山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コマドリ劇場 最終章

BGM 井上陽水 ”少年時代” スタート!
今年の夏もお別れの時がやってきました。
いつの間にか夕焼けの空が赤みを増し、朝の蝉の声より
夕方のエンマコオロギの声に新鮮さを感じます。
 山鵜は一年でこの時期が最も郷愁を感じます。
早朝の公園から聞こえてくるラジオ体操の音楽、そして蝉の声、
夏の甲子園中継のCM中にカチ割り氷に顔をうずめる高校生の映像・・・
どんなに暑くっても山鵜は夏が大好きです。
 あの森で、あの沢で,小さな体全身を使って一生懸命囀っていた
コマドリたちも子育てと言う大きなお仕事を終えて,そろそろ海を渡る
準備に入っているのでしょうか?
 毎年、夏になるとこの子に会うためにドキドキとしながら山を登り、
ポイントに近づくと微かに囀りが聞こえてきた時の喜び!
分ってもらえる人は少ないんでしょうねー
 今年もコマドリたちは山鵜に沢山のシーンを見せてくれました。
2011年コマドリ劇場 最終章
コメントなしに一気に掲載させてもらいます。
コマドリ劇場2012年版は既に準備に入っています!

おわり
a0143780_2038788.jpg

a0143780_20385252.jpg
a0143780_20392326.jpg
a0143780_20395972.jpg
a0143780_20404813.jpg
a0143780_20413053.jpg
a0143780_2042693.jpg
a0143780_20424371.jpg
a0143780_20433485.jpg
a0143780_2044572.jpg

 
by yamau-f | 2011-08-27 20:49 | コマドリ | Comments(2)

コマドリ劇場 第3幕

ちょっとくどくなってきましたー コマドリ劇場 第3幕ですが
今回は少し表情やポーズに拘ってみました。
と言ってもあまり変化はないのですが・・・
a0143780_101544.jpg

コマドリは正面からの派手な姿とは対照に後ろ姿は極めて地味な色合いです。
今回登場しているのは2個体ですが、胸元の黒い淵が微妙に違うのがお分かりでしょうか?
a0143780_1045291.jpg

どの鳥もそうですが、警戒心を持たれると体型がスマートになってしまい可愛さが出ません。
 やはりふっくらとした穏やかな姿を撮りたいのですが、
過去の出会いもそうですがコマドリはノンビリモードになると、1本足で止まる上に
そのままの姿で器用に囀ります。写真としてその姿は良いのか悪いのか・・・
a0143780_1011778.jpg

コマドリの理想の構図は、苔むした朽木の上で・・・・・・と考えていましたが、これは
それ程難易度の高い構図ではありません。逆にそれ以外の構図の方が難しいのですが
理想の構図が浮かびませんー
 お遊びのアップを撮ってみました。
a0143780_10153899.jpg

コマドリ劇場2011 次回を最終幕にします。
テーマは、”今年のお気に入りの写真”を考えています。
つづく 
by yamau-f | 2011-08-20 10:19 | コマドリ | Comments(4)

コマドリ劇場 第2幕

コマドリ劇場第2幕は、囀り特集にしてみました。
囀る場所は薄暗い森の中、デジスコで頑張ってもSSは稼げず
厳しさは例年同じです。
 毎年通って同じような写真ばかりでは面白く無いので
それなりに工夫はするのですが効果は見えません・・・
a0143780_12363899.jpg
a0143780_12372035.jpg

囀る姿はやはりデジ眼の方が良いですね。
大砲が有ればもっといいだろうなー
a0143780_12414379.jpg

a0143780_12432881.jpg

背景をスッキリしようとすればするほど、山鵜は熊笹の中に潜り込んでしまいます。
夏場の薄暗く湿度の高い熊笹の中は写真からは想像できない環境です。
見ると撮るとでは大違いですね!
a0143780_12473758.jpg
a0143780_1248169.jpg

せっかくコマドリを見つけても、全く写真を撮れない場合もあります。
シルエット写真と言うような良いもんではありませんが・・・
a0143780_12501263.jpg

この時期、周辺には♀も居るだろうし、今年生まれた若も居ると思うのですが
山鵜には見つけ出せません。
 さて次はどんなポーズに登場してもらいましょうかね。
つづく
by yamau-f | 2011-08-18 12:54 | コマドリ | Comments(4)

コマドリ劇場 2011 開演!

