山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カエル目線で・・・

山方面へ旬の青や黄色の夏鳥にも会いに行きたいのですが、
何故か確率の低い田んぼへ足が向くのは何故でしょうか?
 予想通り田んぼにはケリの親子くらいで、これ!と言った鳥さんは
居ませんでした。
 帰ろうかなーと思ったときに、鳩とは違う鳥さんの集団が田んぼに
舞い降りました。
a0143780_16182337.jpg

そろりそろりと、舞い降りた田んぼに近付いて見ました。
???そろりそろり・・・何も見えません。
a0143780_16195066.jpg

ようやく耕された田んぼの中にムナグロの団体さんを発見しました。
23羽の団体さんですが、到着直後だったのか?皆さんうずくまって休息モードでした。
a0143780_1622043.jpg

先ずは証拠写真をゲットし、それからは以前からTRYしたかったローアングルに
挑戦です。
 ふむふむ、田んぼの鳥さんは確かにこのアングルの方がいいですね。
カエル目線で眺めると、違った世界が見えてきました。
a0143780_16243352.jpg

しかし、この角度から撮るには余程条件が良くないと、犠牲にするものが
多いことも悟りました(笑)
鳥だけでなく山鵜もムナグロになることが・・・・・・・・
a0143780_16272160.jpg

これほどまでの夏羽のムナグロに会ったのも初めてだったので、チョット嬉しい出会いでした。
a0143780_162827100.jpg

この日は、この団体以外に更に同じような数のムナグロの団体もやって来ていました。
この時期、居るときは居るし、居ないときは居ないものですね(当たり前か)
これからの休みの行き先が更に難しくなってしまった・・・
次回の田んぼはミミズ目線に挑戦してみます!
by yamau-f | 2010-04-30 16:35 | ムナグロ | Comments(2)

居なくなる、と写したくなる?

今日からMFは本格的なイベント開催、と言うこともあり、朝早めに例年の定点観測に
出かけました。予想外の雨に見舞われたため、写真に収めることはできませんでしたが
青も黄も無事到着を確認!しかも例年よりは多いかも!
と言うことで、午後から更に近場に出直しました。
a0143780_1849179.jpg

池にはヒクイナが4羽でうろうろ、これまた観察のみ。
若葉になった桜の木で、アオジがそばに居る山鵜を全く無視して、旅立ち前の
暴食をしていました!(山鵜は移動しなくても暴食しますが・・・)
a0143780_1852343.jpg

バックの色が綺麗だったのと、居なくなると写したくなる、山鵜の本能で
少し遊んでもらうことにしました。
a0143780_18542437.jpg

この時期になると、枝に止まってくれるようになるので、この子を見直す時期でも有ります。
暫く囀りも聞かせてもらいました。
a0143780_192336.jpg

これから約2ヶ月は、ど・れ・に・し・よ・う・か・な・・・状態の時期に突入ですが、
今日会ったアオジやツグミ、シメ、チョット名残惜しいですね。
a0143780_196629.jpg

寒い時期、ミヤマホオジロを待っていたときに出てきたアオジには、なーーーんや、アオジか!
という失礼な発言もありましたが、懲りずにまた来年!とご挨拶をしておきました。
by yamau-f | 2010-04-24 19:13 | アオジ | Comments(8)

有閑マダムじゃないけど・・・

先日は予想外の田んぼの景色に"唖然”としながらも、しぶとく周辺を探してみました。
秋の休耕田のように水面に「逆さシギ」が、映し出されるような水の張られた場所は
無いものの、かろうじて水溜りのあるところを探しながらの徘徊でした。
a0143780_2235884.jpg

コチドリと会う機会は結構あるのですが、この時期に田んぼで他のシギチに会えると
非常に得をした気になります。
ウロウロするシギを発見、シギチの知識の乏しい山鵜にとっては???
大きさと言い、スタイルと言い、エリマキシギと決定しました。
a0143780_22105225.jpg
図鑑で見る夏羽、あの有閑マダムのような風貌とは程遠い姿でしたが
秋に見せてもらった色彩とは全く違いました。
あまり条件の良い田んぼではなく、近づいてくれませんでしたが、
こういう出会いはワクワクします。
a0143780_22123931.jpg

