山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最終章です

ずいぶん長く引っ張ってしまいました。
道東鳥見旅行、2月の最終日をもって最終章にします。
この子以外には、クロガモやウミアイサといった水鳥
ミヤマカケスにも会いましたが今回は登場なしです。
どこの港に行っても会うことのできたコオリガモ
アオー アオナと鳴く声は物悲しくもありますが
最果ての地では旅情にアクセントを加えてくれますね。
クロガモ、コオリガモ、特に素敵です。
a0143780_22205983.jpg

日本名のコオリガモ、これは氷を彷彿させるからこの名前になったそうです。
英名は尾が長いので直訳するとオナガガモになってしまいますね。
ちなみにオナガガモはノーザンピンテールと言うそうです。
以前の道東旅行でも撮影したのですが、時間がなくても
見ると時間を忘れて撮影してしまいますね。
年末の道東はとにかく日が暮れるのが早く、昼過ぎには
既に日が傾いた感じなので撮影可能時間が極端に短いのです。
a0143780_2237457.jpg

尾は長いが日は短い・・・ 関係ないですね。
近所の居酒屋に「字はまずいが、魚はうまい」という看板を出している
店があります。こう書かれると何だか行ってしまいたくなる単純な山鵜です。
a0143780_22394421.jpg

最後の画像は♀のコオリガモです。
年末には少し恋の季節も始まりペアでいることも多いのですが
うまくペア写真は撮れませんでした。
今頃は、恋の季節もピークに近付き、アオーアオアオーー アオナアオナ
とちょっとやかましいかも、ですね。
長らくお付き合いいただいた道東編冬、これにて終了です。
次回は今年末かな・・・
by yamau-f | 2016-02-29 23:10 | コオリガモ | Comments(4)

ほんまかいな

古新聞になりつつある道東編ですが
今回はシノリガモの登場です。
現地ではカメラを向ける人も少なく、珍しくも無い
のでしょうが、山鵜にとっては丸一日遊んでも
足りないくらいのインパクトのある鳥です。
a0143780_13575159.jpg

色合いの鮮やかさはオシドリといい勝負ですね。
ところで、シノリガモの名前の由来を調べてみると
こんな話に出会いました。
♂成鳥の横から見た模様(白い部分)が
シ ノ リ と見えるので
シノリガモとなったとか。・・・・ほんまかいな!
もう一度見てみましょう。
a0143780_14132.jpg

いくら字の下手な山鵜でもこんな字は書きません。
シ ノ リ と言うよりは、???
文字には見えませんね。
a0143780_14155730.jpg

♀2羽ですが、この子には可哀そうに背中に釣り針が・・・
痛々しいですね。釣り針は、カツオの一本釣りやヘラブナ釣り用の
針は返しが付いていないので外れやすいのですが
漁で使う針には基本的には返しが付いています。
目的は外れにくくするため・・・ 
自然に錆びるか何かで外れると良いですね。
a0143780_1420056.jpg

若♂にも出会いましたが、やはり完成度はまだまだ。
完璧な色彩になるのは数年かかるのでしょうね。
a0143780_14234742.jpg

シノリガモの理想の構図は荒波の上を一列に並んで
飛翔する姿や荒波で波乗りをしている姿なのですが
べた凪に横一列も悪くないですよね。   ね。
しんしんと雪が降ると海はべた凪、吹雪の海とは別人です。
a0143780_1427138.jpg

この港には沢山のシノリガモが居たのですが
運よく防波堤に隠れていると近くに寄ってきてくれました。
こういう時に時間に制限があると悔しい思いをします。
今年の年末再挑戦かなーーーー
a0143780_14332736.jpg

潜水するカモは結構潜水距離があるので思いもよらない
所から浮上します。
どのバーダーさんの写真にも、潜る寸前の写真はありますが
浮上直後の写真はありませんね。誰か挑戦してみませんか?
ここのところ週末は雨に見舞われるので遊べていません。
鴬もそろそろホーホケキョと歌い始めました。
野鳥の世界は既に春突入です。
by yamau-f | 2016-02-21 19:54 | シノリガモ | Comments(2)

御一行様

今日はStバレンタインデーとか。
恵方に向かってキットカット食べるのでしたっけ。
ハローウィンとか、洋物の行事が次々と定着しつつありますね。
もう一度、桃の節句とか、端午の節句とか、お花まつり、とか
見直してみませんか。
山鵜は歴史とか、伝統とか、もう少し大事にしたいな、
と思う事がよくあります。
例年3月初めごろに出会うことがある御一行様に早くも
今年は遭遇しました。
a0143780_17425219.jpg

