山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハヤブサ( 3 )

一転して

前月のほのぼのとした鳥たちの画像から一転して
野鳥たちの現実のお話です。
 今季も恒例のアオバト遊びに行って来ました。
運よく朝は晴れたので今年も楽しめました。
 当地には毎日通う常連から、山鵜のような遠征
組まで様々。コンデジ、携帯撮影から大砲まで、
近くから、少し離れたところから撮影する人など
色々です。波に被る瞬間を狙う人、飛翔姿を狙う
人、バックの海や船とのコラボを狙う人、ハヤブサ
の襲撃を狙う人などなど。
a0143780_11185135.jpg
山鵜は年に一度か二度のチャンスなので綺麗に撮れれば
それでいい、スタイルです。この日は、3時間ほど粘った
のですが、ハヤブサが二度登場、あまりの速さに気が付い
た人も少なかったようです。1回目の襲撃は空振りに終わ
ったのですが、2回目は・・・
 偶然目の前での出来事、こういう時でも新兵器は捕捉
してくれていました。
2羽いたアオバトの内、♂成鳥は難を逃れましたが、若は
残念ながら犠牲に。上の写真は襲われる直前の画像です。
a0143780_11190921.jpg
襲撃された瞬間の写真です。証拠写真ですがこのシーンに
気が付いたカメラマンは数名の一瞬の出来事でした。
 この後ハヤブサは獲物をぶら下げて沖に向かって飛んで
行きました。
a0143780_11192405.jpg
a0143780_11193740.jpg
a0143780_11195046.jpg
アオバトには可哀そうなシーンですが、これが自然界なの
でしょう。襲ったハヤブサもまだまだ成鳥ではなく若い
個体でした。
 
a0143780_11200615.jpg
その後、獲物をぶら下げたハヤブサは森に向かって引き返し
て行きました。今回も出張ついでの鳥見だったので新兵器
での撮影。上を見ればきりがないですが、十分楽しめました。
 特に、飛びもの捕捉能力は素晴らしく、昨年までと飛翔姿
の成功率は数段、いや数十段上がりました。削除に迷うほど。
コミミズクの時にこのカメラが有ったらなー・・・と思った
次第です。
 次回はアオバトに登場してもらおうと思います。

by yamau-f | 2019-09-05 19:18 | ハヤブサ | Trackback | Comments(2)

センスがありません

物事には順序というものがありますよね。
人と話をするにしても、何かを書くにしても
起承転結で構成されていないとよろしくありません。
推理小説で最初に犯人が分かってしまって、
後の小説を読む人はあまりいません。
偶に、犯人探しのプロセスを楽しむ小説もありますがね。
ブログの記事の掲載順にもやはり一貫性は必要だと思います。
コマドリcoming soon・・・ と言いながら、肉を食いちぎる
ハヤブサの記事・・・ 本当にセンスが有りませんね。
a0143780_21482429.jpg

ハヤブサ、一度ビシッ!と撮ってみたいのですが未だに叶いません。
この日も高い鉄塔の上でお食事中。
遠い、空抜け、証拠写真ですね。
以前、山鵜姉が散歩中に落鳥したハヤブサに出会ったようですが
あまりの美しさに感激していました。
獲物を追いかけてガラスに激突したようでしたが。
a0143780_21513465.jpg

この日は1kmほど離れたところで2羽のハヤブサと遭遇
何れも鉄塔どまりでした。
飛翔写真は無理なのですが、せめて自然な背景で撮りたいですね。
a0143780_21543916.jpg

この記事の後にコマドリと言うのも何か違うような気がします。
少し考えて見ますね。
by yamau-f | 2015-06-20 21:36 | ハヤブサ | Trackback | Comments(2)

いい雰囲気で

ぶらっと立寄った海岸でカモメでは無く
黒っぽい鳥が風に乗って飛んでいました。
a0143780_8473862.jpg

手持ちのVI+1.7+300で飛び物!
無謀な挑戦でしたが、ハヤブサの若だったので何とか撮る事ができました。
若とは言え、やはり猛禽のハヤブサ、カッコいいですね!!!
a0143780_8513581.jpg

V1は距離があれば飛翔写真も練習次第で撮れそうです。
a0143780_8533884.jpg

これから冬にかけての、ねずみ色や金太郎の出会いに期待して
練習を積まなければ・・・
a0143780_8555813.jpg

by yamau-f | 2012-09-20 21:43 | ハヤブサ | Trackback | Comments(6)