山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

初夏の風物詩

この時期のタマシギは3年ぶりなので
記事からも山鵜のハシャギが伝わるかなー
梅雨のこの時期のタマシギが山鵜にとっては旬です。
a0143780_17574815.jpg

山鵜の理想のタマシギ作品は、ペアor子連れで水鏡面に写り込み
空は青空、出来れば稲より蓮の方が良いかな?と言う感じです。
a0143780_1802032.jpg

この時は理想のペアだったのですが、少し嫁さんが関白過ぎて
後ろから着いて行く♂にほのぼのさが有りませんでした。
どちらかと言うとイヤイヤ・・・かな(笑)
理想からは遠い状況でした。
a0143780_18325.jpg

案の定、徐々に距離が開いていきました。
が、また至近距離で
a0143780_184183.jpg

期間限定の理想の画は今年も難しそうです。
来年への課題かな。
a0143780_18568.jpg

♂が抱卵しているのかどうか分かりませんが
次の週には姿はありませんでした。
タマシギを探す・・・匠の技レベルの探鳥眼かもしれません。
我ながら天晴れです。
こんなところに居るタマチャン♀を発見しました。
a0143780_1884313.jpg

さて、6月も今日で終わり、明日から2015年の後半戦に
突入です。しかし、記事に出来る鳥さんが居ません。
7月はオール赤い鳥シリーズになるかもしれません。
by yamau-f | 2015-06-30 21:49 | タマシギ | Comments(2)

不安定な天気とは

既に掲載した記事ですが再登場。
”不安定な天気”が撮れましたのでご報告します。
今回は♀の登場です。
a0143780_20342982.jpg

雲行きが怪しくなり、ポツポツと雨が降り始めました。
a0143780_20353084.jpg

少し強く、ザーザーと降って来ました。
a0143780_20362320.jpg

更に強く、ゴーゴーと言う感じでしょうか。
a0143780_20371036.jpg

急にポツポツと小雨になりました。
a0143780_20402760.jpg

今度は急に大粒の雨が降出し
a0143780_2043520.jpg

更に大粒の雨となり
a0143780_20434332.jpg

ついにはこれ以上降れないであろうと思われるほどの岩石降り
a0143780_212085.jpg

突然何も無かったようにすっきりと
a0143780_212406.jpg

タマシギの位置はほとんど変わらず
約5分ほどの雨の表情です。
不安定な天気とはこういう事をいうのですね。
しつこい写真ですみません!
by yamau-f | 2015-06-27 20:32 | タマシギ | Comments(0)

これを外すとシーズンオフ

今週末に今シーズンラストの赤い鳥遠征を計画中ですが
天気次第でどうなるか分かりません。
これが終わるシギチシーズンまで暫くシーズンオフになってしまいます。
昨年はこの時期に会えなかったタマシギ、今年は何とか会えました。
a0143780_21174649.jpg

先ずは敬意を表して♂タマの登場です。
別に子育ては女性が・・・とは言いませんが、♂も子供も置き去りに
して行く♀に対して♂の献身的育雛には頭が下がります。
a0143780_2172414.jpg

元々が臆病な鳥なので中々良い所には出てきてくれません。
根競べで出てきた!と思うと側で育雛中のケリがけたたましく叫びながら
山鵜の大事なタマチャンに威嚇だけではなく、攻撃を仕掛けてきます。
お陰でこんなポーズも撮れたりします(笑)
a0143780_2111124.jpg

今までに雛を連れているときに近付いて来た♀に対して、
雛を狙ってやってきたイタチに対して、
そして今回のケリに対して、
同じポーズです。大きく見せるのが威嚇なのか、姿勢を低くするのが威嚇なのか?
良く分かりません。
a0143780_21135413.jpg

稲の植わっていない水田は水鏡面になるのでいい感じに撮れる事があります。
この子には暫く遊んでもらいたいのですがどうかな?
子連れのシーンが見られるといいですね!
a0143780_21162548.jpg

次回は♀編?ペア編?少し考えます。
a0143780_2128049.jpg

by yamau-f | 2015-06-24 20:56 | タマシギ | Comments(2)

coming soon Ⅱ

coming soon Ⅱとしました。
この時期になると遊び相手も少なくなるので
在庫からだし、が増えると思いますので
お許しを。
a0143780_21592154.jpg

この日は大気の状態が不安定、との事なので
雨でもあがるだろうし、晴れても降るだろうな、と思ってはいましたが
これはやり過ぎですね。土砂降りと言うより、岩石降りと言った感じでした。
カンカン照りも厄介ですが、これはもっと厄介。
お陰であまり見ない画像が撮れました!
例年タマキチと呼ばれる山鵜ですが、数が減って中々会えません。
まだまだこれからがシーズン、もう少し様子を見ることにします。
これから梅雨本番、程々でお願いします。
そうそう、今日は父の日ですね。夕食は娘の手づくり料理でした。
by yamau-f | 2015-06-21 22:08 | タマシギ | Comments(4)

センスがありません

物事には順序というものがありますよね。
人と話をするにしても、何かを書くにしても
起承転結で構成されていないとよろしくありません。
推理小説で最初に犯人が分かってしまって、
後の小説を読む人はあまりいません。
偶に、犯人探しのプロセスを楽しむ小説もありますがね。
ブログの記事の掲載順にもやはり一貫性は必要だと思います。
コマドリcoming soon・・・ と言いながら、肉を食いちぎる
ハヤブサの記事・・・ 本当にセンスが有りませんね。
a0143780_21482429.jpg

ハヤブサ、一度ビシッ!と撮ってみたいのですが未だに叶いません。
この日も高い鉄塔の上でお食事中。
遠い、空抜け、証拠写真ですね。
以前、山鵜姉が散歩中に落鳥したハヤブサに出会ったようですが
あまりの美しさに感激していました。
獲物を追いかけてガラスに激突したようでしたが。
a0143780_21513465.jpg

この日は1kmほど離れたところで2羽のハヤブサと遭遇
何れも鉄塔どまりでした。
飛翔写真は無理なのですが、せめて自然な背景で撮りたいですね。
a0143780_21543916.jpg

この記事の後にコマドリと言うのも何か違うような気がします。
少し考えて見ますね。
by yamau-f | 2015-06-20 21:36 | ハヤブサ | Comments(2)

coming soon!

