山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

名前が魅力的 赤い脚が魅力的

以前から知っている名前でしたが会えるとは思っていませんでした。
〇〇ガモとか、〇〇アイサとか言った名前ではなく、”ケイマフリ”・・・
魅力的な名前です!
エトピリカも同様ですが、この子には何時会えることやら。
a0143780_20422112.jpg

まだまだ厳寒の北の国ですが、夏の装いに変化途中の個体もあちらこちらに
a0143780_2045346.jpg

さすがにこの場面では1V1の登場はありません。
久しぶりに登場のD300が頑張ってくれました。
a0143780_20472654.jpg

この子は、それほど派手な鳥さんではありませんが、赤い脚が魅力的です。
何とか赤い脚が撮れたので山鵜は満足です。
a0143780_2053483.jpg

ウミスズメの仲間のようですが、メジロウミスズメ・・・とか言った名前でなくて
少し得した鳥さんかもしれませんね。
因みに、アイヌ語ケマフレ(赤い脚)が名前の由来だそうですよ。
a0143780_210111.jpg

寒いと分かって行っているのに、寒い寒いはいただけませんよね。
北の海は流氷以外の氷は無いと思っていたのですが、実は海の水が凍るんですね。
クラゲのように見えるのは、凍り始めた水面です。
クラゲが氷で、ざらついているのがシャーベットなんですよー
a0143780_21112063.jpg

by yamau-f | 2012-02-29 20:35 | ケイマフリ | Comments(2)

カモメは適当に

興味が無いわけではないのですが、カモメは適当に流す傾向にある山鵜ですが、
皆さんのブログを拝見して、この子だけは撮っておこうと決めていたので
少し頑張って撮ってみました。
a0143780_1941661.jpg

最初に到着した港で、シロカモメ(多分)に早くも出会うことができました。
アザラシのようにまったりと氷の上で休憩中です。
a0143780_1975285.jpg

パッと見た感じ関西方面のカモメより大きそうですね。
ユリカモメ達より遙かに大きなオオセグロカモメが一番多かったかも!
彼らもこの寒さでは生きることに必死です。
力尽きたウミアイサも彼らにとってはご馳走・・・
a0143780_19122424.jpg

ワシカモメも撮りたかったのですが、よく分かりませんでしたー
短期鳥見旅行では、どうしてもカラフルで珍しいものを追っかけてしまうのは
仕方ないですね。
a0143780_19161581.jpg

今回の撮影では、やはりD300と1V1を同じ土俵で比較するのは
D300には失礼!1V1は白い被写体が苦手? ある程度大きな鳥さんには
1V1+電子シャッターで飛翔写真もある程度対応可能!と言う感想を持ちました。
でも1V1は山鵜の新たな機材として定着しつつありますー
by yamau-f | 2012-02-28 21:55 | シロカモメ | Comments(4)

初めてお目にかかりました

今回の旅行で会いたかった鳥のひとつ、クロガモの登場です。
結構簡単に会えてしまったので少し拍子抜け・・・
でもアチコチで出会うことができ、嬉しかったです。
鳴き声は悲しげで、北国の冬にはピッタリの感じでした。
石川さゆりのような・・・ 八代亜紀のような・・・北島三郎のような・・・
全くイメージの湧かない比喩ですみません!(汗)
a0143780_5344984.jpg

クロガモは足も真っ黒でしたー!
今回の鳥撮りで最も悩まされたのは、撮影方向と露出の補正かなー
あまりプラス補正はしたことが無かったのですが、今回は駆使しました。
水鳥だけに撮影は陸からで、鳥さんは海の上、午前に行くべきか午後に行くべきか?
やはり来年も行かないといけませんねー
a0143780_54113100.jpg

写真を整理して思ったのですが、山鵜は♀の写真が極端に少ない!のです。
これは後悔大です!これも次回の課題!(汗)
a0143780_5434235.jpg

a0143780_5484598.jpg

しばらく外で撮影していると、寒さで指が動かなくなってきます。
血液が凍ったのかと・・・ 少なくともシャーベットまでは行ったかも(冷汗)
a0143780_5462928.jpg

a0143780_5512447.jpg

ロケハンとは言いませんが、最初から満足いく撮影なんて
できるわけ無いですよね!
今回はマイレージの恩恵も有りましたが、何よりも天気に恵まれました!
この時期にピンポイントで出かけるのは賭けみたいな気もします。
お天気なんか一日で変わりますからね。
       
                                                つづく
by yamau-f | 2012-02-26 21:26 | クロガモ | Comments(0)

この子も海に行けば会えますね

港にはカワアイサやウミアイサも沢山居ました。
こちらでも海に行けば会えますが、凍りついた海で出会うと
山鵜は興奮するのでした!
a0143780_2382997.jpg

沖は流氷がびっしり、港に行けば餌があると思ってやって来たのでしょうが
思うようにはありつけていないようでした。
力尽きて鷲やカモメの餌食になっている子も結構居ました・・・
そんな大変な環境で頑張らなくても、もう少し南にいけば、と思うのですが
そういう問題じゃないんでしょうね。
a0143780_23131620.jpg

生きることに一生懸命なんでしょうかね?
狭いエリアに多種のカモが居てもそれほど小競り合いも無くまったりとしていました。
a0143780_23154180.jpg

こちらのウミアイサは恋の季節が始まっているようですが、
北の国の彼らは未だそれどころでは無いようでしたねー
a0143780_23171890.jpg

移動が無ければ、もっとジックリ撮りたい鳥達が沢山居ました。

                                               つづく
by yamau-f | 2012-02-25 22:05 | ウミアイサ | Comments(2)

