山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日はノーシャターDAY

今朝、目が覚めると8時前、久しぶりの遅起きでした(笑)
チョット疲れが溜まっているのかな・・・
 いくら疲れていても、鳥見に出かけるのは別問題と言うことで
山に麦撒きに行ってきました。が、完全に振られてしまい戦意喪失。
夜は両親の金婚式のお祝いで梅田に出撃、と言うこともあって
鳥撮りは午前で終了。
先日のお遊び撮影のカイツブリ若の登場です。
a0143780_2383928.jpg

結構愛想の良い子だったので、すぐに潜水もせずにモデルに成ってくれました。
a0143780_2310849.jpg

親鳥の厳つい顔に比べるとあどけなさが残っているとは言うものの・・・
a0143780_23164272.jpg

少し絞り変えて色々と遊んでみました。
a0143780_2319571.jpg

若・・・と言えば、今日大阪のレストランで一時良くテレビに登場していた若〇〇さんが、
若い女性と二人で・・・、
今日はノーシャッターDAYでした。
by yamau-f | 2010-10-23 23:30 | カイツブリ | Comments(14)

秋鳥と言う言葉があれば

日本には四季があるのですが、夏鳥、冬鳥と言う言葉はありますが、
あまり春鳥、秋鳥と言う表現は使いませんね。
 ノビタキもそういう範疇では夏鳥なんでしょうが、
もし秋鳥の代表は?と聞かれたら、ノビタキは筆頭候補です。
a0143780_19484731.jpg

ところで今の日本に”野”ってあるのでしょうか?ノビタキを名付けた頃の”野”
は今の山鵜のイメージとは違うのかも・・・
a0143780_1953143.jpg

今年は場所を選ばなければ、ノビタキの数は多いような気がします。
今回も数羽が一定の範囲を移動するのを待ち受けて、少し花のある場所で写してみました。
a0143780_19561818.jpg

今年は春先に到着間無しのノビタキに、
北海道では夏の装いの子育てノビタキを、
そして稲刈りの終わった今の時期、お帰り間近のノビタキを、
例年に無く遊んでもらいました。
a0143780_19595997.jpg

この6ヵ月は山鵜にとっても色々な出来事があっただけに、ノビタキには特別な感慨を
持ちそうです。
a0143780_203034.jpg

この小さい身体で海を渡って行くとは全く想像もつきませんが、
大したもんですね。
by yamau-f | 2010-10-18 20:06 | ノビタキ | Comments(6)

来た子?居た子?

今宵、奈良にはエトピリカがやって来ました!
海鳥のエトピリカがやって来ていたら、きっと日本全国から大砲を担いだ人達が
沢山やってきたことでしょうね。今日は大砲の団体は他県に集合かな?
 残念ながら鳥ではなく、葉加瀬太郎のコンサートでした(笑)
 そばまで行って漏れ聞こえる声を聴きがてら散歩でも、と思いましたが
夜ぐらい家にいなければ、と自重しました。
 
そろそろ田んぼの猛禽も気になるので、ぶらーっと出かけてきました。
a0143780_2124832.jpg

田んぼは未だ全ての稲刈りが終わっておらず、あちこちで農作業をされていました。
 ひこばえが少し伸びた田んぼに佇む猛禽を発見!
車に乗りながら、気分は匍匐前進!
 
a0143780_2193127.jpg
a0143780_2194997.jpg

先ずは遠くからパシャパシャ、少し前に進んでパシャパシャ、
a0143780_21124910.jpg

結構色々なポーズで遊んでくれたので良い気分でしたー。
 この子が180度首を回すと飛び去る可能性が高いのですが、今回はその前に
更にワンポーズ!
 この田んぼには年中いるチョウゲンポウと、今の時期に成るとやって来る子がいます。
この子は、来た子?居た子?どちらでしょうかね。
a0143780_2123360.jpg


 
by yamau-f | 2010-10-17 21:25 | チョウゲンポウ | Comments(8)

大丈夫かなー?

