山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

道東小出し編 その4

もう暫く小出しで頑張ってみます。
出発前に調べた道東の鳥達が、いったい何処にいるのか?どんな囀りなのか?
未知の世界でした。
 特にセンニュウ類は、既に登場したマキノセンニュウ以外は皆目見当も付きませんでした。
a0143780_22204274.jpg

帰宅後、改めて図鑑を見ましたがシマセンニュウなのか?ウチヤマセンニュウなのか?
この写真だけでは判断が付きませんでしたが、出会った地域と、出会える可能性から
判断し、シマセンニュウとしました。
a0143780_22231179.jpg

これまた一瞬の出会いに加え、習性がシャイなこともあってシャッターチャンスは
これ一回のみ(涙)
a0143780_22243594.jpg

今回は下見!と割り切るには経済的に割に合わない場所なだけに残念でした。
a0143780_2226206.jpg

エゾカンゾウに少し絡んでくれたのがせめてもの救いかなー
by yamau-f | 2010-07-31 22:30 | シマセンニュウ | Comments(2)

道東小出し編 その3

暫く続く小出し編の今回は、ベニマシコの登場です。
冬場にはMFの池の周辺で見かける鳥さんなので、これもライファーではないのですが、
旬の姿はまさにライファーと叫びたい気持ちでした。
a0143780_22501441.jpg

この子達の子育ても一段落の様子で、子連れのファミリーを見かけました。
今年生まれのチビマシコが、暫く枝に止まって、久しぶりの青空を満喫していました。
a0143780_2254679.jpg

この時期の♂顔は、ちょうどカキ氷のイチゴを思い出していただければOKです。
 冬場のベニと、夏場のベニ、同じベニでもベニが違います。
時間が有れば、もう少し絵になったのでしょうが、今回は会えただけで満足納得です。
a0143780_22553220.jpg

あちらこちらにブンブンとまでは行きませんでしたが、行く場所行く場所で出会えた
ので、条件が合えば・・・凄いんでしょうね。
a0143780_2332222.jpg

MFでの冬場の出会いは年々減っていますが、今年はどうなんでしょうかね。
今回見かけたファミリーは越冬は何処でするのか?色々と思い巡らしてしまいました。
a0143780_2372294.jpg

鳥見当初は、ベニマシコと覚えずにベニコマシと覚えていて、鳥友さんに笑われた事を
思い出しました。
 タカシマヤをタカシヤマと言うのと同じ間違いですね(意味不明)
by yamau-f | 2010-07-30 23:12 | ベニマシコ | Comments(6)

道東小出し編 その2

小出しネタをようやくアップできるようになりました。
第2弾は、多分マキノセンニュウの登場です。この子は、大阪の劇場で以前見に行って以来なので、
正式にはライファーではありません(そう言えば、あれ以来大阪劇場に行ってないような・・・)。
 その当時、図鑑を見ながら、習性から見て二度と会うことは無いかも・・・と諦めていた
鳥さんです。
a0143780_19575447.jpg

原生花園の遊歩道(ほとんど草のラッセル状態でしたが)で、ノビタキを観察ししながら
ウロウロしていると、名前に似合わずフレンドリーな鳥さんが居ました。
道東に行く前の予習で、想定の片隅にリストアップしていた鳥さんだったので
マキノセンニュウであることは、すぐに分かりました。
a0143780_2013879.jpg

フレンドリーだった証拠に、デジ眼とデジスコで撮影できる時間を与えてくれました。
 フレンドリーだと思っていたこの子ですが、後で見てみると、ロープの一箇所だけが
ささくれていて、雰囲気から、営巣場所&見張り場所だったような気がします。
a0143780_2041891.jpg

短い鳥見時間でこの子に会えたのは、山鵜にとっては”ラッキー”と叫ぶに値する
出会いでした。
a0143780_2055933.jpg

次回は作品に拘るような写真を撮って見たいです!
by yamau-f | 2010-07-28 20:07 | マキノセンニュウ | Comments(8)

星屑ゴイって言うんでしょうか・・・

道東チョイ出し編を目論んでいたのですが、データを他所に忘れてきたのでネタが有りません。
と、言うわけで一部の方には見透かされていた、田んぼ巡りをしてきたのですが、
コサギがカルガモ状態で水に浸かっているのを見て、何も見つけずに帰ってきました。
昨年はこの時期には、そろそろシギチもやって来たのですが、タマもシギチも何もいませんでした。
おそらく水田の水温も・・・。山鵜は今年の夏は”暑”ではなく、”熱”を使うことに決めました!
a0143780_1016337.jpg

で、仕方なく在庫からゴイサギの雛に登場してもらうことにします。
確か、ゴイサギの若はホシゴイと言う筈ですが、この子は星の手前なので・・・・考えましたが、
山鵜のボキャには巧い言葉が有りませんでした。
強いて言えば、星屑ゴイとでも言っておきましょう。
a0143780_10204386.jpg

世間一般には、人間でも動物でも、赤ちゃんに対しては
”かわいい・・・-っ”と、あまり思っていなくても、挨拶代わりに皆さん言うのではないでしょうか?
この写真の子も、赤ちゃんなんですが・・・・はっきり言います。「かわいくないです」
a0143780_10251222.jpg

