山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オオルリ コマドリ そして

日本三鳴鳥の中で最もなじみのある鴬
普段は薮の中にいて中々お目にかかれません。
ただ、時々目立ちたがりの子が居ます。
この子はまだ幼そうで、怖さを知らないのか?
この枝でよく囀っていました。
今年生まれ?にしては上手に歌っていました。
年を取ったから、と言って歌が上手くなるわけでは
有りませんけどね。
カラオケで山鵜が歌いだすと、トイレに立つ人が増えます・・・
これ、昔も今も同じですから。
a0143780_21302386.jpg

他の鳴鳥に比べると、喉にある鳴袋が発達しており
囀るとよく目立ちます。
雛には餌を貯める餌袋がありますが、
それによく似ています。
鴬は三鳴鳥の中では見た目は極端に地味です。
汚い、とは言いませんが、綺麗とは言えません。
他の子の希少性に比べると、この子は目新しさも
有りません。ただ、鴬ほど文学界、芸術界、音楽界
に登場する鳥もいないかもしれません。
a0143780_2141184.jpg

7月最後の記事は鴬としました。
ただ、鴬は春の季語
別名,春告鳥、初音、経読鳥・・・いろいろあるようです。
我が家では真夏でも周辺の薮の中からホーホケキョ、と聞くことができます。
今年はホトトギスの飛来も少なく(山鵜の勝手な感想)
来春はそこらじゅうで鳴き声が聞けるかもしれません。
a0143780_21492889.jpg

数日前から本格的な夏に突入したようですが、
日が少し短くなり、セミの亡骸が目立ち始め、
そろそろ秋を感じるのは山鵜だけでしょうか。
因みに、2枚目がホーーーー
3枚目がホケキョのケの場面です。
キョは撮れませんでした。残念
by yamau-f | 2016-07-31 21:23 | ウグイス | Comments(2)

赤い余韻

今年の赤い子シリーズ、コマドリ編もこの記事で終演です。
春先に都市公園にやって来て、バーダー達に愛嬌を振りまき
繁殖地に移動して相方を探し、営巣し、育雛し、雛たちが巣立つ、
が今でしょうか。
これからは親たちは子育てに消耗した体力を回復するために、
雛たちは海を渡れる力を身に着けるために、養生と成長の時期なのでしょう。
まだ暫くは遊んでくれるコマドリですが、おそらく次回会うのは
来年の春になるのでしょうか。少し寂しい気もしますが仕方ないですね。
a0143780_197669.jpg

自分たちで採餌できるまでは親たちの責任、
せっせと巣立ち雛に餌を運んでいました。
健気に親の務めを熟すこの子達を見ると
本当に感動します。
a0143780_20401247.jpg

クマザサに潜っての撮影、夏が近くなると虫が増えてきますね。
ブヨ対策とメマトイ対策、皆さんはどうしていますか?
山鵜は、自家製のハッカ水とプロ仕様の森林香が必須です。
いずれも臭いの効果なのですが、いずれも洗濯では簡単に
取れません。特に森林香は臭いのきつい蚊取り線香の
様なものなので、服も車も懐かしい夏のにおいが充満しています(笑)
殺虫効果はないようなので少し安心です。
山鵜が行く山にはヤマヒルが居ないのが救いです。
あれにやられると、大変なことになりますからね。
a0143780_20505872.jpg

静かな森に響くコマドリの囀り、
来季はそれが伝わるような絵を
理想に頑張ってみたいと思います。
それでは来季まで
by yamau-f | 2016-07-27 20:53 | コマドリ | Comments(2)

赤い満足度

コマドリを何年も追いかけていると日本滞在時の
パターンが見えてきます。
時々、この時期に尾羽をピクンと上げた作品を拝見すると
???この時期に珍しいなーと、思ってしまいます。
このポーズ、縄張りや相方を他の子と争うときによくする
ポーズなので、ほぼ育雛も終わったこの時期にはそうそう見られません。
この時期に既に決まった縄張りに侵入してくる輩はそうそう居ませんからね。
でもこのポーズは山鵜の理想の絵でもあるんです。
いつ写せるかなー
難易度が高いと思われがちなコマドリですが、
到着直後の縄張り宣言、他の♂との歌合戦、営巣や育雛が始まると
縄張り巡回、他の鳥たちと違い秋口の日本を去る時まで囀ってくれるので
ポイントさえ分かれば見つけやすい鳥です。
a0143780_23394234.jpg

以前、春先の♂同士の取っ組み合いの写真を掲載しました。
これはこれで、出会いの瞬間としては二度と見られない
シーンだったので嬉しかったのですが、絵的な満足度は
低かったです。
絵的な満足度、ってどんなのでしょうか。
あくまでも自己満足度なので、理想の絵にどれだけ近いか、
これが満足度でしょうか。
過去に数千枚は撮影したコマドリですが来年への意欲=不満足度
なのでしょうね。既に来年の計画を立てているところを見ると
まだ満足していないようです(笑)
a0143780_23492859.jpg

背景は気に入っているのですが、モデルのポーズがいまいちですねー
今季登場したコマドリは4個体、数としてはまずまずでした。
ただ、シーンは少なく早くも赤いシリーズコマドリ編、次回が
千秋楽です。
赤いシリーズ第二弾、もうしばらくお待ちくださいね。
by yamau-f | 2016-07-24 21:28 | コマドリ | Comments(2)

