山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

はるか彼方に赤い気配が

山鵜の赤い子シリーズ開幕!と言うにはあまりにも寂しい記事です。
まだ諦めたわけではありませんが、現時点では今年も厳しいとしか
言いようが有りません。
昨年はとうとうマイフィールドでの赤い子の撮影は叶いませんでした。
どうしても会いたかったので劇場へは行きましたが・・・
どうしてこの子に取りつかれてしまったのか、わかりません。
初めて出会ったのはかれこれ10年以上前ですね。北陸地方でした。
その後奇跡的に自宅から半時間ほどの山で再会、その時は営巣して
巣立ってくれました。奈良市内の出来事でした。
 それ以降、強運にも恵まれ、時には10m程の至近距離でモデルに
なってくれたことも有ったのですが、ここ数年不調です。
数年前との変化点、やはり撮影に対する粘り強さと根気の欠落かも。
そんな状況ですが、マイフィールド、はるか彼方に赤い気配が・・・!
こんな写真ですが、2年ぶりの撮影は嬉しいものですね。
a0143780_15423352.jpg
何年か前のこの子の撮影イメージに、今年は小さく撮る、と書いた
ことが有ります。会えることが前提の、何と強気なコメントなんで
しょう。口が裂けても言えません。今は
 負け惜しみと言われても仕方ないですが、この子は撮れるに越し
た事が無いのですが、良いですねーーー 雰囲気 鳴き声 最高で
す。そろそろ抱卵の時期、ブナの新緑もだんだんと濃さを増し、探す
のも写すのも難しくなります。何よりもメマトイとかの虫がイライラ
を更にパワーアップしてくれます。あと一回はチャレンジ予定です!
a0143780_15421526.jpg
と言うわけで2018年の山鵜の赤いシリーズは何とか開幕です。
もう一方の赤い子、こちらはなかなかの収穫が有ったかもしれま
せんよ。これからの時期、タマシギが見つからないと記事ネタが
有りません。赤いシリーズ、チョビチョビ出していく予定です。

by yamau-f | 2018-06-14 20:41 | アカショウビン | Comments(4)
Commented by マサ at 2018-06-15 17:35 x
撮ったんですか。根性の作品ですね。おめでとうございます。
Commented by 山鵜 at 2018-06-17 22:57 x
マサさん、こんばんは。撮るには撮りましたが、撮っただけ、って感じです。
この子をターゲットにするには、肉体的、気力的、体力的、執念的、時間的、金銭的、運的、夫婦仲的、機材的、どれを取っても年々厳しさを増すような気がします。ビシッとアカショウビンを撮るのはいつの事やら、、、
Commented by 探検隊隊長 at 2018-06-19 13:47 x
山鵜さん、こんにちは。

アカショウビンは見た目も鳴き声も大変魅力的な鳥ですからね。取り付かれるのは普通のことだと思います。
人が大勢集まりすぎる場所を嫌ってあえて行かないということはあると思いますが、自分だけのマイフィールドがあれば、毎年通ってしまうんじゃないでしょうか。
今年も5月中旬あたりに順当に飛来していたようですね。山専のお知り合いも何人か目撃されてます。
Commented by 山鵜 at 2018-06-19 21:01 x
隊長さん、こんばんは。
トケンの興味深い話ありがとうございました。
夏の赤い子は本当に魅力的で、5月6月はいくら休み
が有っても足りません。おまけに梅雨時なので天気にも左右されるし・・・移動範囲は以前とは変わり撮るのは難しくなってしまいましたが数は減っていないような気がします。
もう鳴き声も減ってしまい、シーズン終盤です。