山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:コアオアシシギ( 4 )

よほど

ネタが無いのでしょう。シギチドリで連続して登場するのは
今回が初めてかもしれません。まあ、山鵜の好きなコアオアシシギ
なので許しますが・・・
 今回登場のこの子達、99%以上の確率で前記事と同じ団体です。
前回撮影ポイントから1kmくらいしか離れておらず、しかも同じ
9羽の団体です。さすがに1羽1羽の特徴や顔を覚えているわけでは
有りませんが、過去実績から見てもそんなに度々やって来る鳥では
有りませんからね。
a0143780_14393592.jpg
この子は山鵜好みの白さの際立った個体でした。今年は未だ
セイタカシギには出会っていませんが、足の長さと言うかスタイル
はこの子もスマートです。
 前記事の撮影と、今回の撮影には約1ヶ月ほど期間が開いています
が、居心地が良いのでしょうかね。前回はあまりの暑さで、全て
口を開けてハーハー言っていたのに。
a0143780_14394602.jpg
因みに、アオアシシギは英名がgreenshankつまり緑色の脛の鳥と
言う意味ですが、コアオアシシギはMarshSandpiperつまり沼地の
シギと言う英名で全くアオアシシギとは関係ありません。Small
Greenshankとはならないのですね。参考までに、オバシギはGreat
Knotつまり大きなオバシギ。コオバシギはRedKnot、つまり赤い
オバシギ一応関連した名前になっています。
山鵜はコアオアシシギを見つけると、うーーん、これはアオアシシギ?
と思ってしまうのですが鳥見人としては初心者以下ですね。英名では
全く違う鳥なのですから・・・
a0143780_14401714.jpg
沼地や干潟とは違い、澄んだ流れの有る川に佇むコアオアシシギ、
少し雰囲気が違います。この子は未だ幼さの残る幼鳥のように見え
ました。1ヶ月以上も滞在するのは、十分に成長してこれから直面
する太平洋?を渡りきる筋力を付けるためなのでしょうか。
いずれにしても旅立ちの時期はすぐそばに来ているのでしょう。


by yamau-f | 2019-09-19 19:36 | コアオアシシギ | Trackback | Comments(4)

これじゃないのに

少し前の画像です。
タマシギを求めて田んぼを徘徊、まだまだ灼熱の田んぼでした。
何もいないので諦めて帰ろうとしたその時・・・・
 休耕田に8羽のシギを見つけました。なーんだ、アオアシシギ
か、と思いながらもカメラを取り出してスタンバイ。
?????
これってコアオアシシギでは?未だ未熟な山鵜はすぐに判別でき
ませんでした。
a0143780_15522414.jpg
例年コアオアシシギには出会えていますが、山鵜の好きな
コアオアシシギはこんなんではないんです。もっと胸元が純白
で・・・・要するに幼鳥とか、冬羽に換羽中とか色々あるので
しょう。
 おまけに激暑で陽炎ゆらゆら、頭ふらふら、今回は残念な出
会いでした。
a0143780_15521024.jpg
シギの中でも山鵜のお気に入り度はかなりハイレベル、もう少し
じっくり撮りたかったのですが暫しの滞在で旅立ったようです。
 

by yamau-f | 2019-09-13 19:51 | コアオアシシギ | Trackback | Comments(2)

リベンジ成功!

約三年分のデータを失った中には、諦めきれない写真が沢山あります。
MFでのコアオアシシギもその一つ、ようやくそのリベンジを果たすことが
できました。場所はMFではありませんが、自力発見での6羽の出会い、
嬉しかったー。
以前の記事にも書いていますが、山鵜はこの子の胸の白さが好きなんです。
コルリと同じ白さです。
a0143780_20005036.jpg

これと言った特徴はないのですが、アオアシシギ+セイタカシギ÷2
と言った感じでしょうか。
田んぼで会えると喜びも一入です。
噂では結構長い間滞在していたようですね。
a0143780_20061159.jpg
夏羽成鳥に出会うことは先ずないでしょうが、
機会があればシギやチドリの最終目的地に
行ってみたいものですね。
この子たちの渡りには浪漫を感じます。
襟巻を巻いたエリマキシギなんかに出会おうものなら、
32Gもんですね(新しい興奮度を表す表現として
これから使うかも・・・笑)
この子たちは今どこで何をしているのかな・・・

a0143780_20123284.jpg

シギやチドリを複数で撮るのは難しいです。
山鵜の腕と機材では難しいので1本釣りでの撮影です。
1羽でも難しい!

a0143780_20150354.jpg
今年は思うようにシギチ達とは出会えません。
そうこうしている内に外からジョウビタキの鳴き声が
聞こえてくるのでしょう。

a0143780_20430587.jpg

by yamau-f | 2016-09-22 19:56 | コアオアシシギ | Trackback | Comments(0)

君の白さはまぶし過ぎる・・・

少し前の出会いです。
シギチシーズンに1度は出会いたい鳥さんですが
MFでは2年連続ですが2回/5年なので、頻繁には来てくれません。
セイタカシギの様なスマートさと、眩しい白さがお気に入りです。
山鵜は”白さ”では、コアオアシシギとコルリがお気に入りです。
ただ写真にするとこの子の白さはまぶし過ぎますねー
今回もお気に入りの写真は撮れませんでした・・・
a0143780_729118.jpg

a0143780_7303952.jpg
a0143780_7354384.jpg


a0143780_732380.jpg
a0143780_733367.jpg
a0143780_7332331.jpg

来年の楽しみが出来ました。
by yamau-f | 2011-09-30 21:15 | コアオアシシギ | Trackback | Comments(2)