山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ライファー特異日かな

数年前の八月末に偶然(本当に偶然)ミユビシギ狙いで撮影
した写真にヘラシギが写っていました。当時の記事にも書き
ましたが、一人で海岸でのんびりと撮影し、帰宅してビックリ
したのを覚えています。分かっていたら、もっとじっくりと
撮っていたのに・・・残念でした。
 時間前後して他の方も見つけていたようで、翌日出かけると
沢山のバーダーが押し寄せていてビックリしたのを思い出しま
す。翌日は遥か彼方の点でした。
 あれから数年が経ち、それ以降ライファーと呼べる出会いは
数種のみ。
 ところが、今年も8月末にライファーな出会いが有りました。
今回は見落とすことは有りませんでした。
その鳥は、オオグンカンドリでした。とある海岸で、悠々と海岸
を旋回しながら飛んでいました。
a0143780_14195232.jpg
最初はアオサギかな、と思ったのですが少し飛び方が違い、カモメ
にしてははるかに大きく、トビにしても大きさが違い?????
 徐々に近づいて来て、頭上を通過しました。高度もそれほど高く
無いので手持ちで十分に撮影、ただ光の具合と方向が悪く写真は
こんなもんです。
 頭上を通過した後、再度海岸線沿いに戻ってきました。調べると
凄いスピードで飛ぶようですが、この時はトビの旋回より遅いくら
いにのんびりでした。
a0143780_14202106.jpg
他にもバーダーは居たのですが、気が付いたのは数人。他の人達
は、数人でどこやらに珍鳥が・・・みたいな話に夢中。目の前を
珍鳥が飛んでいるのに皮肉なものですね。
 さて、この種の鳥の仲間は、グンカンドリ、コグンカンドリ、
オオグンカンドリが居るようですが、大先輩のアドバイスと山鵜
なりの調査の結果、オオグンカンドリ幼鳥としました。
a0143780_14200403.jpg
この子に会うために行ったわけでもなく、今回も偶然の出会いでした。
この子もどれだけ珍しいのか分かりませんが、会おうと思って会える
鳥ではないようですね。ラッキーなのでしょう。
a0143780_14193903.jpg
これからしばらくは渡りの鳥さんのシーズンですね。
今年はオオヨシキリもセッカも撮らずに終わりそうです。
夏鳥に満足できなかったので、今年の夏も満足度低く
終わりそうです。
 またまた台風ですね。被害無く、珍しい鳥たちを運んで
くれる事を期待しましょう。

by yamau-f | 2018-09-03 20:18 | オオグンカンドリ | Comments(4)
Commented by マサ at 2018-09-04 16:27 x
もう一羽はゲットしなかったの?
Commented by aosagi at 2018-09-04 17:23 x
山鵜さんのはオオグンカンみたいですね。
昨日はコグンカンを見ました。2羽いるのかな?。
ちなみにシギチの方はどうでしたか?
Commented by 山鵜 at 2018-09-04 20:12 x
マサさん、こんばんは。
すごい風でしたね!大丈夫でしたか?
この子、コグンカンポイントとは違います。
関東地方のオオグンカン、中部地方のコグンカン、そして
この子ですかね。実際にはもっとたくさんいるでしょうが
・・・。明日あたり何か居そうな予感ですね。
Commented by ,山鵜 at 2018-09-04 20:15 x
aosagiさん、こんばんは。
コグンカンのポイントからはかなり離れているので
いずれもはぐれ鳥なんでしょうね。
シギチは、近隣の田んぼは全くダメですね。
今週末に期待しています。