山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

親子の関係

鳥達には様々な習性がありますが、この時期出会う
杜鵑類とタマシギは特に面白いですね。
今回は、山鵜が勝手に感じている何の根拠も無い杜鵑類の親子関係の想像です。
以前にも書きましたが、山鵜は住宅地に住んでいるのですが
毎年5月になるとホトトギスが飛来してきます。
飛来当初は夜中に囀りながら闇夜を飛び回っているようですが
6月過ぎになると明らかに何処かに止まって囀るようになります。
夜中3時前後が多かったかなー
今年は枕元に近かったので、チョット迷惑なくらい(笑)
この場所は朝方になるとウグイスが囀ります。
・・・・・
そして、先週からピタッとホトトギスが囀らなくなりました。
例年ほぼ同じパターンです。
ここからは勝手な想像ですが、
ご存知の通り杜鵑類は托卵で繁殖する珍しい鳥です。
この托卵と言う習性はあまり良い喩えには使われず
ずるいとか、無責任とか・・・ 確かに他の鳥が一生懸命子育てをしているのに
何の苦労もしないホトトギス、仕方無いかもしれません。
ところが、親子の愛情が全く無い分けではないような気がしたのです。
何故か・・・
夜中に止まって囀るホトトギスは、ウグイス(多分)の巣で孵化した
雛に、毎晩声を聞かせにやってきていたような気がするのです。
約10日~2週間、毎日同じ場所から聞こえてきたテッペンカケタカ
先週から聞こえなくなったテッペンカケタカ
時間的に子守唄とは言えませんが、こう考えると
何だか少し微笑ましく、ホトトギスが健気に見えてきました。
親の子守唄が聞こえなくなると同時に
一羽のホトトギスが巣立ったのかもしれませんね。
a0143780_1914463.jpg

残念ながらホトトギスの写真はこんなのしかありません。
この子は我が家の近くで囀っていた子とは違います。
by yamau-f | 2013-06-29 21:47 | ホトトギス | Comments(6)
Commented by UYAN at 2013-06-30 22:34 x
山鵜さん、こんばんは。
なるほど!非常に面白い想像ですね。児童文学でとりあげてもよいような、そんな発想です。
もう一つ感心したこと。山鵜さんも、やっぱり寝ながらも鳥の世界にどっぷりですね。ぼくも昨日、実家で寝ているとき、フクロウの鳴き声に気づいて、だんだん近づいてるな、などと考えながら寝ていました!
Commented by 山鵜 at 2013-07-01 21:00 x
UYANさん、こんばんは。
鳥にどっぷり、確かにその通りです。
でもUYANさんは偉いですね!
寝ているときにフクロウの鳴き声、考えながら寝るなんて。
山鵜なら飛び起きて暗闇を彷徨っていたと思います。
Commented by 探検隊隊長 at 2013-07-02 12:13 x
山鵜さん、こんにちは。

僕の家でも、今年、夜中に何度かホトトギスの鳴き声聞きました。今は聞こえなくなりましたが、ケリの鳴き声は今でも夜中に聞こえますね。

ウグイスの巣で巣立った雛に声を聞かせるために鳴いているという発想は、山鵜さんらしいとても優しい発想ですね。

彼らが託卵対象となる鳥の巣の近くで鳴くのは託卵という技の一環と思います。
高原でもカッコウがノビタキの巣の近くで盛んに鳴き続けますが、託卵されまいとするノビタキは抱卵途中でも思わず我慢できなくなって巣から飛び出し、カッコウを追い払おうとしますね。よく見るノビタキによるカッコウの追っかけシーン。
でも、追っかけるとカッコウペアによる見事な術中にはまることに・・・。
Commented by 山鵜 at 2013-07-02 13:00 x
隊長さん、コメントありがとうございます。
ノビタキの追いかけシーン、カッコウペアの作戦はかなり高等な技術ですよね。彼らは種の保存で必死なんでしょうが、観察するには面白いシーンです。
ノビタキが巣を離れている間に♀カッコウが10秒程で産卵、すごい早業です!
色々と杜鵑類を調べると、飛ぶ姿が猛禽に似ているのも同じような理由のようですね。
 チョット置き引きの手口に似ていますが、持っていくのではなく置いて行くので・・・・・何と言うのでしょうね(笑)


Commented by aosagi at 2013-07-02 20:29 x
山鵜さん,こんばんは。らしいメルヘンチックな発想ですね。
たしかに直系の子孫に自分の遺伝子を残す或いは同種を識別する為に鳴き声は有力な手段ですね。
他の鳥目当てで行くのですが
有るフィールドのウグイスは必ずホーホケケキョと鳴きます。
ここ数年来変わりません。同じ鳴き方が子孫に継承されているのでしょうね。
Commented by 山鵜 at 2013-07-03 10:22 x
aosagiさん、こんにちは。
ふむふむ、囀りのDNAって考えると面白そうですね。
面白そうな文献がないか探して読んでみたくなってきました。
 因みに山鵜が音痴なのは親のせい、という事で良いのでしょうか(汗)