山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

赤いシリーズ2019 第二弾 水も滴る良い男

水がらみのコマドリが撮りたくて今年の一つのテーマ
にしていました。基本的にはコマドリは流れの有る
川、小川、湧き水周辺にいることが多く、そばに水
の有る風景は有るのですが、中々絡んでくれません。
所謂水場では、日に数度の登場なので、それを待つ
根気が山鵜にはありません。今回の水場はどちらかと
言うと餌場ですね。たまに♀も登場したので、営巣
場所も近かったのかもしれません。
a0143780_19154215.jpg
うーーーん、ちょっとイメージと違う水絡みですね。
水の有る風景、とか言うと聞こえがいいのですが、
こういう場所のこの時期は、むし、ムシ、虫・・・
ブヨだかブユだか知りませんが鬱陶しい限り。
ここにメマトイが参加するとイライラはピークですね。
山鵜、山に入る時はスーパー森林香と自家製ハッカ油
は必需品ですが、効果が有るのかないのか分かってい
ません。
a0143780_19162494.jpg
まずまずのシチュエーションだったのですが、これは
やはり山鵜の腕の無さですね。もう少し撮りようが有
ったのでは、と思っています。
 こんなところに急にとまられると、山鵜はパニック
です。残念
a0143780_19164501.jpg
これもまーまーご希望に近い場所の登場です。
コマドリの向きがもう少し上を向いてほしかった。
今回もデジスコと一眼の二刀流での出撃ですが、
いっときよりもデジスコを使用する頻度が減った
ような気がします。あちこちのフィールドでも
デジスコ派は大幅に減りましたね。
 ただ、デジタルを使うのに、アナログ的な撮影
手法が何とも心地よいので山鵜はまだしばらく
デジスコも使うと思います。
a0143780_19155882.jpg
ここも湿地。手前に見えてるのはヤマワサビ。
可愛い白い花を咲かせていたのですが、画面には
入りませんでした。ヤマワサビ、っておいしそう
ですね。刺身が食べたくなりました・・・
a0143780_19170345.jpg
水がらみシリーズのラストは、おなじみのぶれ囀り
シーンです。山鵜のブログにはコマドリの後ろ姿が
よく登場するのですが、違った意味でコマドリらし
いと思っています。
 さて、次回のコマドリはどんなのが登場するのか、
山鵜にも分かりません。

                     つづく

 


by yamau-f | 2019-06-29 20:15 | コマドリ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/239335607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by UYAN at 2019-07-02 12:06 x
山鵜さん、こんにちは。
見ごたえ、読みごたえのある赤いシリーズ、拝見しました。理想を求めて痒そうな小虫たちや待ち時間のストレスと戦いながら独自路線の撮影を続けておられるのがすごいなぁ~と思いました。
Commented by マサ at 2019-07-02 19:36 x
なんやかんや言いながらしっかり撮ってますがな。油断していたら、いつの間にか隠れ里へ。これからはしっかり監視しますぞ。
Commented by yamau-f at 2019-07-02 22:04
UYANさん、こんばんは。山鵜です。
ようやく帰って来られましたか?チビチビやりながら写真の整理、楽しみですね。ヌマカの痒みは収まりましたか(汗)数年前までこの時期はタマキチを名乗ってましたが遠い昔の話になってしまいました。コマドリ、、、バカの一つ覚えです。
Commented by yamau-f at 2019-07-02 22:10
マサさん、こんばんは。
いえいえ、マサ先生のフットワークにはとてもおよびません!さて、これから何と遊ぶかな~。
今年は下手するとタマシギ坊主かも(涙)
ちょっと出かけようかな~