山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鳥撮り納めは突然に

しっかりと腰をすえた今年の鳥見&鳥撮りは、今日が撮り納め。今話題のハイイロチュウヒ♂に会いに行ってきました。朝着くなりお目当ての鳥が、葦原からまだ朝焼けの残る南の空へと飛んで行きました、と言うか、飛んで行っちゃいました。ピストル砲でゲットできるわけも無く、その後は夕方まで会えないとは・・・。日中には出現の気配も無く、周辺をウロウロしながら目に入った鳥さんを写すことに
a0143780_324497.jpg
ミサゴガ3羽の団体で上空を旋回してくれました。色合いは似ていますが精悍さやスピード感は、やはりハイチュウとは少し違います。それが証拠に山鵜でもこの程度に写す事ができます。
a0143780_361535.jpg

数年前はタゲリを見ると大感激してシャッターを押し捲りましたが、最近は少し撮り方が雑になっている気がします。好きな鳥なんですがねー。
a0143780_310158.jpg
この鳥を見ると、以前NHKで見た新潟?のタゲリ米を思い出してしまいます。
a0143780_3112256.jpg

朝見送ったハイチュウ♂がようやく帰ってきました。しかも心の準備も、カメラの設定の時間も無く、思わぬ方向から突然に!
a0143780_31344100.jpg
車の中で待機していた山鵜にとっては、当然と言うか必然に後姿のみ(涙)
a0143780_3151783.jpg
こうした猛禽の写真を後で見てよく気がつくのですが、カラスのモビングだけでなく小鳥達が団体でモビングしていることがよくあります。今日はカワラヒワのモビングを受けていました。
a0143780_3175131.jpg
今年はこの子に会えたのは12月13日でした。地元の方に聞くと到着した当日に運よく会えたようです。その時の証拠写真です。
a0143780_3203616.jpg
この時は、距離はあったのですがペアで暫く仲良く飛翔を見せてくれました。この場所ではデジスコでの撮影や、アップの写真は期待できませんがのんびりと鳥見をするには本当に良いところです。
 それでは皆さん良いお年をお迎えください!
by yamau-f | 2009-12-30 03:31 | ハイイロチュウヒ | Comments(13)

微妙なライファー・・・

皆さんハイチュウだのオジロビタキなど、精悍で美しい鳥さんをゲットされていますね!山鵜はと言うと、何か目新しい出会いは無いかな?とブラブラしていると昼過ぎに海に着いてしまいました。冬至からさほど日が経っていないので、3時前には夕方の気配・・・短い時間の鳥見となりました。風が非常に強く、コンディションはあまりよくありませんでした。河口の水鳥の中からウォーリーを探したのですが、お馴染みさんばかり。と、岩場をウロウロする黒い物体が・・・
a0143780_20593717.jpg
確かこれはクロサギでは?もちろんライファーです。サービス良くお魚を獲ってくれました!
a0143780_2112823.jpg
風貌、人相(鳥相)は、他のサギを遥かに凌駕する悪役顔をしていますが
a0143780_2132813.jpg
食べっぷりは極めてお上品でした!アオサギのようにゴックンとは行きません
a0143780_2143188.jpg
暫くコネコネしていましたが、咥えたまま飛んで行っちゃいました。山鵜としてはとても嬉しい初の出会いでしたが、やはり派手さは無くチョット微妙かなー?
a0143780_2183260.jpg
その後、沖合いに居たホオジロガモがやってきてくれました!実はこれもライファー!こちらは結構可愛く仕草も可愛かったなー
a0143780_21101555.jpg
ところが、こちらは曇っていたので本来の色が出ていません。黒白ではないのですが・・・。まもなく今年も終わりますね。山鵜の今年の初鳥見はクイナと言う極めてマニアック&地味なものでした。鳥納めは何になるのかなー。
by yamau-f | 2009-12-26 21:19 | クロサギ | Comments(12)

今年は夏山以来の出会い

他に行きたいところは会ったのですが近場で遊びました。天気予報程には寒くも無く、のんびりとデジスコでの撮影です。最近老眼が進んだのか、カメラの調子が悪いのか、以前からそうなのか、分かりませんがピントがビシッと行きません。ある意味スランプです。黄色い子はほとんど登場しませんでしたが、数個体のルリビタキとの出会いでした。
a0143780_2129776.jpg
現地に到着するなり若♂が山鵜ウッチングにやってきました。
a0143780_2131941.jpg
結構じっくりと撮らせてくれたので無理な体勢から青空を入れてみました。チョットお気に入りかも
a0143780_21322361.jpg

