山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本の夏、山鵜のタマ

あまり鳥に好き嫌いは無いのですが、やはりバーダーに人気のある
アカショウビンやヤマセミ、コマドリに会うとエキサイトするのは山鵜も同じです。
そんな鳥見の中で、取り付かれたように必死になって写したくなる鳥さんの
中にタマシギが居ます。
 一部のバーダーには、タマキチと言われている言う噂も・・・
a0143780_21584845.jpg

昨年のこの時期、確か田植えの翌日にも農道で半日粘ったこともありました。
a0143780_21594961.jpg

山鵜のタマシギの理想のシュチエーションは、ペアで仲良く並んで、水面に映った・・・みたいな
感じなんですが
a0143780_2224855.jpg

デジスコで狙うと、♂♀にピントを合わせる事は至難の業です。
a0143780_224953.jpg

今回はペアの写真を中心にアップしてみました。
田んぼに張られた水面が、光の加減で鏡のようになる一瞬があります。
しかし、その時にタマチャンが居るとは限らない・・・
a0143780_226558.jpg

年々繁殖できる休耕田が減る傾向にあります。
仕方なしに畦道等で営巣を試みるのですが、地続きである為、外敵に狙われる事も
多々あり、この子達の将来も悲観的です。
 今回出会った田んぼも昨年と同じ田んぼですが、昨年は休耕田でした。
a0143780_2295144.jpg

タマチャンシーズンは開幕したところです。
今回出会ったペアには 頑張れタマチャン!頑張れニッポン!と言ってやりたい
気持ちです(寝不足でチョット変かも)
by yamau-f | 2010-06-25 22:13 | タマシギ | Comments(5)

今から来年を考えてしまう・・・・

お山ネタもそろそろピリオドを打つことにします。
今は外は大粒の雨が降り、きっとこの子たちには最高のシーズンなんでしょう。
今年も運よく、大きい方の赤い子に会うことが出来ました。
早朝の深いブナ林で、トラツグミ、ホトトギスに続いてさえずりを聞かせてくれた
アカショウビン、本当に最高でした。
今年も青いカエルを咥えた写真と、ペアで並んだ写真は撮れませんでしたが
様々な表情を見せてくれました。
下草の伸び具合や、虫の出具合を考えるとこの子のシーズンは終了!
今から来年を考えてしまう・・・山鵜です(鬼笑)
a0143780_23495716.jpg

今回は♂同士のバトルも観察出来ました。
ペアでいる!と喜んだのもつかの間、激しいバトルでした。
咥えあって、まるでブナの木に熟したマンゴが2つぶら下がったような状態で
激しいバトル(当然写真は無理)
a0143780_23533787.jpg
a0143780_23534985.jpg
a0143780_23542522.jpg

暫く観察していると、地面をジーッと睨んでいました。
a0143780_2355404.jpg

ネズミを見つけたのか?モグラを見つけたのか?
突然クマザサの薮に向けて、ダイブというか、猛禽のような飛び込み方!
!!!!残念ながら狩は失敗、ネズミを加えたアカショウビンは幻に終わりました。
a0143780_23585443.jpg
a0143780_23591125.jpg
a0143780_23592731.jpg

少し沢山の写真をアップさせてもらいました。
そういえば、キビタキがアカショウビンの鳴き声を真似して、キョロロロと鳴いていました。
これがまた面白い!洒落の分かるキビタキでした。ハイ
by yamau-f | 2010-06-19 00:06 | アカショウビン | Comments(6)

思わぬ出会いにビックリ!

チョビ出しシリーズ@お山、の今回はクロジです。
昨年も聞いた囀りを今年も目前で観察することが出来ました。
何の鳥の囀りか分からなかったのですが、枝に止まって囀る
クロジの姿を発見しました。
この鳥も、山鵜には冬場の暗い薮での縁しかない、と思い込んでいたので
思わぬ出会いにビックリしました。
a0143780_23172142.jpg

暫く囀ると、聞きなれた透き通った声でチッ  チッ  チッ・・・と言いながら、森に消えていきました。
初めての囀る姿の出会いでしたが、まるでライファーのような感動がこみ上げてきました。
a0143780_23202649.jpg

薄暗い森の中での、デジスコだったのでSSが稼げず、歩留まりは最悪でした。残念!
a0143780_23213391.jpg

今回のお山の鳥見は、ブナ林でチェアに座りながら、時にはウトウトしながらのtry
でしたが、こんな天候に恵まれるのは次回は何時なんだろうな・・・
by yamau-f | 2010-06-12 23:26 | クロジ | Comments(10)

ライファーーーーー!

