山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

気が付くと15年

気が付くとこの時期はアカショウビンとコマドリに全てを捧げて
(大袈裟)15年になります。つまり、冬場からヤマセミに全て
を捧げ、春から初夏にかけて赤い2種にすべてを、つまり他の鳥
は全く相手にしていません・・・(ウソ)。
 初夏の冬の大地にも行きたいのですが、長期休暇は取れないの
仕方ありません。
 過去にも沢山アカショウビン記事を書いていますが、かなりの
割合で言い訳や愚痴のオンパレードです。望みが高いのか、単に
進歩が無いのか、自分で見ても恥ずかしくなります。
a0143780_16152264.jpg
今年はGWに寒気?の影響でかなり温度が下がったので、全体に
鳥たちの活動も遅れ気味と思っていたのですが、その後の高温
続きで木々はアッと言う間に夏模様です。もう少し芽吹きの感じ
を期待したのですが遅かった。
a0143780_16160258.jpg
今年は撮影は出来ましたが、例年に比べると個体数がかなり減った
ように感じました。環境の変化?
 ただ、とてつもなく広い森の中で人間が入れる場所なんてたかが
しれています。そんな状況で環境・・・なんて事を語るのは人間の傲
りかもしれません。強いて言うなら、例年の地域では個体数が減っ
たと言うことでしょう。
a0143780_16154407.jpg
次回でアカショウビンシリーズは終了です。
特ダネは有りませんから悪しからず。

by yamau-f | 2019-06-13 19:14 | アカショウビン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/239302458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aosagi at 2019-06-18 18:19 x
川の流れのように~♪,歳月の過ぎるのは早いものですねぇ。
夏の赤色2種,冬の白黒1種のみで15年とはぶれていませんね。(感心!笑。)
Commented by yamau-f at 2019-06-18 18:58
aosagiさん、こんばんは。
いやいやいや(汗)青い子、黒い子、黄色い子、茶色い子等々なんでも有りの山鵜です。
写真もターゲットもブレブレです!
はい