山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

最近は三白とは言わないのでしょうか

山鵜が学生の頃は、北海道の冬の三白と謳って観光客が
沢山来ていたような気がします。今も同じなのでしょう
か?オオハクチョウ、タンチョウ、流氷だったと思いま
す。ただ、最近はオオハクチョウの人気が下落気味?
タンチョウや流氷は相変わらず人気者。特に中国のお正
月の春節になるとどっさりと観光客がやってきますね。
 それに加えて、韓国や台湾、シンガポール、タイから
も沢山の来日客がやって来て大変な賑わいです。
 こうした団体を避けようとするとかなりマニアックな
場所へ行かないとダメですね。
 
a0143780_18500931.jpg
相変わらず雰囲気がいいと後の行程を忘れて腰を据える
山鵜です。カワアイサがいい雰囲気でペアでモデルに
なってくれました。
 北の海では、ウミアイサもカワアイサも同じくらいの
数がいます。ひょっとしたらカワアイサの方が多いかも
しれません。流氷は無くても、海が凍っているのでとて
も良い雰囲気の港でした。

by yamau-f | 2019-02-08 20:49 | カワアイサ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/239091570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。