山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お目当ては違っても

昨日の続編です。お目当ては昼からでも良いのですが、やはり遠出するときは朝から出ないと、勿体無いような気がして、朝から出かけました。予報以上にお天気も良く、河口で暫く鳥見をして時間調整をするつもりでしたが、偶然出くわした団体さんのミヤコドリに暫し時間を忘れて撮影を開始しました。
a0143780_2221012.jpg

2~3羽が、パラパラとやってきたのですが、その後どっさりとやってきました。大きな鳥だけに、迫力があります。野山の鳥は、天気が良すぎると撮影が難しいのですが、海はお天気が腕の悪さをフォローしてくれます。
a0143780_22252875.jpg

ミヤコドリの難点は良く寝ることかな?やって来て、暫くは餌を啄ばむのですが、その後寝始めると本当に愛想が悪いと言うか、動きに変化がありません。
a0143780_22291584.jpg

たまに芸をやってくれるのですが、何時も不意打ちに会い、粘ってゲットした、典型的なミヤコドリポーズ(?)
、この後、お目当てには会えませんでしたが、満足度は高い鳥見が出来ました。
by yamau-f | 2010-01-10 22:33 | ミヤコドリ | Comments(10)
Commented by katsu at 2010-01-11 17:30 x
ミチャコドリの群れの飛翔は壮観ですね!
意外に大きそうなので迫力あるでしょう。
ニンジンぶら下げた鳥さんもなかなか珍しい(^^ゞ
三枚目の羽を高々と広げているところはかっこいいです。
お見事ですね~♪
Commented by 山鵜 at 2010-01-11 21:59 x
katsuさん、こんばんは。ミヤコドリはカラスより少し小さい程度ですので揃うと迫力がありますね。今回は60羽+αの団体さんだったので尚更です。ただ、大きい 多い は、写しにくいですね。3枚目の写真は、もう一方がどのようになっているのか考えると夜も眠れません(笑)
Commented by fukino at 2010-01-12 12:28 x
ミヤコドリ 大きな群れですね!
こういうのも見ると私も行きたくなってきますわ
地元では撮れない鳥にはやはりそそられます(^^♪
Commented by 自然薯 at 2010-01-12 12:46 x
こんにちは!
ホオジロガモに次いでミヤコドリ。見事に絵になっていますよ。
ボクも年末に行きましたが、あまりに証拠写真の羅列で、ミヤコドリならぬ見たかこの鳥なりました(苦笑
Commented by mitsu at 2010-01-12 21:55 x
自然薯さんが山鵜さんにオヤジギャグ対決を申し込んでいますね!
ゴロが合ってないようで合ってるようななかなか素晴らしいオヤジギャグです(^^)
僕らの場合は遠出するときは朝からではなく深夜からです(笑)
シギチ他水鳥は不意に芸をするので手を焼きますね^^;
Commented by 山鵜 at 2010-01-13 21:17 x
fukinoさん、こんばんは。今年も沢山居てますよ!はよ行かはらへんと、来年居ると言う保証はあらしません。さーさー、フワフワとか、ヒラヒロとか、ビューン!とかと違うニンジンに会いに行きまひょ!
Commented by 山鵜 at 2010-01-13 21:23 x
自然薯さん、こんばんは。随分ハイレベルなダジャレコメントありがとうございます。気の利いた返事をコメントしようと思いましたが出てきません(涙)ところで、自然薯のネーミングの由来が以前から気になっているのですが・・・。
Commented by 山鵜 at 2010-01-13 21:32 x
mitsuさん、こんばんは。確かにM&Mの、HPを拝見させてもらうと、朝焼けが・・・とか、日が落ちて・・・とか、凄まじい行動力ですね。山鵜もたまに車中泊を試みますが、回復に時間がかかるようになってきました。いいなー!若いって!
Commented by ヤス at 2010-01-13 23:54 x
こんばんは、今日も、海を眺めながら弁当を食べて、写真撮ってました。(地元の特権ですね!)ミヤコドリ、良いですね。今日は寒くって早々に引き上げましたが、ミヤコドリもたくさんいましたよ。そうなんです。ジッとしてしまうと全然動かないんです、この子たち。 でも今日は潮干狩りに励んでいました。でもせっかくこじ開けた貝をカモメに横取りされる子がたくさんいました。ちょっと可哀想ですがカメラを向けているとカモメにちょっかいを出されての小競り合いを期待してしまいます。
Commented by 山鵜 at 2010-01-14 22:12 x
ヤスさん、こんばんは。海を眺めてお弁当とは至福のひと時ですね。羨ましいです。海での野鳥の観察は、初夏の縄張り争いや、彼女の取り合い、と言った激しいものではないので、小競り合いでも微笑ましい情景ですよね。癒し、寛ぎ、を感じられるのでこちらものんびりとできます。ホオジロガモの正面顔は、顔の下半分が髭のように広がっているときがあり、面白い顔をしていました。次回は写真を!と思っています。