山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:キクイタダキ( 3 )

無謀な行為

北の大地シリーズは一先ず休憩し地元シリーズです。
今季はキクイタダキの当たり年?各地で登場してくれて、カメラマンの
眩暈を誘ってくれているようですね。興味の無い人には、一生出会う
事がないかもしれない野鳥です。頭の上に居ても気が付かないでしょう。
 数年前の当たり年、山鵜はこの子をデジスコで撮ろうと必死になって
いました。今から思うと何と無謀なことをしていたのでしょうかね。
a0143780_15182608.jpg
 諸先輩方が一生懸命撮影しても中々写せない満開のキクイタダキ,山鵜に
写せる筈が有りません。おまけに、満開の中には黄色では無く赤に近い
オレンジが有るとか・・・ へーって言う感じです。
a0143780_15201479.jpg
無謀と言うと、最近高齢者の運転する車での痛ましい事故を良く耳に
します。高齢者運転=事故と簡単には結び付けられず、若者の無謀運転の
事故も後を絶たないので一概には言えません。ただ、この一年に山鵜の
周辺で起こった出来事を二つばかし恥を忍んでお伝えしましょう。
 先ず、昨年夏に実は事故を起こしました、と言うか蒙りました。怪我
等は双方に無く良かったのですが、状況はすれ違いざまに相手の車が急に
ハンドルを切ってバックしてきたのでした。おいおい、と思いながら一通り
の手続きを済ませた後は保険屋さんにお任せ、ここでトラブル発生です。
 相手のおじいさん、ワシが下がって居るのに突っ込んできた!ワシは
100%悪くない、と言って何も聞き入れ様とはしないのです。・・・・
すみませんの一言もなく、相手保険屋さんも困ってしまい、結局弁護士さん
の登場となった次第です。責任割合とか云々は契約者が納得しない限り、
保険会社では勝手に決められ無いそうです。本当に面倒くさいお話です。
結論は、当然のことですが相手方の一方的な過失となったわけで、こちら
としては要らん時間のロスとなったわけです。とにかくちゃっちゃと終わ
らせたかった、と言うのが本音でした。目撃者も居る中で、こんな頑固と
言うか、大丈夫?と思ってしまう人達も居るという事です。皆さん気を付け
ましょうね&弁護士特約はmustと思います。
 もう一つは、先日免許更新センターに行った時の光景です。
高齢者の講習も有ったのか、はたまた一般の更新だったのか分かりませんが
全く耳の聞こえないお年寄り、杖に70%程依存されたお年寄り、沢山来場
されていました。もっと衝撃な話をすると、会場でお漏らしをしてしまう
お年寄りも・・・この皆さんが全て公道を運転される・・・免許証がある以上
運転するなとは言えないし、そんな事言える立場でもありません。
 世の中が高齢化になっている以上、世の中が車依存の社会を推進してきた
以上、何らかの対策が必要です。車無しでは生活が著しく困る人も居る
でしょう。先ずは、何が起こるか分からないという危機感を持って今以上に
自分達は慎重に運転する事、家族にそうした人が居ればやはり自分で運転し
なくてもよい環境を作ってあげる・・・色々と考えるところが有り長々と書い
てしまいました。新たなカテゴリーの乗り物が有っても良いかもしれませんね。
山鵜が思うに、免許とは本来禁止されている物に許可をする事ですから、本来
の意味からいうと一定の条件を満たさない限り禁止でよいかも。
 山鵜も困る話では有りますが、軽微な違反でも警察はもっと厳しく取り締ま
っても良いかもしれませんね。最近、ウインカーを出さずに曲がる車の多い事。
大きな事故が更に起こる前に、身近なところから気を付けましょう。
大きな事故、起きてからでは取り返しがつきません。
a0143780_15205228.jpg
無謀なキクイタダキのデジスコ撮影から見事に脱線してしまいました。これだけの
脱線は道路の逆走に近いレベルですね。山鵜も気を付けなければ・・・
 キクイタダキには誠に持って申し訳ない気持ちでいっぱいです。
a0143780_15211901.jpg
節分も過ぎいよいよ春を感じられる季節が近づいてきました。ウキウキするのは山鵜だけ?
by yamau-f | 2018-02-08 20:17 | キクイタダキ | Trackback | Comments(0)

撮影後の疲労感は

巷を賑わしているキクイタダキですが、ようやく二年振りの再会を果たす事ができました。
過去の出会いとは違い、数も多く低いところを飛び回ってくれたので
山鵜としては満足度の高い写真がいくつかありました。
a0143780_20404464.jpg

何分機材がNikon1V1+300mmと言う事もあり、フレームに入れるのすら
難しかったのですが、良く良く観察するとある程度パターンが見えてきました。
写った写真も沢山ありますが、1枚目から4枚目は写した写真です。
a0143780_2045568.jpg

a0143780_20453556.jpg

それにしてもジッとしてない鳥ですねー
a0143780_20472024.jpg

欲を言うと、オレンジの(赤に近い)菊の花がパッと咲く瞬間があるようですが、
過去の写真から比較すると充分満足レベルです。
以下は写っていたキクイタダキです。
後数回は行ってみたいのですが来週からレンジャク祭りが2週間ほど続く予定なので
それ以降滞在してくれているでしょうかね?
a0143780_20525193.jpg
a0143780_2053916.jpg
a0143780_20532193.jpg

次回何時登場するか分からないので多めに登場してもらいました。
by yamau-f | 2013-01-08 20:57 | キクイタダキ | Trackback | Comments(6)

とりあえず撮れた

今週は日曜日から北京・上海を回ってきました。
山鵜はこの年になっても飛行機は窓際(脂汗)違った、窓側派です。
皆さんトイレのことなどを考えて通路側に座る方が多いのですが、
兎に角外を見るのが好きなのと、富士山や雲の写真、翼の写真を撮って遊んでいます。
今回は昼間の飛行だったので地図を見ながら位置確認、渤海辺りからは雪の白さとは違う
寒さの白さが一面に広がり、北京はー10℃でした。寒ーい・・・ 
当然着陸すると滑走路周辺の鳥さんチェック 移動中もチェックするのですがカササギと
スズメしか確認できませんでしたー。
閑話休題
先日出会ったキクイタダキです。以前天才デジスコマジシャン&豪腕ギャルのご夫婦が
地面物の鮮明なキクイタダキを撮っておられたのと比較すると雲泥の差の写真ですが・・・
a0143780_22494347.jpg

初夏に少し高いお山では体に似合わない声で囀るこの子ですが、この時期は
体に見合った控えめな声で鳴きながら団体さんで移動していました。
a0143780_22515235.jpg

以前デジスコで撮影をトライして本当に目が回り転んだことがあります(汗)
今回は何とかピストル砲(300F4X1.7)で取りあえず撮ることができました。
a0143780_22541594.jpg

この鳥さんは頭のテッペンの黄色が入らないと全く意味がありません。
実際は目及び目の周辺も魅力的なのですがー
 ところが相手も知ってか知らずか分かりませんが中々見せてくれないんですよね。
a0143780_22574468.jpg

辛うじて黄色のある写真をピックアップして見ました。
a0143780_22583780.jpg

野鳥の和名はあまり気の利いた物が少ないのですが、この子に限っては洒落が効いていて
好きな名前です。
そういえば最近山鵜もサライタダキの気配が・・・・・・・・・・・・
by yamau-f | 2011-01-28 23:04 | キクイタダキ | Trackback | Comments(4)