山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

そろそろ海へ

遠征シリーズもあと数件の記事で終了します。引っ張りすぎて
山鵜が飽きて来ました(笑)
終盤は、本来の遠征目的の海編です。当地は基本的には晴れる
事は少なく、おまけに7月と言っても寒く、装備を考えたり、
本来の目的の娘夫婦&孫に持って行く離乳食やその他諸々の荷物
を考えると、とてもじゃないけど普段の三脚やカメラは使えず
。既にスーツケースは満タンで、これを削ってカメラ等の機材を
持って行く事はさすがの山鵜にも出来ず・・・
 どさくさに紛れてお散歩カメラとしてプロカメラマンのY先生
にも相談しSONYのRX10を携えての遠征でした。
 24㎜~600㎜、ネオ一眼と言うカテゴリーらしいですが、中々
のカメラで欲を言えばきりがないですが十分と言うか十二分に
山鵜を満足させてくれました。
a0143780_16180294.jpg
ハシブトウミガラス、でいいのでしょうか?Guillemotと呼ばれる
海鳥です。黒い顔の野鳥は苦手です。目が見えなくなるので・・・
この子、一応目は見えていますね。
 
a0143780_16181782.jpg
この画面だけでおそらく400羽前後は写っていると思います。
ツバメの塒入りもそうですが、こんなに沢山居るとどうやって
撮ればいいのか全く分かりませんね。
 それにしてもこれはごく一部の切り取りです。
凄まじい数の鳥たちに言葉を失った山鵜なのでした。

by yamau-f | 2019-08-20 19:17 | ハシブトウミガラス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/239451824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。