山鵜の鳥見のパターンには幾つか有りますが、
今回のような自分でストーリーを考えた場面に、想定の鳥さんが出てくれると
ほんまに嬉しいもんですね。
a0143780_22155859.jpg

今、連休の物語を考えているところです・・・。
本当は例年よりは近場の、でも日本の最南端へ!飛行機も宿も予約していましたが
、突然のキャンセルをする事に・・・次回のお楽しみ、と言うことで今年は近場で
頑張ります。
by yamau-f | 2010-04-23 22:24 | エリマキシギ | Comments(2)

これも珍?

今日は”水の張られた田んぼに移動途中のシギチが・・・”をテーマに徘徊して来ました・・・が、ほとんどの田んぼは野菜用に耕されていました(粒汗)おっかしーなー?出張で移動中の新幹線かの車窓からは、アチコチの田んぼに水が・・・地域によってかなり差があることを今頃知った次第です。
が、水の溜まった水田にエリマキシギが!(これは後日に)
 うろうろしていた畦道の足元から!!!
a0143780_19493567.jpg

 うん?昔飼っていた文鳥?いや、シロガシラ???何か白かったような・・・・
a0143780_195165.jpg

撮影できそうな場所に止まってくれたのですが、機材セット中に飛ばれてしまい
電線に止まりました。
a0143780_19522157.jpg

どうやら中途半端に白化したスズメ君でした。
頭が真っ白なので、チョットびっくりしました。何か珍鳥が!と思ったのですが
スズメと言うことでチャンチャンです。でも、ある意味で、これも珍?
by yamau-f | 2010-04-18 19:57 | スズメ | Comments(8)

寅さん鳥物帖

すべり込みセーフ!でした。今年の冬は、冬鳥との出会いが少なく例年のお馴染みさんとも会わず仕舞いで終わりそうな気配です。そんなシーズン終了間際に、ようやくトラツグミに出会うことが出来ました。
昨年偶然出会ったクロツグミを求めて、市内の神社へ出かけ、付近をうかがうと何か鳥の気配が・・・
a0143780_239840.jpg

気配はすれど、姿は見えず!ひょっとして小動物かな?と思うほど手強い相手でした。
a0143780_23123474.jpg

以前会ったこの子と違い、サービス精神は皆無でした。
a0143780_23142119.jpg

100mほどの参道を行ったり来たり、”寅さん鳥物帖”と言った感じでした。
写真の姿がそれを物語っていますかね?
a0143780_23172442.jpg

ほんの一瞬、全体像を拝まさせていただきました。
きれいな容姿なのに、何でこんなにシャイなんでしょうかねー。
光の加減も難しく、証拠写真でしたが会えて良かった!
a0143780_23203637.jpg

会えなかった寅さんに連続して会えました。最後の子は別個体です。
この子には会えましたが、夏鳥の定点観測は今年は未到着のようです。
昨日の寒さで、時間調整かな?
by yamau-f | 2010-04-17 23:25 | トラツグミ | Comments(4)

予想外の出会い

週末の海へ行ったときの続きです。
海岸や水面に浮かぶシギチや水鳥をお目当てに出かけたのですが、
何気なく畑を見ると、独特の飛び方をする可愛い子ちゃんを発見!
この時期、ノビタキを撮っているバーダーは沢山いらっしゃいますが、山鵜には春のノビタキは
無縁と思い込んでいました。
a0143780_2038444.gif

鳥さんを撮る時の山鵜の好きな構図にノビチャンが入ってくれました。
河原の石の上に夏羽のノビチャン!予想外の出会いにテンションは↑↑!
ここまで夏羽に変身したノビタキを見るのは初めてなのでした。
a0143780_20425932.gif

