山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ホトトギス( 2 )

親子の関係

鳥達には様々な習性がありますが、この時期出会う
杜鵑類とタマシギは特に面白いですね。
今回は、山鵜が勝手に感じている何の根拠も無い杜鵑類の親子関係の想像です。
以前にも書きましたが、山鵜は住宅地に住んでいるのですが
毎年5月になるとホトトギスが飛来してきます。
飛来当初は夜中に囀りながら闇夜を飛び回っているようですが
6月過ぎになると明らかに何処かに止まって囀るようになります。
夜中3時前後が多かったかなー
今年は枕元に近かったので、チョット迷惑なくらい(笑)
この場所は朝方になるとウグイスが囀ります。
・・・・・
そして、先週からピタッとホトトギスが囀らなくなりました。
例年ほぼ同じパターンです。
ここからは勝手な想像ですが、
ご存知の通り杜鵑類は托卵で繁殖する珍しい鳥です。
この托卵と言う習性はあまり良い喩えには使われず
ずるいとか、無責任とか・・・ 確かに他の鳥が一生懸命子育てをしているのに
何の苦労もしないホトトギス、仕方無いかもしれません。
ところが、親子の愛情が全く無い分けではないような気がしたのです。
何故か・・・
夜中に止まって囀るホトトギスは、ウグイス(多分)の巣で孵化した
雛に、毎晩声を聞かせにやってきていたような気がするのです。
約10日~2週間、毎日同じ場所から聞こえてきたテッペンカケタカ
先週から聞こえなくなったテッペンカケタカ
時間的に子守唄とは言えませんが、こう考えると
何だか少し微笑ましく、ホトトギスが健気に見えてきました。
親の子守唄が聞こえなくなると同時に
一羽のホトトギスが巣立ったのかもしれませんね。
a0143780_1914463.jpg

残念ながらホトトギスの写真はこんなのしかありません。
この子は我が家の近くで囀っていた子とは違います。
by yamau-f | 2013-06-29 21:47 | ホトトギス | Comments(6)

解けん、トケンのチビチャン

先日の、お山鳥見の副産物です。
赤い子を撮るのは、相当の覚悟と、時間に対する価値観の考え方と、
運と、偶然が重ならないと難しいですね。
待ちを決め込んで、ボーッーーーーーと只管に待っていると、
色々な出会いがあります。
ネズミや真っ黒なモグラ等、飽きることがありません。
a0143780_2183695.gif

朝早く、お目当ての子は中々登場しませんが、
薄暗い藪の中から、ひょこっと鳥が枝に止まりました。
コサメビタキか?何かの♀かな・・・
あわててデジスコのピントを合わすと? なんやこれ?と言った感じでした。
暫く止まってくれたので、何とかピントの合った写真が撮れました。
嘴や、尾の長さ・・・トケンであることは分かったのですが・・・
a0143780_2112562.gif

山鵜には解けんトケンのチビチャンでした。
早速、T.Mさんの鳥見悠遊BBSをお借りして皆さんのご意見を・・・!
その筋のmitsuさんから、ホトトギスでは?とのご意見をいただいた次第です。
トケンの写真は以前に、電線どまりの証拠写真のみ。
事実上はじめてのトケン撮影でした。
それにしても習性もあるのでしょうが、
トケンの幼鳥は皆さんが想像する以上にとにかく小さいでした!
by yamau-f | 2010-06-08 21:22 | ホトトギス | Comments(4)