山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

居なくなる、と写したくなる?

今日からMFは本格的なイベント開催、と言うこともあり、朝早めに例年の定点観測に
出かけました。予想外の雨に見舞われたため、写真に収めることはできませんでしたが
青も黄も無事到着を確認!しかも例年よりは多いかも!
と言うことで、午後から更に近場に出直しました。
a0143780_1849179.jpg

池にはヒクイナが4羽でうろうろ、これまた観察のみ。
若葉になった桜の木で、アオジがそばに居る山鵜を全く無視して、旅立ち前の
暴食をしていました!(山鵜は移動しなくても暴食しますが・・・)
a0143780_1852343.jpg

バックの色が綺麗だったのと、居なくなると写したくなる、山鵜の本能で
少し遊んでもらうことにしました。
a0143780_18542437.jpg

この時期になると、枝に止まってくれるようになるので、この子を見直す時期でも有ります。
暫く囀りも聞かせてもらいました。
a0143780_192336.jpg

これから約2ヶ月は、ど・れ・に・し・よ・う・か・な・・・状態の時期に突入ですが、
今日会ったアオジやツグミ、シメ、チョット名残惜しいですね。
a0143780_196629.jpg

寒い時期、ミヤマホオジロを待っていたときに出てきたアオジには、なーーーんや、アオジか!
という失礼な発言もありましたが、懲りずにまた来年!とご挨拶をしておきました。
# by yamau-f | 2010-04-24 19:13 | アオジ | Comments(8)

有閑マダムじゃないけど・・・

先日は予想外の田んぼの景色に"唖然”としながらも、しぶとく周辺を探してみました。
秋の休耕田のように水面に「逆さシギ」が、映し出されるような水の張られた場所は
無いものの、かろうじて水溜りのあるところを探しながらの徘徊でした。
a0143780_2235884.jpg

コチドリと会う機会は結構あるのですが、この時期に田んぼで他のシギチに会えると
非常に得をした気になります。
ウロウロするシギを発見、シギチの知識の乏しい山鵜にとっては???
大きさと言い、スタイルと言い、エリマキシギと決定しました。
a0143780_22105225.jpg
図鑑で見る夏羽、あの有閑マダムのような風貌とは程遠い姿でしたが
秋に見せてもらった色彩とは全く違いました。
あまり条件の良い田んぼではなく、近づいてくれませんでしたが、
こういう出会いはワクワクします。
a0143780_22123931.jpg

山鵜の鳥見のパターンには幾つか有りますが、
今回のような自分でストーリーを考えた場面に、想定の鳥さんが出てくれると
ほんまに嬉しいもんですね。
a0143780_22155859.jpg

今、連休の物語を考えているところです・・・。
本当は例年よりは近場の、でも日本の最南端へ!飛行機も宿も予約していましたが
、突然のキャンセルをする事に・・・次回のお楽しみ、と言うことで今年は近場で
頑張ります。
# by yamau-f | 2010-04-23 22:24 | エリマキシギ | Comments(2)

これも珍?

今日は”水の張られた田んぼに移動途中のシギチが・・・”をテーマに徘徊して来ました・・・が、ほとんどの田んぼは野菜用に耕されていました(粒汗)おっかしーなー?出張で移動中の新幹線かの車窓からは、アチコチの田んぼに水が・・・地域によってかなり差があることを今頃知った次第です。
が、水の溜まった水田にエリマキシギが!(これは後日に)
 うろうろしていた畦道の足元から!!!
a0143780_19493567.jpg

 うん?昔飼っていた文鳥?いや、シロガシラ???何か白かったような・・・・
a0143780_195165.jpg

撮影できそうな場所に止まってくれたのですが、機材セット中に飛ばれてしまい
電線に止まりました。
a0143780_19522157.jpg

どうやら中途半端に白化したスズメ君でした。
頭が真っ白なので、チョットびっくりしました。何か珍鳥が!と思ったのですが
スズメと言うことでチャンチャンです。でも、ある意味で、これも珍?
# by yamau-f | 2010-04-18 19:57 | スズメ | Comments(8)

寅さん鳥物帖

すべり込みセーフ!でした。今年の冬は、冬鳥との出会いが少なく例年のお馴染みさんとも会わず仕舞いで終わりそうな気配です。そんなシーズン終了間際に、ようやくトラツグミに出会うことが出来ました。
昨年偶然出会ったクロツグミを求めて、市内の神社へ出かけ、付近をうかがうと何か鳥の気配が・・・
a0143780_239840.jpg

気配はすれど、姿は見えず!ひょっとして小動物かな?と思うほど手強い相手でした。
a0143780_23123474.jpg

以前会ったこの子と違い、サービス精神は皆無でした。
a0143780_23142119.jpg

100mほどの参道を行ったり来たり、”寅さん鳥物帖”と言った感じでした。
写真の姿がそれを物語っていますかね?
a0143780_23172442.jpg

ほんの一瞬、全体像を拝まさせていただきました。
きれいな容姿なのに、何でこんなにシャイなんでしょうかねー。
光の加減も難しく、証拠写真でしたが会えて良かった!
a0143780_23203637.jpg

会えなかった寅さんに連続して会えました。最後の子は別個体です。
この子には会えましたが、夏鳥の定点観測は今年は未到着のようです。
昨日の寒さで、時間調整かな?
# by yamau-f | 2010-04-17 23:25 | トラツグミ | Comments(4)

予想外の出会い

週末の海へ行ったときの続きです。
海岸や水面に浮かぶシギチや水鳥をお目当てに出かけたのですが、
何気なく畑を見ると、独特の飛び方をする可愛い子ちゃんを発見!
この時期、ノビタキを撮っているバーダーは沢山いらっしゃいますが、山鵜には春のノビタキは
無縁と思い込んでいました。
a0143780_2038444.gif

鳥さんを撮る時の山鵜の好きな構図にノビチャンが入ってくれました。
河原の石の上に夏羽のノビチャン!予想外の出会いにテンションは↑↑!
ここまで夏羽に変身したノビタキを見るのは初めてなのでした。
a0143780_20425932.gif