数えたところ総数31羽の団体さんでした。
ほかの鳥たちより密集して移動するので
遠くから見ると少し異様な感じです。
200m以上離れているので画像はそれなりです・・・
a0143780_17451441.jpg

すこーしだけ夏の装い気味の子もいますが
今回はまだまだ冬着でした。
近くで撮ってみたいですが難易度は高いです。
by yamau-f | 2016-02-14 20:36 | ハジロカイツブリ | Comments(0)

いったい  第二弾

あなたはだれですか?
決してややこしい子を探しているわけでは無いですが・・・
目立ちますよね。この子。
恐らくマガモ♀の白化だと思うのですが
a0143780_1948532.jpg

基本的にはマガモ達と行動を共にしていたのですが
周囲にはキンクロハジロ、コガモ、オオバンも居ましたが
どれも当てはまりません。
a0143780_19523446.jpg

過去に出会った白化個体
ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、スズメ・・・
結構居るモンですね。
いったいシリーズ、これにて終了・・・かな。
by yamau-f | 2016-02-09 20:05 | マガモ | Comments(0)

鴨はかもでも

山鵜の鴨類の過去記事の中で一番良く登場するのは
紛れも無くホオジロガモです。
鴨はカモでもホオジロガモは別格です。
わざわざ北海道まで出掛けて撮らなくても・・・
と思いますが、運悪く近場で見つけてしまいました。
発見と同時にスイッチオン
a0143780_22393228.jpg

♂♀のペアでゆったりのんびりと。
べたなぎの雪が降りしきる湾内で
堤防に隠れながら一頻り遊んでもらいました。
何度見ても好きだなー ホオジロガモ。
a0143780_22421046.jpg

雪が降っても風がないと池のような海になりますね。
色が悪いのは仕方ないです。
多いときは10羽単位で居る事もあるのですが
この時期は難しいのかもしれません。
a0143780_22441115.jpg

次回行っても間違いなくスイッチオンでしょう。
鮮やかな白、深い緑、赤い脚、お洒落です。
深い緑を如何に写すか、これが難しいのです。
未だに満足写真はありません。
a0143780_22471975.jpg

一度潜ると結構長い距離を移動するので
潜る、出る、探す、構える、潜る、探す、構える、写す    が  潜る。
のんびりした時でないとデジスコではお手上げです。
a0143780_22503329.jpg

北海道に限った話ではないのでしょうが
漁港で出会う鴨たちに釣り針の刺さったものを良く見ます。
前回のホオジロガモの記事の子は嘴に釣り針が
今回も背中に釣り針の刺さったコオリガモを2羽見つけました。
釣り針が錆びて自然に外れてくれると良いですね。
by yamau-f | 2016-02-07 19:35 | ホオジロガモ | Comments(2)

渋い

今日は立春、暦の上では春ですね。
外で遊んでいるので、日が長くなったり影の長さが変わったりで
季節を感じることが出来ます。鶯が鳴きだすのも、鼻水が出始めるのも
時間の問題ですね。
北海道には流氷もやってきたようで野鳥撮影冬バージョンも
いよいよクライマックス、これから出掛けられる皆さんが羨ましいですね。
a0143780_20213771.jpg

オジロワシ、オオワシに比べると地味ですが渋さが素敵な鷲です。
今回は飛翔のアップを記事にしてみました。
こちらに居るとオオワシより出会う機会が無いので
頑張って撮って見ました。近付いて来る姿を撮るのは
難しいですね。
a0143780_2025614.jpg

大きさもオオワシより一回り小さいですが、それでも
迫力満点です。北の大地で飛んでいると大きさは
感じませんが、これが地元で飛んだら大騒ぎでしょうね。
a0143780_2029171.jpg

今回の道東旅行は前回も書きましたが
お馴染みさんばかりの撮影でした。
あわよくばユキホオジロ!と思いましたが
見事に次回のお楽しみに・・・
シマエナガ、ユキホオジロ、ギンザンマシコ、・・・・
まだまだ課題が沢山!今年も同じ時期の訪問を考えていますが
時期的に少し早すぎるのが悩みどころです。
a0143780_20324316.jpg

運よく行った時は寒波の影響で氷点下17℃まで下がりましたが
今は20℃越えているようですね。
通勤時の0℃は許せないのに、現地での-17℃は許せるのは何故かなー
旅行のときの朝ごはんは美味しいのに、出勤前の朝ごはんは食べる気が起きないのと
同じですね(意味不明)
by yamau-f | 2016-02-04 20:21 | オジロワシ | Comments(0)