山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

喜びの伝え方

ブログで掲示されている皆さんの写真に比べると、完成度の低い山鵜の写真の中で
今回の写真は更に!かも知れません。
 今シーズン、11月末から常に鳥見をする時に頭の中にあったのはこの子でしたが
一度も出会いが有りませんでした。
a0143780_2237311.jpg

この時も出没の噂はあったのですが、夕暮れも迫りあきらめモードどころか、
実際に三脚をたたみ掛けていました。
a0143780_22411290.jpg

若干延着気味のハイチュウ♂の登場で、全ての視線がそちらに向いていた一瞬の空白時間に、
上空を見上げると、トンビに似た鳥がフワフワとbut直線的に頭上を通過しました。
a0143780_22452725.jpg

下から見た飛び方の特徴は、1回の羽ばたきが小さく、どちらかと言うとコウモリの
飛び方に似ている感じがしました。
a0143780_2249229.jpg

山鵜上空を通過後、旋回して葦原の杭に着陸しました。
ここまではデジ眼での観察、その後は少し離れた車に置いてあるデジスコに装備変更です。
当然のことながら慌てている為、思うように早変わりは出来ません。
こうした場面にしては、結構スムーズに行きました。トリプルアクセル成功!と言った
とこでしょうか(意味不明1)
a0143780_2254637.jpg

すでに5時半を過ぎていた上に、100mほどあったでしょうか?デジスコで写すのは
4回転半位の難易度です。真央ちゃん頑張れ!(意味不明2)
a0143780_22592829.jpg

何とか虹彩の黄色が分かるので、嬉しい出来栄えです。
こう言った喜びを伝える事って難しいですね!
a0143780_2353165.jpg

昨年の正月に、数百m先を米粒程度に見たのが初めてで、今回は2回目は豆粒の
出会いです。ホップ!ステップ!と来ましたから次は・・・・・・今年か、来年か、
何時になるのでしょうかね。
by yamau-f | 2010-02-21 23:11 | コミミズク | Comments(8)
Commented by 自然薯 at 2010-02-22 06:32 x
おはようございます。
お~!山鵜さん、コミミゲットおめでとうございます!
まずは見て感動!次は写して興奮!!最後にジャンプはやっぱり少年ジャンプ。。。失礼しましたm(__)m
次回は超鮮明なやつですね!
でも、ボクは出遭いが大切で写真は証拠でも何でも派ですから。
あ!それは自分か(笑

↓ハイチュウかっこいいじゃないですか~
ボクは飛びもんなんてダイサギくらいしか撮れんですぅ(T。T)
Commented at 2010-02-22 12:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fukino at 2010-02-22 19:35 x
こんばんは
これがあの時の・・・ですね(^^♪
飛びつきのシーンなんかはなかなか良い感じですが
既に日が落ちてましたので辛いところでしたね。
きっと近い将来もっと良い条件での出会いがあるでしょうから
その時はアクセル&3回転のコンビネーション「山鵜スペシャル」で決めてください(^^)v
Commented by 山鵜 at 2010-02-22 22:41 x
自然薯さん、こんばんは。山鵜も出会いが一番、写真は2番、3時のおやつは文明堂です。それにしても、会いたい鳥に会えたときは、アドレナリンが全ての毛穴から噴出しそうになります(少々気持ち悪い・・・)結構鳥見は疲れるのですが、ぶっ飛びますねー
Commented by 山鵜 at 2010-02-22 22:45 x
fukinoさん、こんばんは。応援有難うございます!靴紐は新しいのに交換して、そのときに備えたいと思います。頑張ってみます!ムーンサルト!(?チョット違うかも)それにしても、このコミミさんは、fukinoさんの、目の前を通過してこちらにやってきたように思えましたが、少し田んぼよりだったかな?
Commented at 2010-02-22 23:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by th0325 at 2010-02-23 20:33 x
こんばんは…
コミミをゲットですね!!
この場所に居るのは聞いてましたが、見てないですよ^^;
ハイチュウも苦労しますが、コミミの方が撮れないですよね~
今年はそろそろ終りでしょうから、来年に期待して僕も行きたいです(^^)
Commented by 山鵜 at 2010-02-23 21:00 x
th0325さん、こんばんは。ハイチュウもコミミも、腕、機材、運、天気、風、鳥さんのご機嫌、が揃わないと満足写真は撮れませんね。逆に、これだけのファクターが揃う事は、ほぼ不可能であり、従って何度も通う、と言うスパイラル(別名どろ沼)へと入っていくわけです(笑)