今年はどんなシリーズで行くか、現在画像を整理しながら
考え中です。
今のところ”赤いシーリーズ”を考えていますが、
百恵ちゃんと宇津井健で行くか、三浦友和で行くのか
難しいところです(笑)
宇津井健で行くと、ザ・ガードマンの方が印象が強いのですが。
今年も赤い鳥2種を探し回りました。
先ずは、公式戦のコマドリの登場です。
オープン戦の調子をそのまま持ち込み、公式戦も快調でした。
整理が付き次第掲載しますが、予告編として一枚だけ。
この子は森の中のチェンソーで伐採した切り株がお気に入り、
山鵜としては面白くない構図ですがモデル撮影としては
いいのかなー、と言う感じです。
薄暗かったのですが、一眼での撮影、距離は数メートル、
決して画像は良くありません。
ただ、今年は例年より少しマシな写真が撮れたかなー(ニヤリ)
赤い鳥撮影も後一回行くかどうか思案中、
いずれにしても山鵜の赤い鳥シーズンは終盤です。
a0143780_2272971.jpg

この時期、子育て真っ最中。
嘴に沢山のアオムシを咥えたコマドリも登場予定です!
by yamau-f | 2015-06-18 20:33 | コマドリ | Comments(2)

北陸のイヌワシ

わが町にやって来た”北陸のイヌワシ”です。
自衛隊のイベントにあわせて動体展示と言う事で一機やって来ました。
F1レースを見に行った時に音に驚きましたが、その比ではありませんね。
正しく、爆音です。
こういうイベントがあるのは知らなかったので、音に驚いて
車を止めてパシャパシャと
a0143780_20133360.jpg

天気も悪く証拠写真です。調べてみるとこの飛行機は
小松基地所属のようです。
垂直尾翼のマークで分かりました。
最新鋭のF15戦闘機とのことですが
生産されたのは1996年、満20歳かな。
a0143780_20154974.jpg

そしてこのマークは、”北陸のイヌワシ”をイメージしているようです。
恐らく小松からは数分で来ちゃうのでしょうね。
写っているパイロットを見ると、競馬の騎手のように前のめりですね。
彼らには遊覧飛行とは行かないのでしょうね。
by yamau-f | 2015-06-12 19:46 | 北陸のイヌワシ | Comments(2)

表情豊か

ふくろうやミミズクの仲間は表情が豊かですね。
でも、我々が思っている表情と実際の思いは違いますね。
全く持って勝手な解釈で表情を説明してみましょう。
a0143780_20535972.jpg

”見つめる” 何かを見つめています・・・
a0143780_205676.jpg

"老ける” 何だか老けた顔になってしまいました。仙人みたい!
a0143780_20564719.jpg

”驚く” ビックリしたなー・・・ もう!と言ってました。
a0143780_20573558.jpg

”笑う” 時々笑いもします
a0143780_20591372.jpg

”つかむ” 見たままですね。つかんでいます
a0143780_2121531.jpg

”まる” まん丸です。
a0143780_21381.jpg

”遊ぶ” 何か遊んでいました。ゲームは持っていません
a0143780_214350.jpg

”寝る” 寝たので撮影も終了としました。
以上勝手な解釈をしてみました。
コミミズクでもやってみようかな・・・
長時間モデルになってもらい有難うございました。
約3回の撮影での編集です。
by yamau-f | 2015-06-09 20:48 | アオバズク | Comments(6)

脛をかじる

親の脛をかじる、の脛とは足、つまり労動力を意味するそうです。
いつまでも親の労働力に頼る、あまり良い意味では使われませんね。
鳥達は巣立つ=独り立ちをする、と考えられていますが
巣立ってからもしっかり親の給餌を受けていました。
a0143780_2141058.jpg

この田圃では、他にムクドリとツバメが
同じように親鳥から餌をもらっていました。
a0143780_215548.jpg

以前見たカワガラスもそうでしたが、この時期になると
雛のほうが親より大きく見えますが、大きさは関係ないのでしょうね。
親が飲み込まれそうです。
a0143780_2184371.jpg

鳥達にとってこの時期はベビーラッシュです。
あちらこちらでこういう光景を見ることが出来ます。
一生懸命、ほのぼの、癒されます。
by yamau-f | 2015-06-08 20:54 | スズメ | Comments(0)

辛いのかしょっぱいのか

知りませんが、山椒を食べるとピリピリしますね。
でもうな丼に山椒をかけてピリピリした事無いんですがねー
何年も通うフィールドに今までも居たのでしょうか?今回
初めて出会い、初めて撮りました。
♂の成鳥、綺麗な鳥ですね。野鳥草子初登場です。
a0143780_21302712.jpg

すっきりした枝で、すっきりと撮って見たい鳥ですが
結構難易度は高そうです。
バックが青空だったのが救いです。
by yamau-f | 2015-06-05 21:22 | サンショウクイ | Comments(2)