最初に見つけた畑には♂が一羽だけしか見当たりませんでした。
ある程度撮り終えて更に進むと、なんとアチコチにノビタキが居るわ居るわ・・・
各所で数十羽は見たかもしれません。
a0143780_2045565.gif

秋とは違い♂の数が目立ちました。
それにしてもこの子は愛想と言い、サービス度と言い、非常に魅力的ですね。
ただ、夏羽の♂のお目目と、襟の白さを写すのはヒジョーに難しいのです。
a0143780_20464755.gif

結局、海に行ったのですが、ノビタキの写真が圧倒的に多くなりました。
この日の草地には、ノビタキとジョウビタキの団体さんが入り乱れ、久しぶりに
山鵜の目もグルグル状態でした。
気がつくとジョウビタキの写真は一枚も撮らず・・・
ジョビさん、ゴメン!
# by yamau-f | 2010-04-12 20:57 | ノビタキ | Comments(11)

200mは適当に

移動途中の海岸を眺めていると遥か遠くに漂う黒い団体さんを発見しました。
肉眼では何なのか全く分かりませんでしたが、たまに全メンバーが同時に潜る様子を観察し
カイツブリの仲間であることは想像が付きました。
 慌ててデジスコをセットし、沖合い200mほどの鳥さんを適当にピントを合わせて連写、
画面を見てハジロカイツブリであることが分かりました。
a0143780_2085173.jpg

冬場に金魚を食べるこの子を観察し、思わず赤目補正をしてしまいそうになったことを
思い出しました。
 その時の装いとは全く違う夏羽に変身していました。ただ、風貌、目つき、目の色、を見ると
夏でも冬でも厳つい子ですが、夏バージョンは尚更です。
a0143780_2012824.jpg

こんなに小さな鳥さんが、広い海の中を漂いながら、避暑地に向かうのかと思うと
健気にも思いました。
 距離が遠く証拠写真ですが、お気に入りの写真です。
# by yamau-f | 2010-04-11 20:38 | ハジロカイツブリ | Comments(4)

流離の探鳥ドライブ

今日の天気は晴れ、明日は曇り、と言うこともあって、久しぶりに早朝から根性を入れて鳥見です。
皆さんのブログ情報を参考にしながらの”流離の探鳥ドライブ”と銘打って、場所も鳥種もミステリー
でした。強いて言えば、山鵜の親戚のヒメウとやらを見てみたいなーと言った感じでスタートです。
 ただ、”旅立つ冬鳥と、到着した夏鳥”は、秘かに狙っていました。
a0143780_22581999.jpg

当ての無い鳥見の欠点は、早いうちに出会った鳥さんに気が行くと、後の行程も、時間もスケジュールが
ボロボロになってしまう事なんですが・・・
 あまり真剣に撮ったことのないイソヒヨドリと出会ってしまいました。
 予想外に時間を費やしてしまいました。
 ジックリ観察すると、♂も♀も魅力的な色合い、加えて囀りは天下一品です!(ラーメンと違います)
a0143780_236153.jpg

今日はアチコチでイソヒヨドリを観察できました。
天気が良すぎて、撮るのは難しかったのですが、満足な出会いでした。
a0143780_23112651.jpg

到着の夏鳥は、また登場してもらいますが、今日の驚きは旅立ち前のジョウビタキの多さでした。
海岸線のあちらこちらにジョウビタキが♂♀が入り乱れ、多いところでは5~6羽が飛び交っていました。
合計すると20~30羽位観察したかもしれません。
おそらくある程度の群れになって帰っていくのでしょうかね。
今日はお天気◎暖かさ◎桜◎菜の花などの春の花◎鳥との出会い◎お疲れ度◎でした。
# by yamau-f | 2010-04-10 23:25 | イソヒヨドリ | Comments(0)

リバウンドは怖い!

昨日は朝のレンジャクに始まり、ぐるーっといつもの場所を巡回しました。
目新しさは無かったのですが、鳥見、ドライブ、花見の3点セットで満足な一日でした。
 前日の強風で・・・と言う、淡い期待もあったのですが、やはり甘かったです。
代わりにこの子が未だに滞在してくれていました。
 今シーズンはペアで出会ってから数ヶ月、何度か会いに来ましたが、
その度に様々な表情を見せてくれました。飛来当初は結構賑わったフィールド
でしたが、昨日は誰一人居ませんでした。
a0143780_21272654.jpg

今回は田んぼでの撮影は失敗しましたが、電線の真下から今シーズン最後のご挨拶。
a0143780_21284723.jpg

無事に冬を乗り越え、快適な越冬地だったかな?来年もやって来いよ!と声をかけて
お別れです。

それにしても、暫くの鳥見お休みのリバウンドは怖い!ですね。
今日も朝から出撃してきました。例年の定番の”桜ニュウナイ”には、見事に振られ
、朝の公園では暫しイカル遊びをやってきました。
 今年はアチコチでコイカルも見られているようなので、あわよくば!と言う期待も
有ったのですがアウト!ウレシカルカル!コイカル!とは行きませんでした。
a0143780_21382042.jpg

この鳥も、あまり真面目に撮ったことがなかったので、今日は!
と思ったのですが、天気が良すぎて難しかったなー
a0143780_21405291.jpg

それにしても今朝の公園はイカルだらけ!100羽は軽く超えていたでしょうか。
沢山桜が咲いているのに写真に絡められないのがチョット不満な一日でした。
a0143780_21505077.jpg

# by yamau-f | 2010-04-04 21:54 | コチョウゲンポウ | Comments(6)

どんなんでもええから撮りたかった・・・

久しぶりに休日とOFFとお天気がマッチしたので、お花見集団を避けて朝から鳥見に行きました。
先ず最初に、特に人出の予想されるポイントへ直行しましたが、当て外れでヒレンジャクはお留守でした。
暫く待ちましたが、近くの他のポイントへ!
a0143780_20425261.jpg