先日のお山、在庫チョビ出しシリーズです。
キョロン・ジー、キョロン・ジーと、クロツグミとオオルリの囀りを、足して2で割ったような
さえずりが、ブナの林に響いていました。
 声量から、ある程度大型の鳥さんと言うことは分かったのですが、初めて聞いたコブシでした。
暫くすると、かなりの至近で、しかもそれほど高くない場所から聞こえてきました。
a0143780_20354664.jpg

見つけるのは、それほど苦労しませんでしたが、姿を見て!!!!!
マミジロやん!
 慌てて、ピントを合わし、深呼吸をして・・・と思ったのですが、吸った息を吐くのさえ忘れるほど
バクバクしました。都市公園では例年出ているようですが、山鵜は初見!ライファーーーー!
でした。
a0143780_20384897.jpg

個体数はそれほど多くないようで、加えて行動範囲がかなり広そうでした。
なぜなら・・・・・一日に一度、早朝の決まった時間に巡回してくるのですが、
それっきりです。それを確認してしまった山鵜、どれだけ粘ったのでしょうか?
by yamau-f | 2010-06-11 20:45 | マミジロ | Comments(6)

解けん、トケンのチビチャン

先日の、お山鳥見の副産物です。
赤い子を撮るのは、相当の覚悟と、時間に対する価値観の考え方と、
運と、偶然が重ならないと難しいですね。
待ちを決め込んで、ボーッーーーーーと只管に待っていると、
色々な出会いがあります。
ネズミや真っ黒なモグラ等、飽きることがありません。
a0143780_2183695.gif

朝早く、お目当ての子は中々登場しませんが、
薄暗い藪の中から、ひょこっと鳥が枝に止まりました。
コサメビタキか?何かの♀かな・・・
あわててデジスコのピントを合わすと? なんやこれ?と言った感じでした。
暫く止まってくれたので、何とかピントの合った写真が撮れました。
嘴や、尾の長さ・・・トケンであることは分かったのですが・・・
a0143780_2112562.gif

山鵜には解けんトケンのチビチャンでした。
早速、T.Mさんの鳥見悠遊BBSをお借りして皆さんのご意見を・・・!
その筋のmitsuさんから、ホトトギスでは?とのご意見をいただいた次第です。
トケンの写真は以前に、電線どまりの証拠写真のみ。
事実上はじめてのトケン撮影でした。
それにしても習性もあるのでしょうが、
トケンの幼鳥は皆さんが想像する以上にとにかく小さいでした!
by yamau-f | 2010-06-08 21:22 | ホトトギス | Comments(4)

今日は拍手も無く

先週のプチ遠征の続きです。
アカショウビンに会った後、移動途中に空に見慣れない飛行物体を発見しました。
カラスやトビとは違い、優雅に旋回していました。
ご存知の通り、猛禽音痴の山鵜には????だったのですが、
昨年も会っていたので、何とかハチクマと判別が出来ました。
a0143780_19383634.jpg

山鵜が過去に見たことのある猛禽の中では、大きさは、オオワシを除くとダントツの1番かもしれません。
結構低空飛行だったので、見ごたえがありました。
a0143780_19404659.jpg

昨年見た、ハチクマの独特のディスプレーである背中で拍手、を期待したのですが、
残念ながら見ることは出来ませんでした。
a0143780_19424351.jpg

天気も最高に良く、良い出会いができました!
先週、今週の鳥見の結果は徐々にアップして行きます!
山鵜にとっては、嬉しい出会いもありましたよー
by yamau-f | 2010-06-06 19:48 | ハチクマ | Comments(4)