赤い中断

久しぶりの初対面、ライファーと言うのでしょうか。
チゴモズに会うことができました。
鳥見先輩はチゴハヤブサと言う珍しい子を鮮明に撮っておられますが
山鵜はサイズの小さいチゴモズで辛抱しておきます。
この地で一生懸命に子育て中、頻繁にエサを運んでいました。
エサの大きさや頻度から考えると、巣立ちも時間の問題
4羽前後は育っているように見えました。
a0143780_21383270.jpg

運ばれるエサはほとんどが昆虫、セミやカマキリにコオロギにバッタ
が多かったですね。モズの習性なのか、尖った枝に早贄のように突き刺して
解体して運ぶ場面も観察できました。
a0143780_214171.jpg

かなり頻繁に運んでいるのですが、よくよく見ると
運んでいるのは♂ばかり。状況からすれば♀も運んでもよさそうな
場面です。♀に何かあったのかも・・・ 心配です。
a0143780_21433851.jpg

それにしてもこの子、魅力的な色彩ですねー
めったに会うことはないのでしょうが、くっきりすっきりと
撮りたい鳥ですね。
次回は何時会えることやら。
a0143780_21455291.jpg

赤いシリーズを中断して登場してもらいました。
こういう出会いは嬉しいですね。
by yamau-f | 2016-07-20 21:33 | チゴモズ | Comments(4)

赤い鮮明

例年この時期に登場するコマドリ
以前も書きましたが進歩も変化もない写真ばかり・・・
でも、相手は自然、おまけにペア写真が撮れる種でもなく
撮影地もそれほど変わらないので仕方なし、と割り切っています。
デジスコ撮影が多いので、飛びものがあるわけでもなく
と言うか、コマドリの飛びものに興味があるわけでもなく・・・
とブツブツ思いながら投稿しています。
a0143780_1025182.jpg

たまに趣向の違う場所に出てきてくれるのが
嬉しい出会いです。
河原に餌を求めて?水浴び???? この子も昨年会ったような。
枝どまりでもソングポストでも無く、少し新鮮な絵です。
a0143780_10273795.jpg

少し根性を入れて鮮明に撮ってみました。
少ないチャンスで鮮明さを狙うと失敗することが多いのですが
今回は少しましかな。ピントを合わせている間に居なくなる、事が多いのですが。
セーフっ!と言う感じです。
a0143780_10304830.jpg

いい具合に光線が入った時のコマドリの赤(オレンジ)は
そりゃもう本当にきれいです。
by yamau-f | 2016-07-18 19:21 | コマドリ | Comments(2)

赤い再会

お待たせしました(だれも待ってません)!山鵜の夏の定番
赤いシリーズの開幕です。
昨年は春先から地元のフィールドで快調だったのですが、
今年はタイミングを逸してしまい開幕が遅れました。
しかもぶっつけ本番、出会うことができるのか?ドキドキでした。
今年も重たい機材を担いで峠に向かいました。
この過酷さは、体力的にあと数年しか無理かも・・・
a0143780_21131474.jpg

当地では,この時期はホトトギスの鳴き声がよく聞こえるのですが
今年は全般にホトトギスは不調ですね。我が家から聞けるホトトギス、
今年は1回きりでした。
したがって、ここの森の中からはコマドリの声だけが響き渡ります。
最初に出会ったこの子、おそらく昨年と同じ子だと思います。
昨年よりは少し色合いがはっきりして男前になっていました。
参考に昨年同じ場所で出会った若♂です。
色合いがまだまだ若々しいですね。
a0143780_21172571.jpg

リラックスしているコマドリは以前も書きましたが
片足で囀ることがよくあります。この姿が正しく天然コマドリです。
絵的には両足で踏ん張ってくれる方が好きなのですが、このスタイルで
10分以上変化がありませんでした。
a0143780_2120979.jpg

さて、今年はどんな出会いがあったのでしょうか?
先ずは出会えたことで、後々の撮影には余裕ができました。
今年は昨年より出かけた時期が遅いうえに、暖かくなるのが
早かったので巣立った後のようでした。巣立ち雛に給餌に一生懸命な
親鳥たちを観察することができました。
つづく
by yamau-f | 2016-07-13 21:07 | コマドリ | Comments(4)

焦ってます、色が褪せてきました。

昨年はコアジサシ、それより以前はタマシギ、と遊び相手の少ない
この時期に付き合ってくれた鳥たちですが、今年は
どの子も遊んでくれません。
鳥見を始めてからこの時期にタマシギに会えていないことは
一度も無かったのですが、今年は皆目ダメです。
山鵜の探し方も悪いのでしょうが、最近畔に撒かれている
除草剤の影響では?と勝手に思っています。
そんなこともあって、アマサギにレンズを向ける機会も
多いのですが、こちらもそろそろ色が褪せてきました。
a0143780_20491229.jpg

数年前まで近くの池の端にコロニーがあり
全てのサギたちの写真が思う存分撮れたのですが・・・
婚姻色のアマサギ、よくよく見ると綺麗ですね。
羽色が白の婚姻色の子が居ました。
少し得した気分です。
a0143780_20564088.jpg

アカショウビンやブッポウソウの子育ても終盤
野鳥の世界はそろそろ秋の気配でしょうか。
a0143780_21112289.jpg

でも週末はタマシギを求めて彷徨う
山鵜です。
by yamau-f | 2016-07-10 22:35 | アマサギ | Comments(2)