山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お恥ずかしい限りですが

お恥ずかしい写真ですがアオバトです。
お気に入りの写真を記事にするので、時には
こういう写真も登場します。
a0143780_19275837.jpg

早朝、谷底から次から次へとアオバトのペアが登山していきます。
偶に2羽以外もあるのですが、基本的にはペアです。
山の中でこれから繁殖するのでしょうね。
冬場に鍛えた(笑)トビモノの腕を試しましたが
まだまだ修行が足りないようです。
こりゃまた再挑戦が必要ですねー
a0143780_19311020.jpg

冬場のアオバト、海岸の海水を飲むアオバト、は撮った事がありますが
最高にビビッドな今の時期のアオバト撮影は初めてです。
と言う事で記事にした次第です。
a0143780_19324974.jpg

ペアの証拠写真、こちらに来ると思うと逸れて行くペアも居ます。
次回はアオバト、ホトトギス、ジュウイチあたりを狙ってみます。
by yamau-f | 2015-05-26 19:26 | アオバト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yamauf.exblog.jp/tb/21264348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大阪のI at 2015-05-31 00:03 x
こんばんは(^^)
この間僕も飛んでるアオバトに挑戦したんですけどブレブレの酷いものでした(^-^;コミミズクで練習しとけば良かったです…。
手持ちで上手く流し撮りするコツってあるんでしょうか??それとも練習あるのみって感じなのでしょうか…
Commented by yamau-f at 2015-05-31 20:12
大阪のTさん、こんばんは。
テクニカルな質問を山鵜に・・・・(ラード汗)
間違っているかもしれませんが山鵜はこんな感じです。先ずブレか?ボケか?ですが、ブレについては少々ISOが上がってもシャッタースピードを稼ぐようにしています。曇り空は厳しいですが、青空なら若干露出補正をマイナスにしてでも、です。
後はしっかりカメラに捕捉してもらい機能の限界まで
連写、これくらいですかね。
流し撮りですか・・・(グリス汗)
先ず焦点距離に変化があまり無い横移動のものしかTRYしませんねー。近付いて来る鳥さんの流し撮りは考えた事も有りませんよ。後はシャッタースピードを練習のたびに遅くして行き、後は勘と度胸と根性と経験ですね。すみません、多分参考にはならないでしょうね。