山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2015年 06月 08日 ( 1 )

脛をかじる

親の脛をかじる、の脛とは足、つまり労動力を意味するそうです。
いつまでも親の労働力に頼る、あまり良い意味では使われませんね。
鳥達は巣立つ=独り立ちをする、と考えられていますが
巣立ってからもしっかり親の給餌を受けていました。
a0143780_2141058.jpg

この田圃では、他にムクドリとツバメが
同じように親鳥から餌をもらっていました。
a0143780_215548.jpg

以前見たカワガラスもそうでしたが、この時期になると
雛のほうが親より大きく見えますが、大きさは関係ないのでしょうね。
親が飲み込まれそうです。
a0143780_2184371.jpg

鳥達にとってこの時期はベビーラッシュです。
あちらこちらでこういう光景を見ることが出来ます。
一生懸命、ほのぼの、癒されます。
by yamau-f | 2015-06-08 20:54 | スズメ | Comments(0)