山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:クロガモ( 2 )

海のクロツグミ

山鵜、黒と黄色の組み合わせが好きです。野球はタイガースでは無く、
今でも南海ホークスですが(笑)
この組み合わせの鳥さん、実は中々遊んでくれません。
クロツグミも黒と黄色、この子の場合は胸元の白がポイントになって
居ますが好きですね。今年こそ、と言って何年撮れて無い事やら・・。
北の大地で出会ったクロガモ、この子は嘴が黄色いわけでは有りませんが
黄色が良く目立ち、似合っていますね。ただ、きれいに目が写りません。
a0143780_15340502.jpg
北の大地の港には良く居るのですが、コオリガモに比べると憶病で中々
そばで遊んでくれません。憶病度ではコオリガモ<シノリガモ<クロガモ<ホオジロガモ
ですかね。こちらが近づくと、その分だけ遠ざかるような気がします。
 漁港では、漁師の皆さんが出入りするので、ある程度は人間に対する慣れは有るようで
すが、我々よそ者を判別する能力があるようです。
a0143780_15343510.jpg
極寒の荒波から聞こえる口笛のような物悲しい鳴き声は、本当に旅情を誘うBGMには
最高です。あーーーーーー また行きたくなってきました!
 そう言えば、今夏から関西空港から釧路行の直行便がピーチ航空から登場するよう
ですね。ちょっとうれしいニュースです。出来れば、遅くとも朝の10時には到着してくれる
と有り難いのですが、そうは行きませんわな。商売だし、山鵜のような稀有な希望を持って
るお客さんはそうはいませんからね。でも、この時期の当地の日の出は7時、日の入りは
16時、実際に撮影可能な時間となると非常に少なく兎に角早く現地入りしたいのです。
おまけに今回もそうですが、北の大地で車を運転する時には余裕を持ったスケジュール
が必要であり時間的なストレスは結構大きいです。
移動距離が30kmとすると、普通であれば1時間あれば十分ですが、道路状況次第で
大幅に変わってきます。今回はそれほどハードな運転は有りませんでしたが、昨年は
約30km連続でブラックアイスバーンの道を運転。2時間以上かかったかも。
心身ともにヘロヘロになりました。事故でも起こしたら楽しみも何もかもぶっ飛びま
すからね。
a0143780_15350684.jpg
ここ数年、北の大地に同じ時期に通っています。本当は初夏に行きたいのですが
現役には厳しい日程です。未だに小鳥類との出会いは少なく、きっと年末にはまた
行っているのでしょうね。

by yamau-f | 2018-01-29 19:19 | クロガモ | Comments(0)

初めてお目にかかりました

今回の旅行で会いたかった鳥のひとつ、クロガモの登場です。
結構簡単に会えてしまったので少し拍子抜け・・・
でもアチコチで出会うことができ、嬉しかったです。
鳴き声は悲しげで、北国の冬にはピッタリの感じでした。
石川さゆりのような・・・ 八代亜紀のような・・・北島三郎のような・・・
全くイメージの湧かない比喩ですみません!(汗)
a0143780_5344984.jpg

クロガモは足も真っ黒でしたー!
今回の鳥撮りで最も悩まされたのは、撮影方向と露出の補正かなー
あまりプラス補正はしたことが無かったのですが、今回は駆使しました。
水鳥だけに撮影は陸からで、鳥さんは海の上、午前に行くべきか午後に行くべきか?
やはり来年も行かないといけませんねー
a0143780_54113100.jpg

写真を整理して思ったのですが、山鵜は♀の写真が極端に少ない!のです。
これは後悔大です!これも次回の課題!(汗)
a0143780_5434235.jpg

a0143780_5484598.jpg

しばらく外で撮影していると、寒さで指が動かなくなってきます。
血液が凍ったのかと・・・ 少なくともシャーベットまでは行ったかも(冷汗)
a0143780_5462928.jpg

a0143780_5512447.jpg

ロケハンとは言いませんが、最初から満足いく撮影なんて
できるわけ無いですよね!
今回はマイレージの恩恵も有りましたが、何よりも天気に恵まれました!
この時期にピンポイントで出かけるのは賭けみたいな気もします。
お天気なんか一日で変わりますからね。
       
                                                つづく
by yamau-f | 2012-02-26 21:26 | クロガモ | Comments(0)