いた!いた!
昨年同様、高い!遠い!枝かぶり!の最悪のコンディションですが
旬の物なので取り敢えず撮影開始。
a0143780_20445333.jpg

黄色い子も混じっていたようですが、遠くて識別困難でした。
例年と違うのは、到着が遅かったので桜の花見が同時に出来たことですかね。

それほどの変化も期待ができず、予想通り沢山の観光客が到着し始めたので
早めに切り上げ、次のポイントに移動することにしました。
この時期は、如何に世間の人々と逆のコースを移動するか?
人間ナビ”山鵜”の腕の見せ所です。

暫く鳥見に行けなかっただけで、すっかり様相が変わってしまい、季節が動いており
ツバメも沢山飛んでいました。
未だ沢山滞在しているツグミですが、やはりシーズン一度は撮ってあげないと・・・
a0143780_20574218.jpg


フツーのツグミなんですが、少し色合いの違う子がポーズを取ってくれました。
a0143780_2058022.jpg

北に帰る前になると地面に降りる事が多いツグミですが、ミミズとか動物性たんぱく質
を仕入れるのでしょうかね?

そういえば、今日は面白い光景を観察出来ました!
a0143780_2123917.jpg

MFでは定番の鹿さんですが、のんびりしている鹿の周りをカラスガ二羽ウロウロウロ
お尻のほうに周ると、白い毛を抜き始めました。
 どうやら夫婦で新居の建設を始めたようです。それにしても、鹿毛で出来た巣
とは豪華なもんですね。
 鹿も夏バージョンに変身途中のようで、機嫌よく巣財の提供をしていました。
山鵜には、こんな寛大な対応は決して出来ませんね・・・(次生える保障が無い限り・・・)
 今日はもう一箇所行ったのですが、明日にでもアップします。
 ひさしぶりの鳥見、鳥撮り、どんなんでもええから撮りたかった!
# by yamau-f | 2010-04-03 21:18 | ヒレンジャク | Comments(9)

親あほ?

昨日から新年度が始まり、二度目の元旦のような気分と言うのでしょうか?
天気が悪かったり、予定が入ったりで、明日は久しぶりの鳥見です。ワクワク
 私事ですが、我が家の一羽目の雛”山鵜娘1号”が先週無事に卒業し、昨日
社会人として旅立ちました!
 鳥達の巣立ちに比べると、24年はチョット(否トッテモ)長いですが、少しさびしく思います。
”山鵜娘1号”の卒業、新生活準備が山鵜の鳥見時間に少なからず影響したのは
事実です。
a0143780_20261360.jpg

関東では”親ばか”と言うのでしょうが、関西なので”親あほ”?な山鵜です。
 卒業式にも行って来ました。
 ハイチュウ地区に行くと、肩身の狭いピストル砲ですが卒業式場では場違いなカメラでした。
遥か遠くの”山鵜娘1号”を、連写して、辺りを見ると、シャッター音で注目されてしまい
チョット恥ずかしいことに・・・(汗)
 山鵜は遠くの鳥さんを一生懸命望遠で追いかけるのですが、”山鵜娘1号”は顕微鏡
で限りなく小さいものを覗くのが仕事?親に似たのか似なかったのかビミョーです(汗)
 偶然学校のHPに載せてもらった”山鵜娘1号”の写真を拝借しました。
さーてっと。明日は何を追いかけるかな?
# by yamau-f | 2010-04-02 20:39 | 人間 | Comments(6)

困ったときのヤマチャン頼み

それにしても今朝の黄砂は凄まじかったですねー。
とてもカメラを外に持ち出す気にはなれませんでした。
季語にもあるようなので、皆さんよく使いたがる異常気象とは
違うようですが、改めて地球規模の自然現象を目の当たりにしました。
外に出ると何となく口の中もざらついた様な気がします。
と言うわけで、これと言った鳥さんも遊んでくれなさそうなので
昨日のヤマチャンの登場です。
a0143780_22254129.jpg

最近はご機嫌が悪く、空振りも有ったのですが昨日は諦めて帰ろうとしたときに、
ケラッツケラッツと挨拶にやってきてくれました。
先月はペアで入れ替わり登場してくれましたが、今回は♂だけ。
時期が時期だけに少し心配です・・・
オオタカか?ハヤブサか?カラスか?性格の不一致か・・・・・
a0143780_22304948.jpg

登場後は、餌を取る様子は無いのですが、お気に入りの枝から
水浴びダイブを繰り返してくれました。距離があるので、こういう場面に出くわすと
大砲がほしいな・・・と、思ってしまいます。
a0143780_2233814.jpg

水浴びの後は、恐怖のマッタリタイム!時間はご想像にお任せいたします・・・(震)
この枝はお気に入りの様子なので、再度トライをしなくては!
少し贅沢な話ですが、山鵜にとってはこの時期は、困ったときのヤマチャン頼み
桜ヤマセミを目指すぞ!!!
a0143780_22375458.jpg

# by yamau-f | 2010-03-21 22:42 | ヤマセミ | Comments(8)

来シーズンへの課題

今シーズンは、秋口から山鵜はこの子に会いたくてムズムズしていました。シーズン当初の11月には
素晴らしい飛翔写真や、ドラム缶に止まったこの子を皆さんのブログで拝見し、
そのうち会えるかな・・・位に思っていましたが、予想以上に手強い鳥さんでした。
ハイチュウに会いに行って、偶然出会うことが出来たので
何とか完封は免れましたが、今シーズンは諦めモードでした。
a0143780_20293750.jpg

ほとんど水鳥も北に帰ってしまい、冬鳥シーズンはほぼ終了、かろうじて
ツグミが名残鳥のように地べたをピョンピョン
a0143780_20312711.jpg

と、枯れた”ひこばえ”の中に!!!!
ジーっつとしていました。ひたすらジーっと・・・
待ちました。兎に角待ちました。ヒラヒラフワフワを夢見て・・・
動きません・・・何時になっても動きません・・・(大粒涙)
翌日居る保証はないし、驚かして飛ばす気もない・・・
諦めました~カモメはカモメ、コミミはコミミ(意味不明) 潔く、山鵜の来シーズンの課題と言うことで
バイバイすることにしました。
でも、会えてよかった。
# by yamau-f | 2010-03-20 20:39 | コミミズク | Comments(10)

