山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

赤いシリーズ第四弾 ”rouge”

とうとう第四弾まで来ました山鵜の赤いシリーズ。
今回はフランス語で赤を意味する”rouge”ルージュです。
ユーミンの”ルージュの伝言”ここでは英語の口紅を意味しています。
それにしても、家に帰ったら彼女?嫁さん?に浮気はやめろ!って
風呂場の鏡に口紅で殴り書きがされていたら恐ろしいですねー
しかも、浮気をママに言いつける!・・・なんと恐ろしい歌なんで
しょうかね。想像しただけでゾーッとしてしまいます。
別に山鵜が、ってことではないですが(汗)(笑)
(ユーミン話休題)
他にも鳥さんは居るのですが、この遠征で他の鳥を撮ることは
ほとんどありません。ルリビタキとか撮ればよかった、と帰って
からいつも思います。
a0143780_13192933.jpg
まだ7月だと言うのに、何だか秋の気分が・・・
山鵜、夏至まではテンションが高いのですが、夏至を過ぎて
昼の時間が短くなり始めると少し寂しさを感じます。
昨年は7月は猛烈に暑かったのですが、盆頃から台風のあと
一気に涼しくなったのを思い出しています。
山鵜、なんだかんだ言いながら暑い夏が好きなのです。
a0143780_13192400.jpg
天気が良すぎると頑張ってもこんな感じです。
この時期は既に抱卵に入っているのか寸前なのか、
一週間違いで全く状況が変わり、モデルのご機嫌はあまり
良くなかったですね。
この後、無事に孵化して順調に育雛できたかな。
そろそろ巣立ちの頃かもしれません。
a0143780_13191857.jpg
一瞬とてもいい場所に出てきてくれたのですが、背景の
光線が残念です。
 この子は胸元に茶羽が残る若♂、今回出会った中で
一番の若造と思われます。
 またまた得意の一本足ですが、やはりしっかり二本で
立ってもらわないと不満な山鵜です。

by yamau-f | 2018-07-23 20:39 | コマドリ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/238639470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by UYAN at 2018-07-24 09:40 x
山鵜さん、こんにちは。
美しいコマドリの作品、楽しませてもらってます。それにしても、山鵜さん、鳥に関して(も)浮気しないんですね!その一途さ、頭が下がります。それに比べ、私なんぞは・・・。
Commented by yamau-f at 2018-07-24 17:11
UYANさん、こんにちは。
一途・・・ ○○の一つ覚え・・・ですね。
5月から7月前半には撮りたい鳥も、行きたい場所も沢山
有るのですが何故か毎年同じ鳥ばかり。
新たなポイントが分からないのと、チャレンジ精神が欠如しているのかもしれません。ただ、例年のタマシギはさすがに控えています。さすがの山鵜もこの暑さは無理です・・・