この子に関しては、雛の時より大人になってからの方が、気立てはいいように思います。
リカバーに、仕草が可愛かったのでアップしておきます。
それにしても熱い・・・・・・ タマシギが半熟シギになっていないか心配です。
a0143780_10313141.jpg

by yamau-f | 2010-07-25 10:32 | ゴイサギ | Comments(12)

蝦夷梅雨って知ってますか・・・・・・・

念願の道東鳥見に行ってきました。
学生時代は北の大地の誘惑に引き込まれ、延べにすると数十日は
滞在していた北海道ですが、
仕事以外でやって来たのは、30年ぶりか?
6月のベストシーズンには時間が取れませんでしたが、
7月初旬であれば雨には会わないかも・・・!
との気象予報士、山鵜の目論見での日程決定でした。
出発前の週間予報は晴れ晴れ晴れ晴れ・・・
a0143780_9281894.gif

ところが出発が近づくと曇り曇り曇り・・・・
出発当日空港に着くと、搭乗予定の飛行機は”天候調査中”やて!
笑ってしまいました。
何とか飛んでくれましたが、3つの空港に着陸可能性のある”条件便”やて!
泣きそうでした。
a0143780_934474.gif

どうにかこうにか目的地の空港には到着しました。
以前は本州が梅雨時は北海道は晴れ、と決まっていたような気がしますが、
最近”蝦夷梅雨”って言葉があるそうです。
知ってました?
a0143780_9364396.gif

と言うことで、企んでいた鳥見時間は予定の五分の一程度と残念な結果に!
けれども期待を裏切らないのが北海道ですねー 
出来栄えはさて置き、登場鳥物はライファーを含め結構満足いく物だったのが救いです。
a0143780_9414776.gif

シトシト雨なら傘を差してでも・・・と思っていましたが、傘もさせない状態の時間が長い中
最初に出迎えてくれたのはライファーのオジロワシでした。
a0143780_9434427.gif

道中で何度か出会ったので纏めてアップします。
地元で見る鷹のような鋭さや、スピードを感じることはありませんでしたが、
威風堂々とした大きさ、優雅さはさすがに鷲だなーと感激しました。
オジロワシをスターターとして、暫く北海道の鳥見結果を今まで同様小出しにしていくつもりです。
a0143780_9475484.gif

by yamau-f | 2010-07-17 09:57 | オジロワシ | Comments(12)

在庫からシリーズ 始めます。

野鳥草子は、ご想像の通り、枕草子をもじった物です。
枕草子によると、夏は夜がええそうです、月が出てたら尚更ええそうです。
とは言うものの、闇夜もええそうです、蛍が飛んだりしたら尚更ええみたいです。
かと思うと、雨の日もええそうです・・・・結構ファジーだったりしますね(笑)
 今年の梅雨は雨もよく降り、蒸し暑く、梅雨らしくって良いですね(限度はありますが)
それはいいのですが、鳥見鳥撮にはこれだけ降られるとネタ切れしますね。
と、言うことで在庫からシーリーズを始めることにします。
”去年の今頃は・・・・・・”、在庫を見るとかなり暑く、あまりこの時期は降らなかったのかな?
a0143780_2127159.jpg

昨年、田んぼで偶然出会ったツバメチドリの親子です。
例年お盆過ぎに田んぼに入るのですが、既に冬羽なんですが初めて夏羽の残った
この子に会えました。7月5日の出来事です。
a0143780_21301045.jpg

最初はペアだとばかり思っていたのですが、この子は♂♀同色とのことで、
親子と分かった次第です。
a0143780_2132671.jpg
a0143780_21323139.jpg

実は雨にも懲りず、ひょっとして・・・を期待して今日覗いてみましたが、
ツバメチドリどころか、カエルが溺れそうな状態だったので、即撤収しました。
a0143780_213549100.jpg

長距離を移動するからでしょうか?随分体の割りに翼が大きかった印象が有ります。
今年も会えるかな・・・
a0143780_2139861.jpg

by yamau-f | 2010-07-03 21:41 | ツバメチドリ | Comments(6)

ナミゲンゴロウはいなくなりました・・・

山鵜!ネタ切れです!
先日、のぞみに乗っているとニュースが流れていました。
東京都 ゲンゴロウ絶滅 水田の減少・・・、
正確には国内最大種のひとつ、ナミゲンゴロウが東京からいなくなったそうです。
新たな種が発見された!と言うニュースと、いなくなった、と言うニュース、明らかに
いなくなった種の方が多いですね。
ゲンゴロウは山鵜の幼い頃でも、偶にカブトムシを拾いに夜、街灯の下に行くと
飛んできているのを見たことがある程度で、既に少なかったのでしょうが
寂しいですね。タガメはもっと少ないのでしょうかね。
a0143780_221344.jpg

この話題と、この写真ですがどういう関係が・・・
ザリガニもアメリカンは多いようですが、和式はかなり少ないようですね。
アオサギは守備範囲が広いようで、アチコチでお目にかかります。
昨年は上高地でカッパ橋の上空を・・・
a0143780_2218928.jpg

最近フィールドで気になることには、小さな川にもやたらに増えたコイ
少し清流ではコイよりニゴイが悠々と泳ぎ
カメはクサガメ、イシガメよりMアカミミガメ
間もなく鳴き始めるクマゼミ・・・・鳥見を初めて気がつき始めたことって結構ありますね。
by yamau-f | 2010-07-02 22:26 | アオサギ | Comments(2)