我慢出来ずに

ここのところ週末は家事や、雨降りで満足な鳥見が出来ていません。
先週末も、朝から本降りの雨で家で篭っているつもりでしたが
皆さんのウメジロを拝見していると、我慢できずに、ほんの1時間程
至近のフィールドに行ってきました。
a0143780_22404139.jpg

この場所も、お天気が良いと格好の散歩ゾーン&注目スポットですが、
雨が降るとほとんど人影もありません。
a0143780_22424671.jpg

少し小止みになったので、出かけたのですが、雨よりも寒さに参りました。
a0143780_22434666.jpg

山鵜の好きな、一重の白梅は未だ満開だったのですが、メジロが寄り付く気配も無く
兎に角、何でも良いからシャッターを切りました。
a0143780_22454370.jpg

八重の紅梅は、確実に満開を過ぎ13分咲き、と言ったところでしょうか(涙)
a0143780_2250341.jpg

時折、メジロの団体にモズが威嚇をしてきます。散らされたメジロを見送って、早々に
退散した山鵜なのでした。
# by yamau-f | 2010-03-11 22:52 | メジロ | Comments(8)

雨のスパイラル

今日は久しぶりにジックリと鳥見ができる!と楽しみにしていたのに・・・
朝から随分本気で雨が降っており、戦意喪失です。
家事をやるには良い日和、家族の得点を稼ぐチャンスでもあります。
お天気であったら会いに行くつもりだった、ヤマセミ君の在庫からの登場です。
a0143780_23511832.jpg

この日は、番と思われるペアが入れ替わりお相手をしてくれました。
アップの写真を選んで今日は見てもらいましょう。
a0143780_2353856.jpg

ヤマセミは、面白い鳥で、相手が先に山鵜を見つけると
かなり距離があってもスーッと何処かへ飛んで行っちゃいますが
逆の場合は、結構側で遊んでくれる時があります。
a0143780_23552293.jpg

このペアは、男前の♂と、可愛い♀の組み合わせです。
今年は可愛い二世の誕生に出くわすかも!微かな期待を持って観察しています。
数年前に親子で評判になったファミリーでしょうかね。
それにしても、この♀の子は、鳥と言うよりチワワのような顔をしていて、
とても可愛い顔をしていました。
 週末の雨のスパイラル・・・年に何度かある巡りですが、来週こそ頼みますよ!
御天とさん!!!
# by yamau-f | 2010-03-07 00:02 | ヤマセミ | Comments(4)

爽やかな朝のイメージ

ここのところ短時間鳥見しか出来ず、若干ストレスが溜まり気味です。
昨日も朝のひと時を、MF周辺で過ごしました。
普段の静けさを取り戻したフィールドは快適でした。
a0143780_6451535.jpg

葦原で暫くシジュウカラを観察することにしました。
皆さんの朝の小鳥の囀りのイメージは、どの子の物ですか?
山鵜の”爽やかな朝のイメージ”は、シジュウカラの囀りがピッタリです。
実際は、休日の朝にはそれを聞く余裕がありますが、平日はカラスの鳴き声
の方が耳に付きます。気分的なもんですかね・・・(笑)
a0143780_6504841.jpg

ペアでガマの穂?の綿を啄ばんでいましたが、食事か遊びか良く分かりませんでした。
a0143780_6543141.jpg

正面から見た顔は、ホオジロガモに似ていました。
普段見かける鳥も、じっくりと見てみると、新しい発見があります。
a0143780_6581871.jpg

ところで、シジュウカラ=始終空と、文字って忌み嫌われると言う話は
あまり聞いた事がありませんね。
 以前、全日空が一日中空席とも取れる、とのことで機体から”全日空”と言う表示を
減らす?と言う話を聞いたような気がします。
 確かに、最近の機体には”ANA"のロゴの飛行機が多いように思います。
今、懐かしのモヒカンジェットが飛んでいますが、これには全日空と書かれていたような・・・
a0143780_741915.jpg

この写真の遥か後ろには、朱雀門があって、背景のボケをイメージして
写してみましたが、ボケボケで何だか分からなくなってしまいました。
# by yamau-f | 2010-02-28 07:11 | シジュウカラ | Comments(8)

恥ずかしいお話ですが・・・

ここのところ鳥見に行けてないので、今日も在庫から登場です。
何時もの葦原の、何時もの鳥さんです・・・のはずが、
見れば見るほど訳が分からなくなってきました。
a0143780_23484074.jpg

全てオオジュリンと思っていたのですが、
微妙に色合いも大きさも違う上に、表情が違うし
コジュリンか?シベリアジュリンか?なんて大それたことは
思っていません(珍しく本当に)
a0143780_23532055.jpg

恥ずかしい話なのですが、ひょっとしてこの子達はホオジロ?では
真剣に迷ってます。フィールドでホオジロを見ても、見分ける自身はあるのですが
写真を見ると????
a0143780_23582793.jpg

フィールドガイドを片手に、見れば見るほど深みにはまって行きます。
何方か、よきアドバイスをお願いします。
最後に、正真正銘のオオジュリンです。
a0143780_031161.jpg

そういえば、女子フィギュアはチョット残念でしたね。
特にミキティーには、アクセルはチョット厳しかったのかな?(意味深)
# by yamau-f | 2010-02-27 00:07 | オオジュリン | Comments(2)

カテゴリーが増えません・・・

ブログを始めて数ヶ月がたちました。カテゴリー(鳥種)が比例して増えていきません。
今回も以前登場したヨシガモです。
山鵜が鳥見を始めた頃は、色彩の鮮やかな可愛い小鳥が中心で
シギチ、水鳥はあまり興味がありませんでした。
a0143780_22371953.jpg

