山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

誰も居ませんでした

昨日、地元の大きな神社に行く機会がありました。
普段のこの時期だと沢山の観光客が居るのですが
諸般の事情で明らかに閑散とした神社でした。
と言っても、全国有数の観光地であり欧米系の訪問者
は沢山来られていました。
 
a0143780_216657.jpg

今年は各地で飛来しているサメ3兄弟ですが、何とか山鵜も
一種に会うことが出来ました。
 場所が場所なので、バーダーは誰も居ませんでしたが
デジスコでダンシングオールナイトを演ずるには少し恥ずかしい
雰囲気でした!
a0143780_21102224.jpg

撮りたいけど目立つので、証拠写真だけ撮って帰ろうと思ったのですが、
スイッチが入ってしまい少し頑張ってしまいました。
 久しぶりの上向きのデジスコ、疲れました。
a0143780_21121258.jpg

神前で挙式をあげていた新郎の角隠しを見て、
アメリカからやってきた老夫婦に、あれは何?と尋ねられました。
女性は怒ると怖くて鬼みたいに角が出てくるから、そうならないように御呪いの意味で
隠すんですよ、と教えてあげましたがウソだったかも・・・
この御呪いの効果は後で分かるんですよねー  
by yamau-f | 2012-09-30 22:00 | エゾビタキ | Comments(2)

いい雰囲気で

ぶらっと立寄った海岸でカモメでは無く
黒っぽい鳥が風に乗って飛んでいました。
a0143780_8473862.jpg

手持ちのVI+1.7+300で飛び物!
無謀な挑戦でしたが、ハヤブサの若だったので何とか撮る事ができました。
若とは言え、やはり猛禽のハヤブサ、カッコいいですね!!!
a0143780_8513581.jpg

V1は距離があれば飛翔写真も練習次第で撮れそうです。
a0143780_8533884.jpg

これから冬にかけての、ねずみ色や金太郎の出会いに期待して
練習を積まなければ・・・
a0143780_8555813.jpg

by yamau-f | 2012-09-20 21:43 | ハヤブサ | Comments(6)

アクセントなし

先日休耕田でエリマキシギを見つけました。
車の中からだったので、結構至近距離から写させてくれたのですが
周囲には草も何も無かったので、アクセントの無い写真ばかりとなってしまいました。
山鵜はNikon1V1をシギチの撮影にも期待していたのですが、
チョロチョロ動くシギチには期待以上の働きをしてくれ満足度は高いです。
a0143780_20115662.jpg

毎年1度は出会えるのですが、2度会ったことが無いのは不思議な気もします。
a0143780_20141171.jpg

過去に1度だけ春先に見ることが出来たのですが
その時はもう少しエリマキっぽかったような気がします。
a0143780_20155227.jpg

a0143780_20192866.jpg

残暑の厳しさがルートに影響しているのか?
今年の台風進路同様にシギチのルートも例年と違うのか
出会いが少ない前半戦ですが、このまま終わってしまうのか・・・ 昨シーズンの
冬鳥のように・・・
a0143780_20245143.jpg

週末から秋の気配が期待できるようです。
暑さ寒さも彼岸まで、良く出来てますねー
a0143780_20304912.jpg

by yamau-f | 2012-09-17 20:32 | エリマキシギ | Comments(6)

大きくないほうが・・・

”大きいことはいいことだ”と、先日鳥見先輩のブログに
コメントを入れたのが、たしかコアオアシシギの記事でした。
でもアオアシシギは小さい方(コアオ)が良いですよね(笑)
例年はアオアシシギとの出会いにワクワクしないのですが、
今年は出会えてワクワクしました。
a0143780_1946247.jpg

クサシギ単独だと偶に見間違えるのですが、
並んでくれると違いが良く分かりますね。
a0143780_1948149.jpg

光の加減が悪く、思う様には撮れませんでした。
a0143780_19494712.jpg

この日はトウネンが7~8羽居ましたが、それ以外はこの子だけでした。
タマシギが営巣していましたが、時期的にギリギリと言った所かなー
a0143780_1952297.jpg

まだ暫くはシギチで遊べるでしょう。
by yamau-f | 2012-09-13 19:41 | アオアシシギ | Comments(2)

長旅だったのでしょうか

休耕田にカルガモの親子に混じって
一羽の地味なカモが居ました。
山鵜にはエクリプスは全て同じに見えるのですが
少し見慣れないカモさんでした。
 そろそろコガモも到着し始めていますが、
この子は一体だれ?
ハシビロガモかなー?少し嘴の形が違うし、大きさも小さいし・・・
誰か教えていただけませんかね?
a0143780_14522276.jpg

そばには随分大きくなった子カルガモと親が居るのですが
ある一線を越えると猛烈な勢いで侵入者を威嚇していました。
どうやら領池を侵犯してしまったようです。
a0143780_1456750.jpg

これから徐々にカモ達も到着し水辺は騒がしくなりますね。
by yamau-f | 2012-09-11 21:45 | シマアジ | Comments(2)

かなかなかな

オオジシギかな? タシギかな? チュウジシギかな?
多分チュウジシギ

                              かな?
a0143780_1430642.jpg
a0143780_14302638.jpg
a0143780_14311387.jpg


かな?
by yamau-f | 2012-09-10 20:27 | チュウジシギ | Comments(4)

ボチボチ

シギチシーズン突入しましたね。
今年は例年より少し低調な気がします。
良い雰囲気のところにクサシギが居ました。
水面の波紋も中途半端、距離も中途半端でしたが
結構お気に入りに撮れました。
a0143780_11292052.jpg
a0143780_11294199.jpg

これからボチボチ田圃徘徊始めます。
by yamau-f | 2012-09-09 11:31 | クサシギ | Comments(0)

コマ劇場最終章 ”ありがとう”

少し間が開きすぎましたが2012年コマ劇場の最終章です。
いつまで会いにいけるのか?体力と相談のハードなコマ合宿。
今年も重たい機材を担いで20kmほど歩いたでしょうか?
高い山を登頂した喜びとは違いますが、ポイントに近付き
この子の囀りを聞くと”ありがとう”と呟いてしまいます。
a0143780_20531095.jpg

薄暗い森の中では、コマドリの囀り以外何も聞こえません。
他の鳥も、セミの鳴き声も、本当に何も聞こえません。
BGMにせせらぎの音が演出してくれるだけです。
a0143780_20553578.jpg

この子達は、居てくれれば後は如何にソングポストを見つけるか、が
撮影の成果を左右します。
見つけてしまえば、長い時は10分以上もモデルになってくれますし、
それほど山鵜も警戒せずに近くで囀ってくれます。
a0143780_20583477.jpg

以前にも書きましたが、笹薮の中を移動することが多く、
風がなければ笹の動きで大抵の行動は把握できます。
ソングポストに近付くと、根元からピョコピョコと
お立ち台に登場してくれます。
a0143780_2111235.jpg

9月に入り、日の傾くのも少し早くなってきたこの頃ですが
あの時出会ったコマドリ達はどうしているのでしょうか?
まだ物悲しく囀っているのかもしれませんね。
今年のコマ劇場はこれにて千秋楽とさせてもらいます。
a0143780_214303.jpg

by yamau-f | 2012-09-03 21:08 | コマドリ | Comments(6)