・・
地元の人でも寒いというだけのことはあって、凍っていました(涙汗)
a0143780_2158295.jpg

今回は理由あってデジスコはお留守番、1V1とD300の変則二刀流!ストレスを感じることもありましたが
マズマズでした。
氷の張っていない港の片隅にホオジロガモがあちこちにいました。
a0143780_2214834.jpg

こちらでも会うことのできるカモですが、山鵜は好きな子に会うと後先かまわず
撮影開始です。限られた角度からの撮影なので光加減が・・・ 
a0143780_224950.jpg

特徴のある緑色が出ませんでしたが、早速の出会いに感激しました。
最終的には最も沢山出会ったカモだったのですがね。
a0143780_2255411.jpg

今回の寒さ対策はアウター以外はユニクロ製品のオンパレードでしたが
充分防寒機能を発揮してくれました。ヒートテック恐るべし!
a0143780_2284725.jpg

今回はルートの選択もあったのですが、タンチョウには会えず、オオハクチョウは
遥か彼方で見ただけ・・・ とにかく何処も結氷していて閉口しました。
a0143780_22113194.jpg

何回の小出しになるか分かりませんが、ボチボチ他の子にも登場してもらいますね。
でも、ホオジロガモでも嬉しく、幸先の良い鳥見旅行にはなりました!
a0143780_22141431.jpg

by yamau-f | 2012-02-24 22:19 | ホオジロガモ | Comments(6)

一目惚れ

今日は天気も良く、気温も高めなので、先日初めて会ったホオジロガモが、まだ居るかな?との期待を込めて海に行ってきました。一目会ったその日から・・・チョットお気に入りになってしまった、この子の魅力的な色を求めて再挑戦です。結構近くで遊んでくれて、まずまずの色が出たかなーと、満足度70%
a0143780_2259198.jpg
それほど沢山の団体さんではありませんが、水鳥ペアシリーズを思い出し、番で揃うシャッターチャンスを待ちました。
a0143780_231045.jpg
二羽揃って写すのは至難の業です!先ず、そばで揃わない、揃っても同時に水面上に居ない、居てもこちらを向いていない・・・やっと写せましたがピントが・・・
a0143780_2331277.jpg
ホオジロガモの♀は今回初めて会うことが出来ました!中々こちらも魅力的です。そういえば、今日は天気がとても良く、遥か遠くの対岸も鳥のように飛んでいました。
a0143780_2316451.jpg

by yamau-f | 2010-01-09 23:16 | ホオジロガモ | Comments(7)