水鳥と言えば、ほとんどがカモにしか見えなかったのですが
じっくりとこの子達を観察していくうちに、魅せられて行ったのです。
a0143780_22392918.jpg

前回のヨシガモと、それほど差は無いのですが
今回は偶然陸に上がった子を観察することが出来ました。
a0143780_22412198.jpg

神様が与えてくれたのでしょうが、本当に色合いのバランス、模様、どれをとっても
素晴らしいと思います。
a0143780_22425756.jpg

贅沢を言わせてもらうと、もう少しすっきりとした陸に上がってもらいたかったなー
この陸は、ホテイアオイがお浸し状になった物だったので、いただけません。
このカモはナポレオンと言われるように、緑の部分がナポレオンハットのような
形をしていてユーモラスですね。外人バーダーさん達には、かなり人気のある
鳥さんだそうです。
# by yamau-f | 2010-02-23 22:53 | ヨシガモ | Comments(4)

喜びの伝え方

ブログで掲示されている皆さんの写真に比べると、完成度の低い山鵜の写真の中で
今回の写真は更に!かも知れません。
 今シーズン、11月末から常に鳥見をする時に頭の中にあったのはこの子でしたが
一度も出会いが有りませんでした。
a0143780_2237311.jpg

この時も出没の噂はあったのですが、夕暮れも迫りあきらめモードどころか、
実際に三脚をたたみ掛けていました。
a0143780_22411290.jpg

若干延着気味のハイチュウ♂の登場で、全ての視線がそちらに向いていた一瞬の空白時間に、
上空を見上げると、トンビに似た鳥がフワフワとbut直線的に頭上を通過しました。
a0143780_22452725.jpg

下から見た飛び方の特徴は、1回の羽ばたきが小さく、どちらかと言うとコウモリの
飛び方に似ている感じがしました。
a0143780_2249229.jpg

山鵜上空を通過後、旋回して葦原の杭に着陸しました。
ここまではデジ眼での観察、その後は少し離れた車に置いてあるデジスコに装備変更です。
当然のことながら慌てている為、思うように早変わりは出来ません。
こうした場面にしては、結構スムーズに行きました。トリプルアクセル成功!と言った
とこでしょうか(意味不明1)
a0143780_2254637.jpg

すでに5時半を過ぎていた上に、100mほどあったでしょうか?デジスコで写すのは
4回転半位の難易度です。真央ちゃん頑張れ!(意味不明2)
a0143780_22592829.jpg

何とか虹彩の黄色が分かるので、嬉しい出来栄えです。
こう言った喜びを伝える事って難しいですね!
a0143780_2353165.jpg

昨年の正月に、数百m先を米粒程度に見たのが初めてで、今回は2回目は豆粒の
出会いです。ホップ!ステップ!と来ましたから次は・・・・・・今年か、来年か、
何時になるのでしょうかね。
# by yamau-f | 2010-02-21 23:11 | コミミズク | Comments(8)

茶色いハイイロチュウヒ

一昨年から、ここは、シーズン中に数度は訪れるお気に入りのフィールドです。場所柄、山鵜のお出かけ条件に合った時の限定ですけどね。
11月後半から今回で何度になるでしょうか?結構有名な観光地も近いのですが、
そちらの方は、未だゆっくりと周ったことはありません。
a0143780_8572331.jpg

ここのフィールドは、午後になるとギャラリーが増えてくる事が特徴的です。
鉄道ファンがダイヤに合わせてやって来る光景を想像してしまいます。
a0143780_8594073.jpg

鉄道と言えば、以前は鳥の名前を付けた列車が多かったですね。懐かしいなー
はと、ひばり、はやぶさ、はくつる、つばめ、はくたか、白鳥、とき、・・・・
今思ったのですが、ハクタカって鳥は居ましたっけ?
ひょっとして、ハクタカとはハイイロチュウヒ♂の事かも・・・
a0143780_93339.jpg

皆さんお目当ては、”特急ハイチュウ♂”ですね。この子は、確かに列車のように
定刻に、ほぼ同じ場所を通過しますから。
a0143780_97124.jpg

山鵜は、時間が許す限り早く行って
他の鳥さんと遊べるのも、お気に入りの理由のひとつです。
水鳥や、葦にやって来る小鳥、葦元をうろつくクイナ・・・全く飽きません。
a0143780_99993.jpg

”急行ハイチュウ♀”は、本数も多く昼間も良く通過します。
時には間近を通過するので、慌てます。
それにしても、♀は茶色いハイイロチュウヒですが、ジェンダー的には問題ないのですかね(笑)
# by yamau-f | 2010-02-20 09:15 | ハイイロチュウヒ | Comments(6)

クジラの構文でしたっけ

ようやくMFの騒ぎが収まり、この子に登場してもらうことにしました。
もちろん、記念すべきライファーです(嬉)
止まった枝から、微動だにせず、スヤスヤと爆酔していました。
写真的にはお目目をパッチリと開いて、何か芸をしてほしいところですが、
この写真が本来の姿なので、満足です。
a0143780_2385336.jpg

フクロウの仲間は、夏の定番のアオバズクはお蔭様で毎年会うことができたのですが、
この子と、フワフワヒラヒラのコミミズクには縁がありませんでした。
a0143780_23122449.jpg

一説には、トトロのモデルはこの子である、と言う話も有るようですが、
ふっくらとした、このスタイルを見ると満更でもなさそうです。
因みに、山鵜もトトロと呼ばれることがありますが、少し意味合いが違うようです。
a0143780_23145834.jpg

滞在中に2度会う機会がありましたが、2度目は喧騒で少し場所を変えていました。
a0143780_23163056.jpg

それほど広いフィールドではないので、しっかりと餌を食べていたのか少し心配でした。
a0143780_2318879.jpg

顔のアップを見ていると、とても鳥とは思えません。
昔習った、クジラが魚でないのは、馬が・・・とか言う、クジラの構文(でしたっけ?)を
思い出しました。トラフズクが鳥でないのは、ネズミが・・・と思いましたが、
この子は鳥でしたね。
a0143780_23224967.jpg

