山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あれよあれよ

と言う間に秋分の日も過ぎ秋真っ最中になって来ましたね。
赤い子の後は例年はシギやチドリ、タマシギを追い掛け回すのですが
あまり良い出会いも無くシーズン終了のようです。
a0143780_20351379.jpg

例年は出会いも多く雑に撮影してしまうアオアシシギやタカブシギにも
見放され少し凹み気味です。
何とか出会えたツルシギに登場してもらいます。
a0143780_20532443.jpg

ツルシギはやはり冬から夏の黒装束に衣替えした姿が好きですが
例年出会えるフィールドは来年はなくなってしまいそう・・・
野鳥のフィールドは減る一方で増える事は無いのでしょうかね。
オオタカの個体数が増えたようですが。
a0143780_20584247.jpg

それにしてもデジスコでのシギチ撮影、いつまでたっても上達しません。
数撃てば当たる、スタイルから脱却したいのですがねー。
by yamau-f | 2015-09-27 21:10 | ツルシギ | Comments(2)

See you again!

しつこく続けた赤いシリーズ2015、今回で終了します。
途中に食い違った赤い子も登場してくれましたが
基本的には赤い子2種が主役。
共に登場はしてくれましたが、来年への課題は沢山
置いて行ってくれました。
a0143780_21343580.jpg

この子を追いかけて間もなく10年、行動パターンは毎年違うので
出会うのも撮影するのも毎年新鮮味がありますね。
今年は秋の到来も早く、誕生の遅かった雛達は無事に
南国に帰ることが出来るのでしょうか?心配ですね。
a0143780_2139180.jpg

今年はお盆までが夏、それ以降はあっと言う間に秋になってしまい
ツクツクボウシと共にやって来る夏から秋への過程を
楽しむことが出来ませんでした。少し心残りのある夏の終わりでした。
すでに日照時間も短くなり、これから本格的な残暑の復活は
ありえませんね。
a0143780_21442041.jpg

贅沢かもしれません来年のこの子の撮影のテーマは”小さく撮る事”と思っています。
少し難易度を上げてチャレンジしたいと思います。
でもペアで登場しようものなら、血眼になってガツガツ撮ってしまうのでしょうね。
今から鬼に笑われながら来年に思いを馳せる山鵜です。
但し、会うことが出来れば、と言う前提ですがね。
by yamau-f | 2015-09-20 21:28 | アカショウビン | Comments(2)

赤い千秋楽 第二幕

今年も沢山のバーダーを虜にした赤い子
繁殖は上手く行ったのでしょうか?気になりますね。
理想の構図を撮る!    また来年に持越しです。
a0143780_21384388.jpg

綺麗な画像を撮りたいのでISOは低く抑えたい
足場が悪くフワフワ
薄暗いのでSSは一ケタ台
鳥は生き物、止まっているようでも動いている
おまけに背景が明るい事が多い
・・・撮影を楽しむと言うより、ストレスが溜まる一方です。
a0143780_21415737.jpg

ペアの撮影チャンスがあったのですが
見事に撃沈です。
ここ、と言うところに相変わらず弱い山鵜です。
a0143780_2143333.jpg

それにしてもこの子、本当に魅力的ですね。
ここ数年は毎年会えていることに感謝感激です。
毎年来てくれる環境、本当に守ってあげたいですね。
a0143780_21465417.jpg

この子、こちらがぶなの木になってしまうと、驚くほどそばにやってきます。
そばでまったりされるとこちらも動けず我慢比べですね。
さて、次回は2015年の赤いシリーズ、最終幕となります。
by yamau-f | 2015-09-17 21:23 | アカショウビン | Comments(2)

赤い千秋楽

5月から始めた赤いシリーズも千秋楽を迎えました。
約4ヶ月間赤い子を追いかけましたが今年も満足度は低かったですねー
ただ聞けただけ、会えただけ、撮れただけ、これだけで充分なのですが
欲を言うとキリがありませんね。
赤い千秋楽、第一幕はガスの中での出会いでした。
a0143780_19191582.jpg

この日は釣師山鵜の勝手な天気予報で決行
雨は降りませんでしたがガスが凄かったです。
海の天気は読めても山の天気には全く効果なし(涙)
視界は5mも有ったでしょうか、少し怖かったです。
ガスの中から響くキョロロロローーー今シーズンの初聞きは
雰囲気がありすぎ、何事も度が過ぎるといけませんね。
中庸・・・・大事です。
a0143780_205699.jpg

そんな中で囀りを頼りにポイントを徘徊
1年ぶりの再会はドラマチックでした。
シーズン最初の出会いは毎回ドキドキしますね。
案の定ガスで曇ったスコープのままでの撮影
撮れた写真はガスxレンズくもり=がっかりと言う結果に。
a0143780_19291611.jpg

ガスでは獲物も見えませんね・・・
数幕の予定をしています。
by yamau-f | 2015-09-13 20:05 | アカショウビン | Comments(0)