今日はスッキリとは晴れなかったので、行き先を決めるのに迷いました。
例年の出会いを振り返り、気になるポイントを一巡りしてきました。
 最近、クマが人里に出てきて各地でニュースになっていますが、鳥達の
フィールドも他人事ではないようで、木の実の種類によっては凶作の物もあるようです。
 
a0143780_19382052.jpg

森の中から、春先のこの子が到着して間無しの、地鳴きがあちこちから聞こえてきました。
ブンブンと言うか、ジジジッと言うか、所謂威嚇する時の鳴き方です。
a0143780_19412541.jpg

多分キビタキなんでしょう。若♂なのか、♀なのか、良く分かりませんがアチコチで
追い掛け回していました。
 そんなに仲が悪いなら、別行動すれば良いと思うのですが、喧嘩しながらも
団体行動で渡っていくのですから面白いモンですね。
それにしてもかなり本気の喧嘩をしていましたが、これからの長旅、本当に大丈夫かなー?
a0143780_1945282.jpg

日本にやって来たキビタキが集まっているのか、他国からの移動途中で日本に立ち寄ったのか
分かりませんが、しっかりと栄養を蓄えて海を渡って行ってもらいたいですね。
a0143780_1948213.jpg

by yamau-f | 2010-10-16 19:50 | キビタキ | Comments(4)

久しぶりのカワセミ

天気の回復が予想以上に早く、気になるフィールドを朝からぐるっとしてきました。
池にはコガモとヒドリガモが到着し、モズがけたたましく高鳴きし、秋らしい一日を
満喫しました。
 朝から近場の池で、顔見知りのバーダーさんと談笑しながらの鳥見、楽しいひと時でした。
年初に身体を壊されたとか・・・、これからもお互いに楽しく鳥見を続けたいものですね。
 お話をしていると、チーーーーーッと鳴きながら、カワセミが良い所に止まってくれました。
久しぶりのカワセミ、何度会っても真剣に撮ってしまう魅力のある鳥です。
a0143780_201958.jpg

どうやら親子で追いかけっこをやっているようですが、
いくら運動会のシーズンとは言え、親子で追い掛け回す種目なんかあったっけなー?
a0143780_2021699.jpg

残念ながら撮影できる場所にやってくるのは、決まって今年生まれのチビです。
綺麗なオレンジと言うよりは、熟す前の柿の実のような色合いでした。
a0143780_20231194.jpg

それでも100発100中で魚はゲットしており、順調に成長しているようです。
ただ、スタイルが若干ギスギスしていると言うか、親鳥に比べるとまだまだな感じです。
a0143780_20261266.jpg

a0143780_20281516.jpg
a0143780_20283719.jpg

暫くはこの子の登場回数も増えそうです・・・
by yamau-f | 2010-10-10 20:34 | カワセミ | Comments(12)

やはり旬の物を

今日は朝から本降りの雨でしたね。
休日は早めに目が覚めるのですが、今朝は未だ薄暗かったような・・・
一通り新聞に目を通し、恨めしそうに外を眺めていました。
と、少し空が明るくなったように見えました。
仕方なく(ウソ)、未だ撮っていなかったノビタキに会いに行くことにしました。
a0143780_2142044.jpg

今年は定番の観察場所にやってきているのか知りませんが、今日は別のフィールドへ!
現地に到着すると、今年は例年以上に沢山やってきているように見えました。
ただ、夏羽の残った個体は少ないように感じましたがね。
a0143780_21452360.jpg

空が明るくなったのは一瞬の出来事で、車の外から撮るのは論外の雨が降っていました。
とは言え、やはり旬の物は撮っておかないと時代に乗り遅れてしまいます。
a0143780_214893.jpg

あまり変わり映えのしない写真ばかりですが、雨の割には遊べました。
a0143780_21505226.jpg

午後からは、鳥撮りの先輩の方々の写真展を見に行ってきました。
どの作品も完成度高く、別世界の写真ばかりでしたが参考にさせてもらおうと思いました。
a0143780_21544461.jpg

少し遊んで、モノクロのノビちゃんを一枚。
白化個体に会えないので、無理やり白化させてみました(笑)
背景が白化しただけだった・・・(汗)
by yamau-f | 2010-10-09 22:02 | ノビタキ | Comments(0)

何だかシーズン外れのようですが

週末は雨模様・・・
例年この時期の山鵜は、鳥の観察に加え関西学生アメリカンフットボール
のリーグ戦の観察が加わり、多忙になります。
 今年もこれからの後半戦は実力の拮抗したチームが当たるので
目が離せません!
 なんですが、当ブログ初登場のタカブシギです。
皆さんのブログには素晴らしい花絡みノビタキが登場していますが、
山鵜にはチャンスが無いので相変わらずシギチの登場です。
a0143780_21541965.jpg

