山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 05月 12日 ( 1 )

令和と言う時代

令和時代に突入して2週間
あの大騒ぎも収まり、皆さんに馴染んだのかな。
この歳になると時代と言う大きな括りではなく、その年、
その月、その日、そして今と言うように視点がだんだん
目先になって来てしまいます。コミュニティーも、世界
地域、国、県、市、町、自宅・・・仕方ないことでしょうが
今回の時代の変遷を契機に、少し巻き戻そうと思った次第
です。無いと中々実行できない山鵜です。さて、令和時代
の最初の記事はメダイチドリにしました。新時代、何につ
けても目をそらすことなく、目を大にして見つめようと言
う、意気込みもあり・・・
a0143780_19155624.jpg
シーズンに海に行けばそれほど会うことが難しい鳥では
無いのですが、今回はあまりにも夏羽が美しく、オレンジ
が鮮やかだったので登場です。
 この出会い、山鵜にとっては満足度はかなり高いです。
もう少し低い視線で撮りたかったのですが次回のお楽し
みです。
a0143780_19162247.jpg
この時は、8羽ほどで行動していたようです。♂?
♀?幼鳥?冬羽→夏羽途中?よく分かりませんでした。
オオメダイチドリはいないかな、なんて贅沢は言いません。
a0143780_19152500.jpg
久しぶりに行った海辺でしたが天候の割には結構遊べ
ました。帰宅時にうな丼を食べ、山鵜も山鵜女も満足できた
一日でした。

by yamau-f | 2019-05-12 19:14 | メダイチドリ | Trackback | Comments(0)