山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今年の夏は・・・

今年の夏、特に梅雨前は記録的な大雨、降りやむと同時に
梅雨明けし、38℃を超える酷暑。40℃越えのニュースも
珍しくない毎日、とてもじゃないけどカメラ担いで出かける
気も起らず、うだうだと盆休みを過ごしていました。
 義理の息子と久々の船釣りに出かけ、50cmを超えるサバ
やアジを釣るも日焼け対策を怠りえらい目に・・・
マサバ、ゴマサバが釣れたのですが、今までゴマサバ・・・
を毛嫌いしていたのですが、実は夏場はゴマサバが旬とか。
手作り鯖鮨、我ながらおいしかったなー。
 ただ、このままではいけない、鳥撮道に反すると思い急遽
休み後半に赤い子号外版を発行するべく信州方面に突撃した
のでした。
が、
前日から一気に気温が下がり、目的地に到着すると、避暑ど
ころか10℃を下回る低温・・・ 普段はそれなりの準備をす
るのですが・・・ 寒すぎて寒すぎて。急遽ユニクロでヒー
トテックを購入する羽目に(笑)昨年は岐阜県内の豪雨で途中
で断念した経験も有るのですが、今年は急な冷え込みで鳥さ
んの愛想も最悪でした。
 強いて朗報と言えば、新ポイントのロケハンも兼ねていた
のですが、撮影は叶わなかったのですが、コマドリの姿を一
瞬確認できた事。来季の楽しみが出来ました。
で、このポイントで唯一遊んでくれたのがルリビタキの巣立
ち雛でした。やはり標高が高い分、孵化も遅めかな?
a0143780_14042944.jpg
親鳥と行動を共にしていましたが、自分で餌を取り始めてお
り、完全巣立ちまで時間の問題でしょう。
 山のあちこちから聞こえてくるのは、ルリビタキの囀り、と
コガラ、ヒガラくらいでしょうか。8月の山は静かなもんです。
a0143780_14040569.jpg
今回の遠征での成果は後記事二つです。
どうやら、8月はその二つで終了になりそうです。
秋のジシギ、渡り途中のヒタキ達に遊んでもらわないと困り
ますー

by yamau-f | 2018-08-20 20:02 | ルリビタキ | Comments(0)