何処へ行っても好きな子に会うと・・・

道東一人旅 小出しシリーズの開幕です。
週末の出張を済ませ、空路道東を目指しました。
冬の北海道は三十数年ぶりでしたが、寒さは人生初体験かも・・・
新千歳空港を出るときはご覧の天候です!
飛行機は何故スリップしないのでしょうかね?
a0143780_21525039.jpg

今回の旅行では、雪 氷 の上を平気で走る車と、氷点下20℃の中で一生懸命働く
人達の姿に感動し、寒い!では無くしばれる!の意味を体感したことかな・・・
 で、翌朝から慣れない氷雪道の峠を越えて辿り着いた港は・・・
地元の人でも寒いというだけのことはあって、凍っていました(涙汗)
a0143780_2158295.jpg

今回は理由あってデジスコはお留守番、1V1とD300の変則二刀流!ストレスを感じることもありましたが
マズマズでした。
氷の張っていない港の片隅にホオジロガモがあちこちにいました。
a0143780_2214834.jpg

こちらでも会うことのできるカモですが、山鵜は好きな子に会うと後先かまわず
撮影開始です。限られた角度からの撮影なので光加減が・・・ 
a0143780_224950.jpg

特徴のある緑色が出ませんでしたが、早速の出会いに感激しました。
最終的には最も沢山出会ったカモだったのですがね。
a0143780_2255411.jpg

今回の寒さ対策はアウター以外はユニクロ製品のオンパレードでしたが
充分防寒機能を発揮してくれました。ヒートテック恐るべし!
a0143780_2284725.jpg

今回はルートの選択もあったのですが、タンチョウには会えず、オオハクチョウは
遥か彼方で見ただけ・・・ とにかく何処も結氷していて閉口しました。
a0143780_22113194.jpg

何回の小出しになるか分かりませんが、ボチボチ他の子にも登場してもらいますね。
でも、ホオジロガモでも嬉しく、幸先の良い鳥見旅行にはなりました!
a0143780_22141431.jpg

by yamau-f | 2012-02-24 22:19 | ホオジロガモ | Comments(6)

バレンタインデー・・・

先日はバレンタインデーでしたね。
山鵜がこの日を知ったのは、小学生だった数十年前ですから
節分の恵方巻きとやらとは比較にならない歴史があります。
散髪屋さんのお姉さんに「バレンタインって知ってる?」と聞かれ
阪神のバレンタイン選手ですか?と答えた時でした。
あの頃は初だったなー
 我が家では未だに山鵜女 山鵜娘 からチョコレートのプレゼントがあります。
幸せそうなシーンが目に浮かびますね!
最近のチョコレートは宝石が入ってそうな高価そうな箱に
読めない文字(どうやらフランス語のようです)のお店の名前・・・
中のチョコは湿った感じの・・・・(生チョコと言うらしい)。
で、プレゼントをしてもらい嬉しそうに箱を開けるところまでが山鵜の
儀式のようです。
箱が開くと、待ってましたと言わんばかりに餌付けをされた小鳥のように・・・
後には高価な箱だけ!
毎年のことです。
一ヵ月後には箱を開けさせてもらったお返しのホワイトデー  何か違うような?

ホワイトついでに白さの目立つノスリ君の登場です。
どのようなシーンで撮っても凛々しさが出せませんねー
a0143780_929949.jpg
a0143780_9293789.jpg

クマタカを意識したのですが
a0143780_9303081.jpg

by yamau-f | 2012-02-16 21:12 | ノスリ | Comments(4)

なごり雪とは

山鵜よりチョット上の世代は、イルカのなごり雪、伊勢正三のなごり雪
を知らない人は居ないでしょうね。
今日のフィールドは晴れたり雪が降ったり・・・の忙しい天気でした。
この時期の雪は、なごり雪と言うには未だ早いのだろうなーとか考えながら、
改めて”なごり雪”を調べてみました。
山鵜の無知を曝け出す事になりますが、”なごり雪”と言う雪は歌の世界の
言葉のようで、季語になるような昔からある物ではないようですね。
でも歌のイメージが強く、3月後半の季節外れに降る雪のこと と勝手に
思ってしまっていました。
山鵜娘に最近のシャカシャカ チャカチャカ した歌と違って、昔の歌は
良かった・・・と言っては、ウザイとかメンドクサイと言われているのですが・・・。
今日はタゲリと遊んでもらいました。
少し群も小さくなり、そろそろ北へ帰り始めたのでしょうかね?
今日はヒバリが囀っていました。
a0143780_223053.jpg
a0143780_2233019.jpg
a0143780_2235526.jpg
a0143780_2243953.jpg
a0143780_225177.jpg
a0143780_2261126.jpg
a0143780_2264411.jpg
a0143780_2272626.jpg

今回もV1の撮影です。
by yamau-f | 2012-02-11 22:14 | タゲリ | Comments(12)

これもいけそう

寒い寒い山間の川でクサシギがウロウロしていました。
発見!即撮影!
この程度の動きならば山鵜の腕でもV1で充分合焦できます!
シギチでも遊べそうです!フムフム
とにかくお手軽超望遠撮影としては今のところ満足です!
a0143780_19493276.jpg
a0143780_19513275.jpg

冬眠のままのD300がスネないか?チョット心配・・・
by yamau-f | 2012-02-05 19:53 | クサシギ | Comments(4)