2度目は雨模様で、薄暗かったので少し目を開いてくれましたが、眠たそうでした。
最後は、木を蹴られて、飛び立つところにカラスが・・・なんて話も聞きましたが
定かではありません。昼間に飛び立つとカラスの餌食になりそうな気がして心配です。
この子の愛嬌ある容姿には一目ぼれしてしまいました。
a0143780_23275857.jpg

# by yamau-f | 2010-02-18 23:32 | トラフズク | Comments(8)

無理なものは無理

主役の鳥さんの登場までは、灯台下暗しにならないように注意深く辺りを観察していると、山鵜の親戚の川鵜が水の中でもがいていました。
a0143780_23322793.jpg

うん?このオヒゲは?・・・久しぶりのナマズをこんな形で見るとは(涙)
可愛そうに川鵜の餌食になる寸前のナマズは、一縷の望みを求めて、助かるように念じていました。
正しく鯰です。
a0143780_23352846.jpg

ところが、このナマズは、以前登場したカワセミの咥えた小魚とは違い
40cmほどある大物です。簡単には飲み込まれないどころか、クネクネと抵抗し、
一時はカワが溺れそうになっていました。
a0143780_23374684.jpg

過去に、アオサギとカワウが、餌の大きさに負けて、お食事を放棄した場面を見たことがありません。
数分の格闘の末、咥えたナマズを大きく持ち上げました。胃袋に入る最終ステップです。
a0143780_2340414.jpg

自然界は食うか食われるか、と言いますが、やはり食われる方が必死であることに
間違いはありません。
a0143780_23413199.jpg

a0143780_2343416.jpg

ナマズの祈りが通じたのか?、はたまた単にサイズが大きかったのか?
いずれにしても、無理なものは無理なんです。
運よくカワウから開放さたナマズは、湖底に戻っていきました。ただ、長時間で受けた
ダメージがどの程度であったのか分かりません。
 最後のカワウの顔つきは、やはり好きになれないなー
a0143780_23465682.jpg

# by yamau-f | 2010-02-14 23:53 | カワウ | Comments(6)

色彩はダントツ!

昨日は、近場のフィールドも落ち着きを取り戻し始めましたが、少し足を延ばして山間のフィールドへ。
a0143780_1483572.jpg

今年は例年に比べて、オシドリの数が少なく心配していましたが、今日はMF含め、アチコチで出会うことが出来ました。そろそろ、移動の時期なのでしょうか?
a0143780_1503865.jpg

我が故郷のオシドリは、結構愛想がよくバーダーに愛嬌を振りまいてくれますが、
他で会うオシドリは同種とは思えないほど、警戒心が強く側には寄らせてくれません。
a0143780_1532878.jpg

おまけに今日は、流れの速い場所で、流れてくる餌を一生懸命に食べていたので、
鳥の動きと、川の流れで、デジスコでは厳しい条件でした。
a0143780_1551252.jpg

それにしても、野鳥には色々な色彩を持った者が沢山居ますが、色彩はダントツで
オシドリに軍配があがりそうですね。
a0143780_1573264.jpg

シロトビを避けるために頑張りましたが、コンデジでは限界なのでしょうか?
難しいですね。特に、日が差すとお手上げです。
a0143780_1591715.jpg

何とかペアの写真を!と思って撮影し、帰って見て見ると、少し組み合わせが変かも?
a0143780_21782.jpg

カイツブリに♂を奪われたこの♀の瞳は、涙で濡れていました(嘘)
撮影よりは観察の面白い、今日のオシドリ遊びでした。本当は15羽程の群れだったのですが
うまく撮れなかったのです・・・
# by yamau-f | 2010-02-14 02:10 | オシドリ | Comments(2)

凄まじい食欲!

またまたカワセミ君に登場してもらいます。先日ジーックリと観察できた男の子です。チーーーッと言う鳴き声と共に、池の対岸に止まりました。と、すぐにダイブで獲物をゲット!
a0143780_8374722.jpg

見事に獲物をゲットしました。ただ、少しこの子には大きすぎるような気が・・・
獲物はブラックバスかブルーギルの幼魚orモツゴ(クチボソ)かはっきりしませんが
兎に角大きすぎます。バチンバチンと小枝で何度も叩き付けていました。
a0143780_8411018.jpg

この行為は、魚を殺すためと思っていましたが、お魚は明らかに昇天しているのに
執拗に叩き付けていました。
 どうやら、飲み込み易くする為に、骨を砕いているようでした。
a0143780_8434671.jpg

15分ほど頑張っていたでしょうか?ようやくゴックンです。
飲み込んだ後は、まるで枇杷の実のよう体型になってしまい、とても飛べるようには思えません。
a0143780_8464930.jpg

当然暫くは食後の休憩を取って、今日のお食事は終了と思っていると
なんと!早くも次の獲物を狙う体勢に・・・
a0143780_8501719.jpg

今度は、先ほどより小さいもののマタマタ獲物をゲットし、ゴックン!
天気によっては一日中獲物に有り付けない時もあるのでしょうか。
この凄まじい食欲には、さすがの山鵜も”参りました”
# by yamau-f | 2010-02-11 08:57 | カワセミ | Comments(8)

幸せの青い鳥

平和の象徴の鳩、赤ちゃんを運んでく来てくれるコウノトリ、幸せの青い鳥、不苦労とも言われるフクロウ・・・古今東西を問わず人間の生活に鳥達は様々な場面で密着していますね。猛禽を見て文字通り猛々しいと感じ、小鳥達を見て可愛いと感じるのはバーダー以外でも然程差は無いと思います。ただ、アリスイを見て可愛いと言うのは、やはりマニアックなのかもしれません。
a0143780_2251810.jpg

