山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ストレス

ストレスを見たことがありますか?
山鵜は初めてストレスの撮影に成功しました!
待つこと数時間、撮影時間数秒・・・
この小枝、これが山鵜のストレスです。
せめてこの三角ゾーンに入ってくれれば、の願いもむなしく
被ってしまいました。
この細い枝、モヤモヤと言うかイライラと言うか、本当にストレスです。
まあ、自然相手なので仕方ないですけどね(笑)
a0143780_20411325.jpg

この子もシーズン終盤、賭博的野鳥撮影です。
そういえば、週末にホーホケキョを早くも聞きました。
春ですね!
by yamau-f | 2013-02-25 20:43 | ヤマセミ | Comments(4)

フィクションですが

天気も悪く、30分ほどの散歩で出会った鳥は10種ほど。
写せたのはコマツグミとこの子だけでした。
良い感じの枝に止まった鳥を発見、空抜けですが近付いても逃げませんでした。
こちらがそろりそろりと近付くと、この子もジーッと山鵜を見つめていました。
a0143780_5332365.jpg

ジーッと見つめられているうちに、この子は見る見るうちに体が膨らんできて
ダルマさんみたいに成って来ました。
???まるで擬態でもしているのかな?とも思いましたが、そのうちに飛んでいきました。
a0143780_5364986.jpg

山鵜は海外に行くと、ご当地の野鳥本を土産に買って来るようにしています。
現地で調べたこの子の名前は、mockingbird・・・・良い響きだなーと軽く流していました。
a0143780_5414720.jpg

帰国して改めてネットで調べて見ました。
マネシツグミ・・・・・・・・マネシ?  真似し!!!!
この子、近付いて来た山鵜を見て、山鵜を真似とったんです!
誰がダルマやねん!
by yamau-f | 2013-02-20 21:29 | マネシツグミ | Comments(2)

イメージが?

図鑑で調べると、アメリカコマドリでした。
ヨーロッパではイギリスの国鳥のヨーロッパコマドリをロビンと言うそうです。
日本ではヒンカラカラカラのコマドリがロビンですよね。
アメリカでは、この子がロビンらしいです。日本名はコマツグミとか言うらしいですが、
ロビンとはイメージが?って感じですね。
コマツグミの方がぴったりですね。
出張先でほんの少しの時間の散歩で出会ったこの子ですが、
アメリカは街中でも野鳥が沢山居ますね。
寒さは日本より寒いのに、何故でしょうか、。
のんびりと鳥見してみたい場所がまた増えてしまいました。
a0143780_2341396.jpg

只今時差ぼけ真っ只中ですー
by yamau-f | 2013-02-18 23:05 | アメリカコマドリ | Comments(2)

満開が3分咲き

皆さんより数ヶ月遅れで山鵜のブログには鳥さんが登場しているようですねー
ようやく山鵜もしっかりとウソと遊ぶ事ができました。
以前から目をつけていた桜の木に、予想通りに沢山のウソがやって来ていました。
a0143780_20385085.jpg

ある程度食事をすると飛んでいきますが、暫くするとまた戻ってきます。
盛んに桜の蕾をムシャムシャと。
かなりの大食漢、ここの桜は満開でも3分咲き程度しか花は無いでしょうねー
a0143780_20415870.jpg

所謂アカウソですね!山鵜はノーマルなウソの方が好きですが贅沢は言いません。
この日は陽気に誘われて囀っている子も居ました。
a0143780_2044813.jpg

待った甲斐があって、満足度の高いウソの撮影会でした。
by yamau-f | 2013-02-10 20:33 | ウソ | Comments(8)

立春もすぎて

最近はめっきりご無沙汰の釣りですが、
この時期は良く明石海峡周辺にメバル釣りに出かけたものです。
皆さんご存知でしょうが、メバルは春告魚とも言われ明石海峡周辺では
イカナゴを餌にしたメバル釣りは春の風物詩です。
船から磯竿で、ハリスは0.8号・・・・ あかん、行きたくなってきました。
閑話休題
今回登場のカシラダカ、既に春を告げる装束に変身中です。
あまり専門に狙って撮る事は無いのですが、良い色してますねー
a0143780_21471028.jpg

チッチッと言う地鳴きなのですが、アオジ以外のミヤマホオジロやクロジとの聞き分けは
難しいですね。実は違う鳥の登場を待っていた時に出てきたカシラダカです。
a0143780_21501552.jpg

その内北国に帰っていくのでしょうね。
a0143780_2151134.jpg

by yamau-f | 2013-02-07 21:36 | カシラダカ | Comments(0)

醍醐味

醍醐とは仏教用語で生乳を発酵させた最終段階、後になるほど美味しいとされ
生乳の発酵の極み、の事を言うそうです。
とっても美味しいチーズってとこですかね・・・
鳥見の醍醐味、山鵜は
居場所の推理、探索、発見、撮影 
これが全て揃ったときに醍醐味を味わうと言うのでしょうか。
今回のミヤマホオジロ、久しぶりに鳥見の醍醐味を味わうことができました。
ミヤマホオジロ、初発見です!
a0143780_215670.jpg

積雪のお陰で下からも明かりが!

車の轍にペアで下りていました。
降雪地では餌探しが大変なんでしょうね。
a0143780_2184190.jpg

a0143780_2112266.jpg

雪の中の撮影は難しすぎますねー
山鵜にはこれが限界でした。
a0143780_2194410.jpg

年に何回も無い鳥見の醍醐味、次は何が出てくるかな?
最後に♀にも登場してもらっておきます。
a0143780_21141589.jpg

by yamau-f | 2013-02-04 20:57 | ミヤマホオジロ | Comments(2)

餌が少ないのでしょうね

晩秋の頃に比べると、この時期のアオジは枝止まりも多くなり
警戒心も少し無くなって来るようです。
 深々と降る雪の中を数羽で飛び交っていました。
a0143780_20273869.jpg

あまりレンズを向ける事の無いアオジですが
良い雰囲気だったので少し腰を据えて写させてもらいました。
a0143780_2030983.jpg

藪の中をウロウロしている子とは別人のよう!綺麗な小鳥ですね。
残り少ないススキの穂を啄んでいました。
a0143780_20343766.jpg

by yamau-f | 2013-02-01 20:21 | アオジ | Comments(0)