例年はこの時期だけの出会いですが、今年はシラビソの天辺でさえずるこの子を、お山まで会いに行ったので4ヶ月ぶりの再会です。
a0143780_2135655.jpg
この時期だとそれぞれの縄張りが決まっていても良さそうですが、この2羽はすさまじい喧嘩を始め、まるでルリビ団子状態でした。当分遊んでもらえそうなので、早めに切り上げる事にしました。
by yamau-f | 2009-12-21 21:43 | ルリビタキ | Comments(6)

チョット早すぎる登場

一富士二鷹三ナスビ・・・あと少しで今年も終わり初夢にこの子が登場すれば良いのでしょうが少し早すぎる登場でした。田んぼを車でウロウロとしていると、ポツンと佇む鳥影が!コミミ!なんてわけも無いのにワクワクで双眼鏡で観察すると トンビのようでトンビでない ベンベン!ノスリのようで・・・(チョット悪乗り)
a0143780_2195878.jpg
オオタカの若君でした。大概遥か上空の飛翔か、遠くの木に止まっているのを見たことしかないので、思いがけない出会いでした。食後のマッタリタイムだったのかもしれません。
a0143780_21131062.jpg
ジックリと撮影させてくれたのは良いのですがジックリし過ぎて全くポーズに変化がありません。
a0143780_21145391.jpg
a0143780_21173357.jpg
先を急いでいたのでこちらから失礼しました。山鵜の場合鳥が去る前にこちらから場所を移動することは極めて稀な行動です。
by yamau-f | 2009-12-19 21:22 | オオタカ | Comments(2)

迷鳥の気持ちは

先週の撮影分です。昨年と同じ時期を狙って少し遠出をしてきました。昨年は早朝のコハクチョウの飛び立ちを満喫し、それを期待して行ったのですが、水上からの飛び立ちには出会えませんでした。偶然サカツラガンと言う珍鳥?に出会い、皆さんと一緒になって沢山撮影したのがついこの間のように思えました。今回は事前情報でハクガン若が来ていることは知っていましたが、会えれば良いなー程度で行ったのですが
a0143780_0132325.jpg

苦労してコハクチョウが画面に入らないように撮影するのは大変でした!なんせ100羽を超えるコハクチョウに数十羽を超えるヒシクイに混ざって田んぼに居るものですからねー
a0143780_0161919.jpg

決してコハクチョウが嫌いなわけではないのですが、山鵜の腕では同じ画面にどのように収めれば良いのかイメージが全く湧きませんでした
a0143780_0182722.jpg

アップにして写してみると首の辺りの羽は徐々に成鳥に換羽している途中のようです。居ついてくれればかなり白が目立ってくるように思えました。
a0143780_0204010.jpg

家族で行動するコハクチョウに帯同してはいるのですが、近付き過ぎると小突かれている姿を目の当たりにするとチョット可愛そうにも思えました。来春北帰後は仲間に再会できることを祈るばかりです。珍鳥!迷鳥!と聞くとついついお目にかかりたくなる気持ちは山鵜も同じですが鳥の気持ちになるとチョット複雑・・・。
by yamau-f | 2009-12-19 00:37 | ハクガン | Comments(2)

やはりこの鳥はディスプレーが見てみたい

先週末の鳥さんです。当地に行くと以前はさほど多いとは思っていなかったカンムリカイツブリがあちこちに居ることに気が付きました。この鳥は確か求愛ディスプレーでけったいな格好で水上を走る、たしかアレだと思います。この時の二羽は親子のように見えました。
a0143780_20403047.jpg
あまりじっとしてくれることが無い上に、すぐに潜水してしまうので結構撮影は難しいですね。今回は観察中に水面に出て来た時は大きなフナをくわえていました。これがニゴロブナなのか?ゲンゴロウブナなのか?ヘラブナなのか?それはそれで気になる山鵜なのでした。
a0143780_20415416.jpg
潜水する鳥の観察をするときは、”アッチムイテホイ”か”もぐら叩き”を連想しながら水面に出る場所を想像して見ていますが当たったことがありません。
a0143780_20433336.jpg
昨日銀座チャンスセンターで宝くじを買いました。カイツブリの水面浮上の場所を当てる方が簡単なはずですが・・・
by yamau-f | 2009-12-15 20:55 | カンムリカイツブリ | Comments(2)

