山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

変化もなく

これから年末にかけてバタバタしそうなので、週末は連日ヤマセミ遊びを
してきました。ここのヤマセミは行動範囲が狭く、山鵜には打って付けの
ポイントなんですが。できる事なら炬燵に入って、ミカン食べながら
撮影できるとこ無いですかねー。鍋とは言いませんから。
 本来は日の出前に到着して気づかれないように身を潜めると良いのですが
若干寒さに躊躇して出発が遅れました。
 明るくなったポイントでソロリそろりと、撮影ポイントに移動のはずでした。
が、一歩足を踏み入れると、なんと頭上にヤマセミ君が鎮座。あっと言う間に、ケラッと一声残して飛んでいきました。
ハイ、この日の目論見はすべて台無しです。 一度見つかると常にチェックされるのでダメですね。
a0143780_11542192.jpg
せっかく来たので帰るわけにもいかず、しばらくお地蔵さんをすることに。
遠くでヤマセミがホバリング→オサカナゲット→岩で引っ叩き→飲み込んで
→水浴び→まったり  少し大きな獲物をとると、水面すれすれをまるで
ハリオアマツバメのように飛び回りますが、遠くでやってました。残念。
 凹んでいると目の前でドボン!カワセミが大きめのオイカワをゲット。
ピントを合わせた時には飲み込んだ後。こんなもんですね。ダメなときは。


by yamau-f | 2016-12-13 20:41 | カワセミ | Comments(0)

例年に戻るのでしょうか

昨年、一昨年と、この時期はコミミズクの登場で山鵜の年末鳥見スタイルが
崩れていました。今年は、コミミズクフィールドの状態も芳しくなく
残念ではありますが、この時期の例年の鳥見スタイルに戻るのかもしれません。
例年のスタイルとは・・・
基本的にはヤマセミ籠りですね。既に数度撮影には行っていますが
数はまずまず居てくれそうなので、後は行動パターンの把握です。
a0143780_09382408.jpg
未だ紅葉した葉が残っているので、ヤマセミを発見するには少し
時間がかかります。もう少し冬枯れの景色になってくれると
際立つ白さで山鵜にも発見できるのですが。
 この時もようやく発見したのは良いのですが、お食事後は
見事にまったりとしてくれました。
ヤマセミも、アカショウビンも、カワセミも、食事後まったり
が始まると恐ろしく動きませんからねー。
スマートな体がだんだん丸くなり、この写真のように鏡餅状態
になるとお手上げです。
a0143780_09464985.jpg
まったりが突然スマートになることがあります。
この時は、相棒がこの子の下を通過していきました。
 通過した子は少し下流で、ホバリング&お魚ゲット、山鵜
はそちらの方が撮りたかったのに、残念でした。
ヤマセミの面白い習性ですが、まったりしている時に猛禽類
が登場すると、確認しやすい岩や枝に敢えて出てくるようです。
 確かに、相手が見えている方が逃げやすいかもしれません。
賢いですね。
 
a0143780_09550369.jpg
同じ場所での写真三枚、手抜き写真に見えますが、2時間以上の力作なんです・・・
写真から、相棒が右から左に飛んで行ったことが分かってもらえますか?
この後、またまったりしていました。
 少し変化のあるヤマセミ撮影が今冬のテーマかな。

by yamau-f | 2016-12-08 20:19 | ヤマセミ | Comments(2)