最初に見つけた畑には♂が一羽だけしか見当たりませんでした。
ある程度撮り終えて更に進むと、なんとアチコチにノビタキが居るわ居るわ・・・
各所で数十羽は見たかもしれません。
a0143780_2045565.gif

秋とは違い♂の数が目立ちました。
それにしてもこの子は愛想と言い、サービス度と言い、非常に魅力的ですね。
ただ、夏羽の♂のお目目と、襟の白さを写すのはヒジョーに難しいのです。
a0143780_20464755.gif

結局、海に行ったのですが、ノビタキの写真が圧倒的に多くなりました。
この日の草地には、ノビタキとジョウビタキの団体さんが入り乱れ、久しぶりに
山鵜の目もグルグル状態でした。
気がつくとジョウビタキの写真は一枚も撮らず・・・
ジョビさん、ゴメン!
by yamau-f | 2010-04-12 20:57 | ノビタキ | Comments(11)

200mは適当に

移動途中の海岸を眺めていると遥か遠くに漂う黒い団体さんを発見しました。
肉眼では何なのか全く分かりませんでしたが、たまに全メンバーが同時に潜る様子を観察し
カイツブリの仲間であることは想像が付きました。
 慌ててデジスコをセットし、沖合い200mほどの鳥さんを適当にピントを合わせて連写、
画面を見てハジロカイツブリであることが分かりました。
a0143780_2085173.jpg

冬場に金魚を食べるこの子を観察し、思わず赤目補正をしてしまいそうになったことを
思い出しました。
 その時の装いとは全く違う夏羽に変身していました。ただ、風貌、目つき、目の色、を見ると
夏でも冬でも厳つい子ですが、夏バージョンは尚更です。
a0143780_2012824.jpg

こんなに小さな鳥さんが、広い海の中を漂いながら、避暑地に向かうのかと思うと
健気にも思いました。
 距離が遠く証拠写真ですが、お気に入りの写真です。
by yamau-f | 2010-04-11 20:38 | ハジロカイツブリ | Comments(4)

流離の探鳥ドライブ

今日の天気は晴れ、明日は曇り、と言うこともあって、久しぶりに早朝から根性を入れて鳥見です。
皆さんのブログ情報を参考にしながらの”流離の探鳥ドライブ”と銘打って、場所も鳥種もミステリー
でした。強いて言えば、山鵜の親戚のヒメウとやらを見てみたいなーと言った感じでスタートです。
 ただ、”旅立つ冬鳥と、到着した夏鳥”は、秘かに狙っていました。
a0143780_22581999.jpg

当ての無い鳥見の欠点は、早いうちに出会った鳥さんに気が行くと、後の行程も、時間もスケジュールが
ボロボロになってしまう事なんですが・・・
 あまり真剣に撮ったことのないイソヒヨドリと出会ってしまいました。
 予想外に時間を費やしてしまいました。
 ジックリ観察すると、♂も♀も魅力的な色合い、加えて囀りは天下一品です!(ラーメンと違います)
a0143780_236153.jpg

今日はアチコチでイソヒヨドリを観察できました。
天気が良すぎて、撮るのは難しかったのですが、満足な出会いでした。
a0143780_23112651.jpg

到着の夏鳥は、また登場してもらいますが、今日の驚きは旅立ち前のジョウビタキの多さでした。
海岸線のあちらこちらにジョウビタキが♂♀が入り乱れ、多いところでは5~6羽が飛び交っていました。
合計すると20~30羽位観察したかもしれません。
おそらくある程度の群れになって帰っていくのでしょうかね。
今日はお天気◎暖かさ◎桜◎菜の花などの春の花◎鳥との出会い◎お疲れ度◎でした。
by yamau-f | 2010-04-10 23:25 | イソヒヨドリ | Comments(0)

リバウンドは怖い!