何だかシーズン外れのようですが、今回は結構真面目に撮って見ました。
実は山鵜が鳥撮りを始めて、最初に遊んでもらったシギチがこの子でした。
a0143780_21571099.jpg
a0143780_21572181.jpg

シーズン始めの頃とは違い装いも冬バージョンになっていますね。
初撮りの時は、真冬だったように覚えています。
a0143780_21591523.jpg

a0143780_2204164.jpg

山鵜は3連休ではないのに、雨が上がるのは月曜日とか・・・
明日は何処へ行きましょうかね。
a0143780_2233118.jpg

by yamau-f | 2010-10-08 22:05 | タカブシギ | Comments(0)

種・まずまず ☆ 数・少なめ の内陸のシギチ

先日の出会いから、もう一つ!
昨年は田んぼでアオアシを写していると、空から10羽近い
オグロシギが舞い降りてきましたが、今年は団体での出会いでは無く
控えめに1羽での出会いでした。
a0143780_21154858.jpg

この子も海には沢山居ましたが、この時は畦道からの観察でした。
夕方になり、天気も悪くなりそうな曇天だったので、出来栄えは良くありませんが
会えたことが嬉しかったです。
a0143780_21204088.jpg

昨シーズン田んぼで出会った鳥で、今年会えなかったのは(多分)エリマキシギだけかな?
a0143780_21232742.jpg

と言うことで、今年のシギチ@田んぼは、種はまずまず、数は少なめ、と言った感じです。
a0143780_21254342.jpg

この子も、どうやら幼鳥のようですね。
シギチにとって、日本は幼鳥の一時休憩場所、親鳥はノンストップで目的地へ!
なんでしょうかね。とにかくこの時期は、幼鳥が多いように思います。
by yamau-f | 2010-10-03 21:30 | オグロシギ | Comments(6)

よーく見てみると

暫くすると、京都の鴨川にも沢山遣ってくるユリカモメですが、
海の波止に沢山のカモメに混じって、一羽だけ居てくれました。
他とは違い、白さが目立ったので、ついつい真剣に撮ってしまいました。
a0143780_12493158.jpg

よーく見てみると、結構魅力的な鳥であることを再認識。
色合いは、オニアジサシと一緒かも(笑)
a0143780_12511475.jpg

そういえば、山鵜のブログには、ムクドリもスズメもヒヨドリも・・・
まだまだ未登場の鳥さんが沢山居ることに気がつきました!
a0143780_1254104.jpg

良く目にする鳥の方が、実は写すのは難しいのです(汗)
朝から近場をぐるっとして来ましたが、2箇所で計30羽(11+20)のシギチがピーヨ・ピーヨ
と鳴きながら飛んでいきました。勝手にムナグロと思い込んでいますが・・・何だったんだろう?
気になるなー
a0143780_12581198.jpg

今日は午後から雨のようですね。
9月は暑かったのですが、ここへ来て、今年の秋は秋らしい秋がやって来ました。
四季のはっきりとしたニッポンはいいなー
by yamau-f | 2010-10-03 13:03 | ユリカモメ | Comments(4)

鳥見人だけの季節感

鳥見を始めて、何だかんだ言っている内に5年を超えてしまいました。
始める前と、何が一番変わったかな?と、考えて見ると・・・
季節感が変わったのかな?と感じています。
鳥見人だけの季節感・・・
”夏”はセミの鳴き声と共にやって来た以前と違い、5月後半には
”夏”がやって来る様になりました。
 そして、10月は秋真っ盛りのはずが、もはや初冬に近いような・・・
先日出会ったツルシギ、5月に会った時とは、装いが違います。
a0143780_20401257.jpg

夏羽の黒装束も魅力的ですが、冬羽も山鵜は好きです!
例年会える池とは違い、田んぼで会えた、この時期のツルシギは感激物でした。
a0143780_20424632.jpg

それほど長くは滞在してくれないようなので、次回何時会えるのか?を考えると、
ついつい沢山写してしまいます。
a0143780_20451519.jpg

田んぼのシギチのシーズンは、お米の収穫作業と共に終了です。
 さてと、これから何を撮りましょうかね。
a0143780_20494293.jpg

by yamau-f | 2010-10-01 20:51 | ツルシギ | Comments(6)