4月にやって来た青や黄の夏鳥に始まり、この時期の赤いコマドリで山鵜の夏鳥鳥見は
フィナーレを迎えます。
 例年この時期に実施する夏合宿は今年で6年目、なんとか毎年出会え、撮影させてくれるこの子達には
感謝の気持ちでいっぱいです。
a0143780_8113384.jpg

 8月に入ると不思議なくらい鳥の囀りの聞こえて来ない森の中から ヒンカラカラカラ・・・
と言う囀りは涼しさも相まって”清涼”そのものです。
 重い機材を担いでフラフラになりながら現地に到着してこの声を聞くと疲れもぶっ飛びます!
(数日後に戻ってきますが・・・)
a0143780_8183692.jpg

最近は個体数が減少傾向な上、出会えるポイントが更に遠くなってきており
早くも来年が心配です。
a0143780_8224932.jpg

コマドリは囀っている時はソングポストでしばらく静止状態になったり、まったりとしたり
見つければ結構山鵜向きのサービスをしてくれるのですが、それ以外は同じ鳥とは思えない
機敏な動きで撮影は不可能、いかにポイントを見つけるか!が劇場の中身を左右します。
a0143780_829568.jpg

残念ながらソングポストはそれほど多くないため同じような写真ばかりになってしまいますが
今回も何回かに分けて劇場に登場してもらえるチャンスを与えてくれました。
 というわけで”コマドリ劇場 2011”は次回につづきます!
by yamau-f | 2011-08-16 08:36 | コマドリ | Comments(4)

夏合宿の成果は?

今年も夏合宿に行って来ました。
例年より少し遅めの出発だったことが少し出会いに影響があったのか?
今回は一部行程が家族全員参加となったため、ガツガツと行けなかったのが
影響したのか・・・(汗)
 前半は雷鳥親子やカヤクグリ、イワヒバリを求めて高いお山を登りました。
他のメンバーには涼を求めて、との名目で。
a0143780_1220134.jpg

雷鳥親子の情報も有りましたが、バスの時間もあってあっさりと諦めることに。
野鳥草子には初登場のイワヒバリ、ライファーではありませんが足環無しは初めて
の出会いでした。仕草や嘴の黄色が残っているのか? どうやら若のようですね。
a0143780_12235730.jpg

下界とは25℃ほど温度差が有り、この時期に寒さを感じるとは・・・
鳥の気配は余り感じませんでしたが、数年前にやって来た時よりは
コマクサが随分増えたように思います。保護活動の成果なんでしょうね。
a0143780_12273044.jpg

もう少し雰囲気のあるところで撮りたかったイワヒバリですが、今回は思うようには
行きませんでした。贅沢は言いませんがね。
a0143780_12285581.jpg

鳥との出会いが少ないとこんな虫さんにも目が行きます。
エゾゼミ?らしいのですが、綺麗なセミでした。
a0143780_12344752.jpg

今回も例年の探鳥地を回りましたが、
シラビソテッペンのコマドリはX、 見つけ出すのは至難の業と鳥見大先輩が仰るとおり
今年は見つけ出せず(涙)3年目で初めて振られました!
右利きでも左利きでも良いから撮りたかったなー
 でも2011年度版コマ劇場は開演予定です!
今回も山鵜ポイントのコマドリは裏切らずに待っていてくれました!!!
編集次第登場してもらいます!
by yamau-f | 2011-08-14 12:47 | イワヒバリ | Comments(4)

チョットコイ!と言う割には・・・

のんびりと夏の水鳥を観察していると後ろの林から
チョットコイ チョットコイ と呼び掛けられました。
過去にチラッと見たことのあるコジュケイの囀り?です。
声の大きさからそれほど遠くではないのですが、
木が込み合ってとても鳥を探し出せるような状態ではありません。
チョットコイと言う割にはあまりゆっくりと遊んでもらったことがありません。
今回も探し出す意欲はほとんど無し・・・
a0143780_2040551.gif

ところが、バッタリと当地でお会いした天才デジスコテクニシャンズ
 Mr.M&Mrs.Mの旦那がいとも簡単に、あそこにいる!と・・・
 指差す方向を見てもなーんにも凡人山鵜には見えません。
隣で彼は早くも捕捉完了!既に連写開始です。
山鵜も教えてもらった方向でようやくコジュケイを見つけることが出来ました。
a0143780_20504162.gif

初撮り と言うことで記事にしました。
証拠写真ですがこれもまた良し、と言う感じです。
 それにしても彼らの恐るべき探鳥眼!
 想像以上のパワーと言うか、魔力と言うか、--- 
参りました。
by yamau-f | 2011-08-07 21:01 | コジュケイ | Comments(2)

久々のタマチャン

今年は田植え時に結構満足の行く出会いの有ったタマシギでしたが
稲の成長と共にタマシギとの縁も遠ざかっていました。
a0143780_215777.jpg

本当は全く自然な状態の湿地で、自然な姿のタマシギを撮ってみたいのですが
そんな場所は山鵜には思い当たりません。
a0143780_2211040.jpg

久々のタマチャン、場所も光の加減も結構〇・・・
まったく水面に写るタマチャンまで気が回りませんでしたー・・・残念!
よく見ると怪談に出てきそう(汗)
a0143780_2232348.jpg

この子と出会えるのは田んぼか、その周辺しかありません。
そんな中でも雰囲気のある場所で出会えると嬉しいもんですね!
a0143780_2252749.jpg

昨年もそうでしたが、この時期のペアは良く跳ねます。
突然羽を広げたり、ピョンピョン跳ねたり、薄暗かったので全て没写真でしたがね。
a0143780_22103636.jpg

今夏の山鵜のタマシギ追っかけはまだまだ続きます(筈)
a0143780_22145533.jpg

by yamau-f | 2011-08-05 22:20 | タマシギ | Comments(2)