山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ヤマセミ( 37 )

謹賀新年

a0143780_19105331.jpg

by yamau-f | 2019-01-01 01:11 | ヤマセミ | Trackback | Comments(4)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

平成30年 2018年の幕開けです。
幼いころのようなお正月の風情が無くなってしまった
今日この頃ですが皆さんはどのようなお正月を迎えら
れていらっしゃるのでしょうか。
 山鵜一家は、山鵜+山鵜女+山鵜娘1号+山鵜義理息子1号
更に、山鵜娘2号+山鵜義理息子2号の計6名でのお正月です。
 平穏な我が家が突然大変なことに・・・
a0143780_09442281.jpg
何だかタオルが新しくなったような気がします・・・
暖房の温度が普段より2℃ほど高くなったような気がします・・・
トイレの便座が暖かくなったような気がします・・・
すき焼きのお肉に霜降りが入ったような気がします・・・
山鵜女の声のトーンが普段より少し高くなったような気がします・・・
山鵜の居場所が狭くなったような気がします・・・
 
どうにもこうにもお正月です。
今年が皆様にとって素晴らしい出会いが有ることをお祈りします。

                            山鵜

by yamau-f | 2018-01-01 07:00 | ヤマセミ | Trackback | Comments(4)

良いお年を

2017年の締めくくりの記事は定番のヤマセミにしました。
この時期は毎年ヤマセミ通いをするのですが、今年は例年に無く
数が少ない気がします。お蔭で、数少ないヤマセミとは顔見知り
になりそうです。
a0143780_15480116.jpg
山鵜のあまり好きではない針葉樹絡みの写真ですが仕方ないですね。
2時間ばかしここから動かないもんで・・・
警戒しているのではなく、満腹でマッタリしているところです。
さて、少し2017年を鳥に絞って回顧してみましょう。
先ず、初見初撮りの鳥さんはゼロかな。ヤイロチョウ祭りには最終日
前日にちょこっと行きましたが、お初ではなかったし、それ以外は
いわゆる珍と名の付く鳥さんとの出会いは有りませんでしたね。
 例年根性を入れるアカショウビンにも振られました。コマドリが
遊んでくれたのが救いでした。鳥見の回数も今年は少し減ってしまい
ました。来年はペースはアップする事でしょう。
a0143780_15483412.jpg
今年も平凡に無事に一年を終えることが出来そうです。
有り難い事です。
今年一年、我が駄ブログ”山鵜の野鳥草子”に訪問くださった皆様、
コメントいただきました皆様、本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
 来年は早々から恒例の鳥撮り占いを兼ねて出かける予定です。
占い結果の報告は少し遅くなりそうです。
では皆様今年も各所でお世話になりました。
来年も皆様にとって良い出会いが有りますように!

                             山鵜

by yamau-f | 2017-12-30 19:45 | ヤマセミ | Trackback | Comments(2)

さてさて

鳥撮りを止めたわけでも、体調が悪いわけでも無いのですが
少しブログの更新が疎かになってしまいました。おまけに
遊び相手も端境期と言うことも有りそれに拍車をかけてしま
ったようです。言い訳になりますが、昨年も11月の記事は
2件だったのでこの時期はこんなもんかもしれません。
ブログの為に撮っている訳でも無いのですが、やはり記事ネタ
が少ないと精神衛生上良くないようです。
 そうこうしている内に何と”山鵜の野鳥草子”創刊からまる
8年が経過しました。この記事から9年目突入です。
我ながら良く続いているもんですね(笑)
 こんな記念すべき記事なのに写真は一枚、在庫のヤマセミ
です。水浴びする時の水面すれすれ飛行です。当然ピントは
甘々です。ハリオアマツバメもこんな感じなのかなー
a0143780_13345760.jpg
本格的な冬鳥シーズンを目前に控え今季の山鵜の抱負は
1.コミミズクとの再会
2.ヤマセミのもう少しましな写真の撮影
3.ミヤマホオジロをばっちり
4.トラツグミをばっちり
5.ミコアイサをばっちり
何と控えめな抱負なんでしょうか(笑)
密かに、エゾフクロウやユキホオジロ、ベニヒワも考えて
いますが、こちらは裏抱負かなー
引き続き野鳥草子、よろしくお願いいたします。

by yamau-f | 2017-11-23 19:32 | ヤマセミ | Trackback | Comments(6)