寒波と共に

週末は運よく二日続けて当地に出かけることが出来ました。土曜は天気予報通り、気温は高かったものの雨や晴れの入り混じったはっきりしない冬らしい天気でした。こちらの方面も色々と魅力的な鳥がやって来ていたり、やって来そう・・・なので時間帯を分けての観察です。
a0143780_21475659.jpg
もう紅葉のシーズンは終わっていますが遠くに映る山は紅葉が未だ美しく見えます。
a0143780_2150087.jpg
チュウヒは結構サービス良く飛んでくれます。
a0143780_21505776.jpg
a0143780_2152343.jpg
この鳥は大陸型とかxxx型とか沢山のパターンがあるようですねー。一生懸命説明してくれるおじさんが居ました。
a0143780_21524080.jpg

この鳥を見ているとアサリの貝殻の模様を思い起こしてしまいます。
a0143780_21535021.jpg
昨日はノーマルなチュウヒ以外は暗くなるまで待ちましたが何も起こりませんでした。二羽のチュウヒも♂♀も分からないそれほどインパクトのある写真でも有りません・・・。が、昨晩からは天気は若干回復しましたが一気に冷え込み、今日は寒波がやって来たようです。寒波と共に・・・・・(歓)今晩はチュウハイで乾杯でもしよっかなー
by yamau-f | 2009-12-13 22:09 | チュウヒ | Comments(6)

イメージとは違うなー

先週末のキセキレイです。近場の御陵めぐりでは久しぶりに見慣れた鳥の観察が中心となりました。とは言うものの、この地は結構遠くからも鳥見にやって来られる有名地です。そういう意味ではMFとしては恵まれているなーと再認識しました。
a0143780_20181080.jpg

御陵のお堀にはスイレンやコウホネが群生し、花の時期やトンボの時期は違った楽しみ方ができる良いところです。
a0143780_20202141.jpg

今の時期は、以前はカワセミが遊んでくれましたが最近はあまり鳥を見かけません。
a0143780_20211690.jpg

昨年、UYANさんが素晴らしいキセキレイを撮っておられたのを思い出し、狙うことにしました。
a0143780_20223534.jpg

スイレンの葉の上を鮮やかな黄色い鳥が!クッキリと水面にも映ってナイスショット!のはずでしたが、写真を見るとキセキレイの居場所すら分からないゴチャゴチャした写真でした。うーん!イメージと違うなー!!!
by yamau-f | 2009-12-10 20:29 | キセキレイ | Comments(2)

ペアを狙ってみよう!

年間を通じて鳥見・撮影をしていますが良く考えるとペアが揃って一枚の写真に並ぶことはそうは多くないことに気が付きました。毎年追いかけるコマドリも未だ♀の姿すら見たことがありません。クロツグミも♀は未見です。ヤマセミのペアは過去数百枚の写真で数回のチャンスしかありませんでした。ところが水鳥は♂♀の識別が簡単な上に揃っていることが多く山鵜は今年ペアの水鳥を狙ってみることにします。
a0143780_053918.jpg

最初に登場するのはヨシガモに決めました。今日は久し振りにこの子に会うことができたのでいい気分です。
a0143780_07317.jpg

言われてみると確かにここ数年、山鵜もペアで写真に納まったことが無いカモ・・・(汗)
a0143780_0101965.jpg

by yamau-f | 2009-12-07 00:15 | ヨシガモ | Comments(2)

今季初パンダ

朝のうちは本降りの雨だったので今日も当ての無い鳥見となりました。とは言うものの金魚を食べるハジロカイツブリが来奈との情報(aosagiさんブログ)も有ったのでため池に何か居るかも・・・との期待で出かけました。暫く走ると池の奥にパンダ♂発見!遠い上に撮影には難しい状況でしたが木陰に隠れて何とかゲット!山鵜の苦手な白い鳥の上にお目目が・・・気にせずパシャリ
a0143780_2032018.jpg
a0143780_20322762.jpg

パンダガモと言われる所以を何とか写真に!と頑張りましたが正面顔は写させてもらえず左斜め45°から
a0143780_2035991.jpg

自宅そばに帰ってくると10羽ほどの団体さんが到着!灯台下暗し・・・ってやつですか?
a0143780_20383262.jpg

他の池では山鵜もハジロカイツブリ発見!ライファーなのです。
a0143780_2039508.jpg

思わず赤目補正をしそうになりました!
a0143780_20404178.jpg

距離も遠くキリッとした写真が撮れず思うようには遊べない一日でした。
by yamau-f | 2009-12-05 20:47 | ミコアイサ | Comments(4)