ルリビタキ、この子をジックリと観察できるのもバーダーならではの特権かもれません。
足元から飛び立っても、こんな鮮やかな青い鳥が身近に居ることを知らない人は多そうです。
a0143780_2274250.jpg

それが証拠に、通りすがりのハイカーに画像を見せてあげると殆どの方々が声を出して
感激されることが多いように思います。(オオルリも同様に)
a0143780_2293748.jpg

可愛い表情に加えて、やはり”青い鳥”=幸せ、が定着しているのでしょうか?
山鵜も皆さん同様に、この子には何度会っても嬉しいものです。
a0143780_22123842.jpg

皆さんも感じておられるかもしれませんが、この鳥さんは色々なポイントで撮影が出来ていて、尚且つピントが
結構合っています。(山鵜の割には・・・)
a0143780_221459100.jpg

この場所のルリビタキは、すっかり人馴れしてしまっていて、ゆっくりと撮影させてくれる俳優さんに
なってしまっているのです。
a0143780_22184813.jpg

飛来直後と違い、少しメタボ傾向にもなってしまったようですが、滞在も後1ヶ月少し
でしょうか?元気に残り少なくなったステイを送ってもらいたいものです。
# by yamau-f | 2010-02-07 22:27 | ルリビタキ | Comments(8)

寒さも吹っ飛んで・・・

今日は山間の鳥さんに会う為に朝から出撃!家を出るときから晴れ間はあるものの冬らしい雲行きでした。
途中まで出かけましたが、雪も降り始め先行きが少し不安に・・・。以前であれば行ける所まで、と頑張ったのでしょうが、”太陽に吠えろ”並に、車をUターンさせてターゲットを急遽変更しました。
 以前、振られた未見のツクシガモを探しに行くことにしました。
a0143780_22572491.jpg

奈良には、御陵のお堀やため池、と言った水鳥のフィールドになるポイントは沢山あるのですが、人間には分からない尺度で滞在先を決めるようですね。
a0143780_2304313.jpg

この場所も、決して物静かと言うには程遠い場所なのですが、結構長い間滞在してくれているようです。
a0143780_2315914.jpg

ペアなのかどうかは良く分かりませんが、仲良くシンクロしながら泳いでいました。それにしても今日は寒い上に風が強く、集中力がツクシガモせんでした。
a0143780_235367.jpg

決して”珍鳥命”のスタイルではないのですが、やはりライファーに出会えるとテンションがあがります。
出会った瞬間、寒さも吹っ飛んで・・・と、言いたいところですが、そうは行きませんでしたが(ブルブル)
a0143780_2385863.jpg

同じような写真ばかりですが、ライファーの時は、こんなもんだと思っています。満足満足。
# by yamau-f | 2010-02-06 23:15 | ツクシガモ | Comments(8)

かわせみ 翡翠 カワセミ

日本語には平仮名、漢字、カタカナと、同じ単語でも色々な文字で著す事が出来ますが、それぞれの文字から受けるイメージは微妙に違うように思います。撮影した時の状況や、出来上がった写真からのイメージ・・・皆さんはどのような使い分けをされていますか?今回は先週末に近くのフィールドの池周辺の葦に止まった翡翠を逆光、無理な体勢から頑張った写真です。
a0143780_23211166.jpg

結構長い間止まっていたので、二刀流を駆使してみました。
a0143780_23223980.jpg

二刀流と言うと、素早くデジスコとデジ眼を使い分けているように聞こえますが、焦りと、不手際で実際はバタバタです。二刀目をセットし終わって鳥さんを見ると、居ない事が良く有ります(汗)
a0143780_23255191.jpg

池の縁でペンギンさんのように起立をしているカワセミも居ました。そろそろ恋の季節が近づいてきたので
綺麗な色が出てきたように感じます。出来れば木の枝に止まってもらいたいのですが、これもまたヨシとします。
a0143780_23334748.jpg

以前T.Mさんのブログに登場したお行儀の悪いカワセミにも再登場してもらいます。何度かトビ物を撮ったことはあるのですが、ピントが結構合っているのでそういう意味ではお気に入りの写真です。
a0143780_2337915.jpg

最近結構かわせみの姿は増えたようにも思います。いくら増えても、この鳥が現れてレンズを向けないバーダーは希少ですね。この色はやはり究極の天然色かもしれませんね!
a0143780_23401338.jpg

# by yamau-f | 2010-02-05 23:42 | カワセミ | Comments(2)

世界最大?

昨日は最高に良い天気でしたが、終日野暮用で鳥見も鳥撮りもお休みでした。今日は予報では、午前中は天気が持ちそうだったので、朝から・・・と思っていましたが、朝起きるとシトシト雨が降っていました。
二日続けて鳥見をしないと、身体に悪いので、撮影はあきらめ気味でしたが、取り敢えず出かける事にしました。
a0143780_14284244.jpg

突然、全く関係の無い写真登場です!今の時期になると、ご近所のオバアチャンから頂く柑橘系の果物です。”晩白柚”(バンペイユ)と言うそうですが、素晴らしい香りが部屋中に漂い、数週間香りを楽しんだ後、食べて楽しめるため存在感抜群です。世界最大の果実とも言われているようですね。
a0143780_14334987.jpg

少し遊んで撮影を!と写してみましたが、如何に大きいかを伝えようと考えてみましたが、いざとなると
イメージが湧かず、表現力の乏しさに落ち込む結果になってしまいました。
 確か週末に鑑賞できたお月さんは、一年で一番大きかったようですね。写真を撮るつもりでしたが、忘れてしまったので”晩白柚”に代役になってもらいました。
a0143780_1441176.jpg

またまた、突然写真が変わりすみません!
この写真は、山鵜の在庫からの登場でしたが、今日いつものフィールドで水鳥を観察していると、数羽のコサギが上空を舞っていました。と、背後からオオタカの成鳥がそこへ突入!
 一羽のコサギを捕まえ池の中へ!暫く獲物を押さえ込んだままオオタが水鳥状態で浮かんでいました。
あわててカメラを!残念ながら獲物を手放し飛んで行ってしまいました。
 暫く水面で仮死状態のコサギでしたが、数分後に飛び立ちました。
a0143780_1448356.jpg

この時を待っていたように、再度オオタカの登場でしたが、カラスに阻まれ九死に一生を得た
コサギは飛んでいきました。目前の出来事に、山鵜も山鵜女も目が点に!
自然の厳しさを目の当たりにした瞬間でした。
# by yamau-f | 2010-01-31 14:56 | オオタカ | Comments(8)

ノスリ大好き!