探すのが大変でした

山鵜のヤマセミシーズンは10月後半から3月を目安としていたのですが
昨季(今春)は少し延長して5月前半まで通っていました。
留鳥なので一年中いるのでしょうが、山鵜の探鳥眼では木々の葉が茂る
4月以降は見付けるのが難しいうえに、止まり物が主流のデジスコには
向かないシーズンでもあるからです。でも、紅葉や冬枯れのシーンばか
りで無く、やはり新緑のヤマセミは憧れでした。シーズンを少し延長す
ることでようやく今までと違う画が撮れました。
a0143780_14333132.jpg
ただ、こんなところに隠れているので探すのが大変でした(微笑)
本人は隠れているつもりなのか、偶然なのか知りませんが、さすがの
山鵜でもこんな隠れ方なら見付けることができます(微笑)
 頭隠して尻隠さず、どころか頭も尻も隠れてませんよ!ヤマセミ君。
ヤマセミ追いかけて十数年になります。いったい寿命はいくつなんで
しょうね。その時の子なのか、代替わりしているのか分かりません。
過去の写真と現在の写真を見比べると・・・・・
出た答えは、ヤマセミはヤマセミと言う事でした(笑)
これからのシーズンは冬場と違い餌となる魚は捕り易いでしょうが、
川遊びの人たちや釣り人の増加で住みにくくなるかもしれませんね。
それでは、紅葉が始まる10月後半まで See you!


by yamau-f | 2017-06-05 20:22 | ヤマセミ | Trackback | Comments(0)

人工物ですけどなにか?

開き直ってみました。
野鳥の人工物に止まっている写真は、なーんや
人工物か・・・と揶揄されることが多いですけど
なんでダメなんですか?別にいいじゃないですか!
人工物ですけどなにか?
ヤマセミが電線に止まった写真、何が悪いんですか。
狭い日本、電線や電柱、空き缶にコンビニの袋
自然な姿じゃないですか!
ありのままを撮る!山鵜のモットーです。

えっ?

普段とっても人工物を気にする山鵜ですが、この日は
このヤマセミ嬢、電線から動いてくれませんでした。
誰も好き好んで電線どまりなんか撮りたくありません。
データを見ると1時間45分、動かないヤマセミと
それを写す不審者山鵜の一騎打ち。距離にして15mチョット
で、確実に彼女の視界に入っている筈ですが何故か危険対象から
除外してくれたようです。言い方を変えると、無視されていた
と言うだけの事ですが。
a0143780_14261978.jpg
当日唯一の人工物でない止まりものです。
実はここにペアで仲良く止まっていたのですが
撮影準備をして再度見るとお嬢だけになっていました。
久しぶりに地団太を踏む山鵜でした。
いつかは撮りたいなー ヤマセミの求愛給餌。
a0143780_14263616.jpg
人工物… 拘り過ぎかもしれませんが、バックの杉の木も
本当なら避けたい木なんです。
杉林って基本的には人工林ですからね。
山鵜女が、修正できるなら電線消せばーと言います。
この写真から電線消したら・・・ 人工物以上に
不自然なんですよ!山鵜女さん!
ヤマセミの空中浮揚・・・ 違う趣旨の写真になってしまいます。
それにしても今年も杉の花がドッサリと咲いていますね。
山鵜のスギ花粉症、今年は当たり年かなー
a0143780_14265570.jpg
二時間近く観察していると、いろいろな表情が観察できます。
やはり、天敵?が近づくと面白いですね。
たとえトンビであっても、見付けてから見送るまで
一時も目を離しません。しかも有事に備えてスクランブル準備
でスマートに。
 ただ、これが本当の天敵の鷹やハヤブサになるともう少し
大きな反応をするのですが、ヤマセミもトンビは舐めてます。
a0143780_14291578.jpg
約二時間の間で上空をトビが二度、下をキセキレイが一度
通過しました。その都度こういう動きをしてくれました。
これ以外は、ウンチが二度。それ以外は偶にブツブツ言うくらいで
それ以外は変化なし。1時間45分の内、変化のない時間が1時間41分
くらいかなー
この場所、ヤマセミたちにとって重要な意味を持つ場所ではない
ポイントなのでご心配なく。
a0143780_14295301.jpg
トンビは時々ヤマセミが咥えた餌の魚を横取りしようと
追いかけることがあります。トンビにはプライドは
無いようです。だからトビなのにトンビって呼ばれるんですよ(意味不明)
a0143780_14293341.jpg
今年はコミミが不調なので3年ぶりにヤマセミ遊びを沢山しています。
それこそ、この遊びは飽きることがありません。
ヤマセミシーズンもあと一か月と少し。
ところが今月は全ての週末に用事が・・・
少しでも時間とすき(笑)があれば突撃予定です。

by yamau-f | 2017-03-01 20:25 | ヤマセミ | Trackback | Comments(2)

