山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そんな甘いもんではありませんね

昨年、この時期にアオアシシギとツバメチドリに会えたので
今年もひょっとして・・・と思って、田圃に出かけました。
が、そんな甘いもんでは有りませんね。
コチドリ以外はなーんにも居ませんでした。
と言うことで、しばらくサギに遊んでもらいました。
a0143780_955849.jpg

アマサギやコサギ・チュウサギも居たのですが、
ダイサギに絞って撮ってみました。
 これだけ大きな体で、真っ白な羽、見過ごしがちな鳥ですが
魅力的です。
a0143780_9592100.jpg

図鑑を見てみると、この時期のダイサギは亜種チュウダイサギと言うのでしょうか?
ダイサギ.チュウダイサギ・チュウサギ・コサギ・・・
東西南北 東北東・北北東・南南西・・・と似てますね(意味不明)
a0143780_107377.jpg

Nikon1で撮ったので、山鵜の腕では飛び物は無理、と言うかTRYもしませんでした。
いずれにしても、早朝か夕方に撮らないと出来栄えも体力も持ちませんー
a0143780_10132330.jpg

サギと言えば、ゴイサギかササゴイのお魚パックンを撮りたいのですが
良いポイントに出会えません。
a0143780_1016982.jpg

サギ以外の収穫は、”今年のシギチは期待できそう!”かな。
by yamau-f | 2012-07-16 20:50 | ダイサギ | Comments(2)

一度撮ってみたかった

夏の風物詩の軒下のツバメの子育て。
昔、オバアチャンの家では土間の中でも営巣していました。
以前から撮りたかったのですが、今日は思い切って何時も行くパン屋さんの
軒下のツバメ達に遊んでもらいました。
a0143780_22193410.jpg

ここのパン屋さんには毎年数世帯のツバメが営巣します。
2m四方ほどの狭く、しかも手を伸ばせば届くような高さで、今年も十数羽が誕生しました。
このパン屋さん、ツバメからの評判だけでなく、人間からも大評判で
朝から夕方まで沢山のお客さんがやって来ます。
ツバメにとってもカラスの寄り付かない超一流物件です。
a0143780_22242466.jpg

ジックリ撮りたかったのですが、場所が場所なので5分程の撮影時間でした。
a0143780_22273816.jpg

一度撮ってみたかったので、楽しいひと時でした。
a0143780_22292987.jpg

パンを買いに来るお客さんもスマホでパチリ!
休日のパン屋さんで癒された山鵜でした。
a0143780_22324968.jpg

by yamau-f | 2012-07-14 22:34 | ツバメ | Comments(4)

何かあったのかな

昨日の夜は雨と雷で嵐でした。
梅雨はいいのですが、もう少し穏やかに降ってもらいたいものですね。
今年の夏も、我が家周辺には夜更かしのホトトギスが飛来しており、
こんな天気でも朝まで囀っていました。
ホトトギスが夜も鳴くことは知っていますが、夜しか鳴かないのは
知りませんでした(笑)
 で、遊んでもらえる鳥さんがいないので、MFのアオバズクの
様子を見に行ってきました。
a0143780_19235122.jpg

先週と同じ子が、少し違う枝で待っていてくれました。
ただ、写せる角度が空抜けだったので残念な結果でした。
a0143780_19275114.jpg

この時期、この時間帯に愛想の良いことは期待していませんでしたが、
この子は無愛想でしたー
ここのアオバズクは、散歩するおばあちゃんやおじいちゃんの人気者でもあります。
運よくおばあちゃんがもう一羽のアオバズクを教えてくれました。
???こちらの子は少し様子が変でした。
全身がずぶぬれ状態、おまけにこれ以上開けられないと言うほど目がパッチリ!
と言うか、明らかに目が飛び出ていました。まるで漫画に出て来そうな位にです。
昨晩の嵐の影響で、営巣場所に何かあったのでしょうか?心配です。
a0143780_19403986.jpg

アオバズクの♂♀の見分けが良く分かりませんが
山鵜は、こちらの子が♀のような気がするのですがどうなんでしょうか?
未だ時期的にはどちらかが巣の中に居る時期だと思うのですが
二羽とも外にいるのは何でなんでしょうね?
a0143780_19435554.jpg

暫く撮らせてもらって撤収しました。
a0143780_19515580.jpg
a0143780_19521836.jpg

元気な雛達が誕生することを願っています。
by yamau-f | 2012-07-07 19:59 | アオバズク | Comments(6)

間もなく蝉が

今日は7月1日。
2012年も後半戦突入です。
月日の経つのはとっても速く、驚いてしまいます。
昨日は大祓、以前は良く茅の輪潜りにも出向いたものです。
良いことも悪いことも、後半に向けて心機一転!と行きたいところです。
 未だ暫くは梅雨が続きそうですが、自然には欠かせない大事な
シーズンでもあるので”鬱陶しい”と言わずに我慢しましょう。
 ただ、まとまって降るのはご勘弁願いたいですね。
先日の大雨で、我が家の向かいの道路の則面が土砂崩れしてしまいました。
幅10m高さ5mほどですが。
そう言えば、例年のニイニイゼミの初鳴き(山鵜独自記録ですが)は
今日7月1日が山鵜スタンダードです。残念ながら今日は確認できませんでしたが
間もなく蝉達も合唱を始めることでしょう。
a0143780_2210758.jpg

後半のトップバッターはMFのアオバズクです。
昼間は移動することが無いので、表情の変化だけが楽しみです。
怖い顔で睨んだり、
a0143780_22115739.jpg

目を丸くしたり、目が点になったり、眠そうだったり
a0143780_22142194.jpg

ここはお寺なので、参拝に来る人の足音や、カラスの鳴き声や、救急車のサイレンの音に
反応して目を覚ましてくれます。
 
a0143780_22154624.jpg

ここにやってくるアオバズクの環境は決して良いとは言えず
寝不足になることは間違いありません。
でも、寝不足で充血した目のアオバズクは未だに見たことがありませんが・・・
by yamau-f | 2012-07-01 22:19 | アオバズク | Comments(4)