今の時期は猛禽の観察にはベスト、と言うこともあってフィールドでは様々な猛禽に出会えるシーズンです。
所謂”トビ物”はトビくらいしか山鵜のターゲットにはならず、ノスリも未だに大きく撮ることは出来ていませんでした。
a0143780_21344759.jpg

結構そばの低木に止まっていたようですが、山鵜の姿に驚いて飛び立ちました。
この時も、他に違わず、カラスの執拗なモビングに会っていました。
a0143780_21371114.jpg

良く見るカラスのアタック姿ですが、見ているこちらがイライラする位ですから、当のノスリにしてみれば
相当なストレスが溜まっていたのでは?と感じました。
こうやって見てみると、カラスのトビ物写真は相当手強そうですね(笑)
a0143780_2139493.jpg

aosagiさんのブログにもありましたが、猛禽と言うカテゴリーに入れるにはチョット物足りない猛禽
ですねー。特に杭に止まったこの姿は、パッとしません。この写真を見て気が付きましたが、
ノスリの尾は結構短く、”チンチクリン”と言った感じです。
a0143780_21422598.jpg

日の入り間際bにやってきたこのノスリは、明らかに山鵜がターゲットのようでした!
写真でも分かるように、目線が完全にこちらを向いています。
a0143780_21441984.jpg

トビ以外の猛禽で、これほどゆっくりと撮らせてくれたのはノスリが初めてです。
一気にノスリ大好き!になってしまいました。おまけに、夕日に映える赤ノスリ、良いと思いませんか?
# by yamau-f | 2010-01-29 21:49 | ノスリ | Comments(0)

灯台下暗し・・・

葦原へ鳥見に行く目的は、広大な景色の鑑賞とそこを優雅に飛翔する猛禽たち、と言うのが大抵の山鵜の行動パターンです。それに加えての鳥撮りなのですが、今回は以前から気になっていた足(葦)元にやってくる鳥達に目を向けてみました。ホオジロやオオジュリンは姿を確認していましたが、鳴き声と藪中の姿しか確認できなかったベニマシコがポーズを取ってくれました。
a0143780_7271879.jpg

この子に会うと、良寛の長歌「月と兎」の一節 ましとをさぎときつにとが・・・を思い出します。
猿の顔に似ているからマシコ、と言う名前がついたようですが、色から言うとお尻の方が・・・
(ベニマシコごめん!)
a0143780_7311651.jpg

以前、同時に二羽ゲット出来ると「タマゴに黄身2つ・・・」と言う表現を使いましたが、今回の出会いは
「黒豆を同時に二つ、箸で摘めたような喜び」がありました(意味不明)
a0143780_7345899.jpg

今年は、赤に磨きのかかった夏の囀る姿を写してみたい!と思っています。
a0143780_7381498.jpg

葦原には定番のオオジュリンですが、偶にやってくる団体さんの中に、この子達のsmall sizeの
種類を以前見かけたのですが、今日は出会えませんでした。
a0143780_7404010.jpg

年が明けて、少し日が長くなってきましたが、鳥達の地鳴きの声も微妙に変化してきたようですね。
少し地鳴きに”こぶし”が付いて来たように感じます。ホーホケヨッ!も時間の問題ですね。
a0143780_7471536.jpg

最近あちらこちらで葦原再生への取り組みが行われているようですが、大いに期待したいものですね。
a0143780_7503659.jpg

# by yamau-f | 2010-01-24 07:54 | ベニマシコ | Comments(10)

鳥撮り5周年!

早いもので、山鵜の鳥撮り歴も明日から6年目に突入です。最初はネットや本で、色々と検索しながら機材を揃えましたが、三脚の重要性を認識しておらず失敗した事を思い出します。”山鵜”と言う名前は、ウミウやカワウに対抗して名付けましたが、”ヤマセミに会いたいが、どうしても会えない!”と言う意味合いでもありました。
 あれから5年、近い遠い、機嫌が良い悪い、アッチ向いてるコッチ向いてる・・・色々な場面は有りますが、ヤマセミに会える頻度は随分UPしました。
a0143780_16443676.jpg

山鵜にとってこの子は、好感度がかなり高い、大好きな鳥のひとつです。色合い、もったいぶらせ度、仕草、習性、どれを撮っても毎回違った感動を与えてくれます。この時のこの子は、林の中の狭い隙間からの撮影で、すっきりとはしていないのですが、結構お気に入りのショットです。
a0143780_1648358.jpg

デジスコの時、デジ眼の時、それぞれの楽しみ方が出来るのも魅力のひとつです。
a0143780_16512316.jpg

理想的な構図はあるのですが、何時になったらそういう場面に出くわすのか?いつもワクワクしながら出かけますが、何時も振られます・・・。時々飛んで行って、帰ってくると♂♀が入れ替わっていることがあるので、理想のペア物の可能性はあるはずなんですがねー
a0143780_16555171.jpg

この子は冬鳥でも、渡り鳥でもないのですが、山鵜にとっては冬鳥のカテゴリーに入ってもらっています。
木々に葉が茂ると、とてもじゃないけど見つけることは出来ません。加えて臆病なので、川遊びの人達が出てくるシーズンは、どこかでひっそりしているようです。
a0143780_1712198.jpg

たった5年間でも、消えてしまったフィールドや、例年の再開が途切れてしまった渡り鳥、色々と変化がありますが、これからも遊んでもらいましょう!
# by yamau-f | 2010-01-17 17:11 | ヤマセミ | Comments(10)