山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

鳥撮り5周年!

早いもので、山鵜の鳥撮り歴も明日から6年目に突入です。最初はネットや本で、色々と検索しながら機材を揃えましたが、三脚の重要性を認識しておらず失敗した事を思い出します。”山鵜”と言う名前は、ウミウやカワウに対抗して名付けましたが、”ヤマセミに会いたいが、どうしても会えない!”と言う意味合いでもありました。
 あれから5年、近い遠い、機嫌が良い悪い、アッチ向いてるコッチ向いてる・・・色々な場面は有りますが、ヤマセミに会える頻度は随分UPしました。
a0143780_16443676.jpg

山鵜にとってこの子は、好感度がかなり高い、大好きな鳥のひとつです。色合い、もったいぶらせ度、仕草、習性、どれを撮っても毎回違った感動を与えてくれます。この時のこの子は、林の中の狭い隙間からの撮影で、すっきりとはしていないのですが、結構お気に入りのショットです。
a0143780_1648358.jpg

デジスコの時、デジ眼の時、それぞれの楽しみ方が出来るのも魅力のひとつです。
a0143780_16512316.jpg

理想的な構図はあるのですが、何時になったらそういう場面に出くわすのか?いつもワクワクしながら出かけますが、何時も振られます・・・。時々飛んで行って、帰ってくると♂♀が入れ替わっていることがあるので、理想のペア物の可能性はあるはずなんですがねー
a0143780_16555171.jpg

この子は冬鳥でも、渡り鳥でもないのですが、山鵜にとっては冬鳥のカテゴリーに入ってもらっています。
木々に葉が茂ると、とてもじゃないけど見つけることは出来ません。加えて臆病なので、川遊びの人達が出てくるシーズンは、どこかでひっそりしているようです。
a0143780_1712198.jpg

たった5年間でも、消えてしまったフィールドや、例年の再開が途切れてしまった渡り鳥、色々と変化がありますが、これからも遊んでもらいましょう!
by yamau-f | 2010-01-17 17:11 | ヤマセミ | Comments(10)
Commented by katsu at 2010-01-17 19:03 x
おぉ~!こりゃ凄い!
ヤマセミは私の憧れでもあります。
宇治に何度か見に行きましたが、遠くてとてもこんなには撮れませんでした。
意外に見れるみたいですね。今年は私もこんな写真を取れる様に
あちこち回ってこようと思っています。
Commented by mitsu at 2010-01-17 23:50 x
鳥撮り5年、おめでとうございます!
うちは何年か覚えてません^^;
ヤマちゃんって本当に魅力的な鳥さんですよね!
僕のヤマちゃんフィールド(多分山鵜さんもチェックされてる)も、しばらく見ないのでもういないのかも・・・。
ヤマちゃんの住める環境を残していってほしいですね!
最後から2番目の写真がヤマちゃんっぽくて好きです(^^)
Commented by 自然薯 at 2010-01-18 08:10 x
鳥撮り5執念。。。いや失礼しましたm(__)m
5周年おめでとうございます!
ボクも今のデジカメでの鳥撮りはそれくらいでしょうか?
ヤマさんドアップ良いですね。ボクにとってもヤマセミは思い出深い鳥で17~8年前に鳥見を始めて、買ったばかりのスコープで覗一番の思い出です。
あ!自然薯の名前は、何年か前に始めたメルマガ『自然観察日記』の自然に合わせて付けました。決して自然薯みたいな長い顔と言うのが理由ではありませんので(笑
Commented by fukino at 2010-01-18 17:55 x
5周年おめでとうございます(^^♪
7~8年前に近所のヤマセミポイントで撮影中車上荒らしにあってから
私にとってはそこは鬼門で足が遠のいています^^;
恐らくそれ以来ヤマセミの姿は見ていますが撮影は出来ていないような・・・
そろそろ私もヤマセミ解禁にしましょうかね♪

ちなみに私のハンドルネームの由来は・・・説明の必要なし?
Commented by 山鵜 at 2010-01-18 20:33 x
katsuさん、こんばんは。ヤマセミはある程度一日の行動が決まっていますが、毎日パターンが違うようです(矛盾してますなー)。暫く観察すると、出会える頻度はかなり高くなりますよ。katsuさんの行かれるフィールドでも、よーく観察すると間近で撮影OKです!
Commented by 山鵜 at 2010-01-18 20:41 x
mitsuさん、こんばんは。ヤマちゃんは、夏場と冬場で同じ河川でも場所を変えているような気がします。ただ、夏場は鮎やオイカワ中心の餌ですが、冬場は所謂底モノの、カマツカやドンコなどを食べていることが多いように思えます。従って、冬場は川の流れの淀んだ適度な深みのある場所が狙い目です。それから、冬場は食事の回数も少なく、一箇所でジーっとしていることが多いようです。いずれにしても、M&Mが本気で探せばムクドリ並みに見つかるのでは・・・(笑)
Commented by 山鵜 at 2010-01-18 20:46 x
自然薯さん、こんばんは。これはこれは、鳥見の大先輩!当時は大和川にも富雄川にもひょっとしてヤマセミはいたのかな?少なくとも当時は山鵜が捜し求めているコミミは沢山いたのでしょうね。確か当時は、ヤマセマミが”やわらか頭・・・”とか言うCMをやっていたような・・・
Commented by 山鵜 at 2010-01-18 20:54 x
fukinoさん、こんばんは。HMの由来はそうだったんですか!びっくりしました!(・・・)鳥撮り中に、物取りに会うとは洒落になりませんね。数年前、山鵜はカーコンポをやられたことがあります。ヤマセミが荒らした訳ではないので、トラウマを払拭して早くヤマセミ撮りを再開してください!楽しみにしています!フワフワも、ヒラヒラもいりません!(涙)
Commented by aosagi56 at 2010-01-18 22:37
山鵜さん,鳥撮り5周年おめでとう。(鳥あえず?)
どっぷりはまってしまったようで,ますます深みを探求(探鳥)し続けるしか進む道はなさそうですね。^^;
山蝉もなにか思い悩んでいる風ではありますが,5枚目は6枚目(6年目へ向かって),決意を新たにしているような顔をしていますね。(笑)
Commented by 山鵜 at 2010-01-19 21:13 x
aosagiさん、こんばんは。写真のポーズは確かに”これからに向かって!”を意識して選んでみました。このまま、青空に向かって羽ばたく・・・はずだったのですが、川に向かって飛び込み、しかも空振りだったのです(涙)これからの鳥運を象徴しているようでチョッとブルーです。