2017年の鳥運占い

2017年、酉年にあやかって今年の鳥運上昇を期待して恒例の鳥運占いの鳥見に
行ってきました。昨年は、ヨシガモ・・・良しかも 一昨年はエナガ・・・ええがな
と、まずまずだったのですが今年はいかに。
 希望としては、マヒワ・・・まーいいわ とか、シメ・・・しめしめ イカル・・・いかすー とか
考えたのですが思うようにはいきません。
a0143780_08250101.jpg
で、結果は平凡にヤマセミとなりました。
ただ、日の出前から3時間、極寒の河原で粘って見事に振られ、周辺を走り回って
唯一シャッターを押せたのがこの子でした。
 距離はまずまず近かったのですが、手前の小枝が・・・
枝にはフンがついており、定位置のようですね。
今年の鳥運は、出会いは有るが写真内容はイマイチ、の吉といったところでしょうか。
簡単に言うと例年通りといったところでしょう。ボチボチやります。
a0143780_08264497.jpg
とにかく風が強く、風で枝が動いてくれないと撮影できない状況で、二枚目の左半分は
竹の葉がかぶっていますねー。
春まではこの子の登場が多くなると思います。

by yamau-f | 2017-01-15 20:31 | ヤマセミ | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶

皆様あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 旧年中は弊ブログにご訪問いただき本当にありがとうございました。
昨年も相変わらず目新しい鳥さんとの出会いは少なかったのですが、
それなりに鳥見を楽しむことが出来ました。
後半はブログ記事が若干減少気味となりましたが、今年は頑張って
更新したいと思います。
恒例の鳥運占いも実施予定です。
今年はどんな結果が出るか、今からドキドキ、ワクワクです(汗)
a0143780_18591167.jpg

by yamau-f | 2017-01-01 07:07 | ヤマセミ | Trackback | Comments(2)

例年に戻るのでしょうか

昨年、一昨年と、この時期はコミミズクの登場で山鵜の年末鳥見スタイルが
崩れていました。今年は、コミミズクフィールドの状態も芳しくなく
残念ではありますが、この時期の例年の鳥見スタイルに戻るのかもしれません。
例年のスタイルとは・・・
基本的にはヤマセミ籠りですね。既に数度撮影には行っていますが
数はまずまず居てくれそうなので、後は行動パターンの把握です。
a0143780_09382408.jpg
未だ紅葉した葉が残っているので、ヤマセミを発見するには少し
時間がかかります。もう少し冬枯れの景色になってくれると
際立つ白さで山鵜にも発見できるのですが。
 この時もようやく発見したのは良いのですが、お食事後は
見事にまったりとしてくれました。
ヤマセミも、アカショウビンも、カワセミも、食事後まったり
が始まると恐ろしく動きませんからねー。
スマートな体がだんだん丸くなり、この写真のように鏡餅状態
になるとお手上げです。
a0143780_09464985.jpg
まったりが突然スマートになることがあります。
この時は、相棒がこの子の下を通過していきました。
 通過した子は少し下流で、ホバリング&お魚ゲット、山鵜
はそちらの方が撮りたかったのに、残念でした。
ヤマセミの面白い習性ですが、まったりしている時に猛禽類
が登場すると、確認しやすい岩や枝に敢えて出てくるようです。
 確かに、相手が見えている方が逃げやすいかもしれません。
賢いですね。
 
a0143780_09550369.jpg
同じ場所での写真三枚、手抜き写真に見えますが、2時間以上の力作なんです・・・
写真から、相棒が右から左に飛んで行ったことが分かってもらえますか?
この後、またまったりしていました。
 少し変化のあるヤマセミ撮影が今冬のテーマかな。

by yamau-f | 2016-12-08 20:19 | ヤマセミ | Trackback | Comments(2)

新年のご挨拶

皆様明けましておめでとうございます。
旧年中は様々なフィールドでお世話になり
有難うございました。また、「野鳥草子」に訪問
頂き有難うございました。
 昨年もライファーには恵まれませんでしたが
素敵なバーダーさん、鳥さんに会うことが出来ました。
今年も皆様と素敵な出会いを求めて鳥撮りを続けたい
と思います。
 今年の初撮り、今年の鳥占いは何時行けるか未だ未定ですが
頑張りたいと思います。
今年が皆様にとって良き年となる事を祈念して
ヤマセミペアからの賀状をお届けします。
a0143780_1881880.jpg

by yamau-f | 2016-01-01 00:00 | ヤマセミ | Trackback | Comments(4)