山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハジロカイツブリ( 3 )

御一行様

今日はStバレンタインデーとか。
恵方に向かってキットカット食べるのでしたっけ。
ハローウィンとか、洋物の行事が次々と定着しつつありますね。
もう一度、桃の節句とか、端午の節句とか、お花まつり、とか
見直してみませんか。
山鵜は歴史とか、伝統とか、もう少し大事にしたいな、
と思う事がよくあります。
例年3月初めごろに出会うことがある御一行様に早くも
今年は遭遇しました。
a0143780_17425219.jpg

数えたところ総数31羽の団体さんでした。
ほかの鳥たちより密集して移動するので
遠くから見ると少し異様な感じです。
200m以上離れているので画像はそれなりです・・・
a0143780_17451441.jpg

すこーしだけ夏の装い気味の子もいますが
今回はまだまだ冬着でした。
近くで撮ってみたいですが難易度は高いです。
by yamau-f | 2016-02-14 20:36 | ハジロカイツブリ | Comments(0)

山鵜走

師走に入ってはじめての記事、随分間が開いてしまいました。
12月は先生が走るようですが、山鵜もばたばたしています。
山鵜走とでも言うのでしょうか。
特段例年とは変わらないのですが、ヤマセミに振られ、ハイイロチュウヒに振られ
タゲリに振られ・・・ 記事にする題材が無いのが本当の理由です。
a0143780_19392069.jpg

少し前に撮ったハジロカイツブリです。
冬の装いでの赤い目は、夏の赤目よりはまだ穏やかですね。
ついつい一生懸命撮ってしまいました。
ここ近年は定期的に来てくれるようになりました。
a0143780_19421859.jpg

獲物の小魚、山鵜の機材ではバシッとは撮れません。
腕かも・・・
a0143780_19433495.jpg

もう少し潜る寸前の綺麗な姿を撮りたかったのですが
難しいモンです。
そういえば、今日久しぶりに関東方面へ新幹線で行ってきました。
少しの間に、ソーラーパネルの増えた事にビックリです。
ほとんどが野鳥の喜びそうな草地や池などばかり・・・
いくらでもスペースのある建物の屋根などに作れないものでしょうかねー
環境に優しい、地球に優しい、人間の勝手な自己満足では
いけないような気がしますね。優しさは環境が感じ、地球が感じるのが
そもそもで、人間が都合よく感じたものでは
いけないような気がします。
将来管理者が居なくなったパネルの廃墟を想像すると
気持ちが重たくなってしまいました。
さて、この記事を今年最後にはしたくないのですが。
今週末が勝負です。
by yamau-f | 2015-12-17 21:34 | ハジロカイツブリ | Comments(2)

200mは適当に

移動途中の海岸を眺めていると遥か遠くに漂う黒い団体さんを発見しました。
肉眼では何なのか全く分かりませんでしたが、たまに全メンバーが同時に潜る様子を観察し
カイツブリの仲間であることは想像が付きました。
 慌ててデジスコをセットし、沖合い200mほどの鳥さんを適当にピントを合わせて連写、
画面を見てハジロカイツブリであることが分かりました。
a0143780_2085173.jpg

冬場に金魚を食べるこの子を観察し、思わず赤目補正をしてしまいそうになったことを
思い出しました。
 その時の装いとは全く違う夏羽に変身していました。ただ、風貌、目つき、目の色、を見ると
夏でも冬でも厳つい子ですが、夏バージョンは尚更です。
a0143780_2012824.jpg

こんなに小さな鳥さんが、広い海の中を漂いながら、避暑地に向かうのかと思うと
健気にも思いました。
 距離が遠く証拠写真ですが、お気に入りの写真です。
by yamau-f | 2010-04-11 20:38 | ハジロカイツブリ | Comments(4)