昨日は朝のレンジャクに始まり、ぐるーっといつもの場所を巡回しました。
目新しさは無かったのですが、鳥見、ドライブ、花見の3点セットで満足な一日でした。
 前日の強風で・・・と言う、淡い期待もあったのですが、やはり甘かったです。
代わりにこの子が未だに滞在してくれていました。
 今シーズンはペアで出会ってから数ヶ月、何度か会いに来ましたが、
その度に様々な表情を見せてくれました。飛来当初は結構賑わったフィールド
でしたが、昨日は誰一人居ませんでした。
a0143780_21272654.jpg

今回は田んぼでの撮影は失敗しましたが、電線の真下から今シーズン最後のご挨拶。
a0143780_21284723.jpg

無事に冬を乗り越え、快適な越冬地だったかな?来年もやって来いよ!と声をかけて
お別れです。

それにしても、暫くの鳥見お休みのリバウンドは怖い!ですね。
今日も朝から出撃してきました。例年の定番の”桜ニュウナイ”には、見事に振られ
、朝の公園では暫しイカル遊びをやってきました。
 今年はアチコチでコイカルも見られているようなので、あわよくば!と言う期待も
有ったのですがアウト!ウレシカルカル!コイカル!とは行きませんでした。
a0143780_21382042.jpg

この鳥も、あまり真面目に撮ったことがなかったので、今日は!
と思ったのですが、天気が良すぎて難しかったなー
a0143780_21405291.jpg

それにしても今朝の公園はイカルだらけ!100羽は軽く超えていたでしょうか。
沢山桜が咲いているのに写真に絡められないのがチョット不満な一日でした。
a0143780_21505077.jpg

by yamau-f | 2010-04-04 21:54 | コチョウゲンポウ | Comments(6)

どんなんでもええから撮りたかった・・・

久しぶりに休日とOFFとお天気がマッチしたので、お花見集団を避けて朝から鳥見に行きました。
先ず最初に、特に人出の予想されるポイントへ直行しましたが、当て外れでヒレンジャクはお留守でした。
暫く待ちましたが、近くの他のポイントへ!
a0143780_20425261.jpg

いた!いた!
昨年同様、高い!遠い!枝かぶり!の最悪のコンディションですが
旬の物なので取り敢えず撮影開始。
a0143780_20445333.jpg

黄色い子も混じっていたようですが、遠くて識別困難でした。
例年と違うのは、到着が遅かったので桜の花見が同時に出来たことですかね。

それほどの変化も期待ができず、予想通り沢山の観光客が到着し始めたので
早めに切り上げ、次のポイントに移動することにしました。
この時期は、如何に世間の人々と逆のコースを移動するか?
人間ナビ”山鵜”の腕の見せ所です。

暫く鳥見に行けなかっただけで、すっかり様相が変わってしまい、季節が動いており
ツバメも沢山飛んでいました。
未だ沢山滞在しているツグミですが、やはりシーズン一度は撮ってあげないと・・・
a0143780_20574218.jpg


フツーのツグミなんですが、少し色合いの違う子がポーズを取ってくれました。
a0143780_2058022.jpg

北に帰る前になると地面に降りる事が多いツグミですが、ミミズとか動物性たんぱく質
を仕入れるのでしょうかね?

そういえば、今日は面白い光景を観察出来ました!
a0143780_2123917.jpg

MFでは定番の鹿さんですが、のんびりしている鹿の周りをカラスガ二羽ウロウロウロ
お尻のほうに周ると、白い毛を抜き始めました。
 どうやら夫婦で新居の建設を始めたようです。それにしても、鹿毛で出来た巣
とは豪華なもんですね。
 鹿も夏バージョンに変身途中のようで、機嫌よく巣財の提供をしていました。
山鵜には、こんな寛大な対応は決して出来ませんね・・・(次生える保障が無い限り・・・)
 今日はもう一箇所行ったのですが、明日にでもアップします。
 ひさしぶりの鳥見、鳥撮り、どんなんでもええから撮りたかった!
by yamau-f | 2010-04-03 21:18 | ヒレンジャク | Comments(9)