山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:オオルリ( 8 )

2ケ月遅れの

皆さんのブログよりも2ヶ月ほど遅れての登場です。
渡ってきた当初は遊び相手になってくれるのですが
仕事(繁殖)が始まると中々遊んでもらえません。
今年の春はダメかな、と諦めていたのですが、初夏になって
ようやく出会うことができました。
a0143780_1928622.jpg

新緑に映える野鳥ですが、あまりゴチャゴチャとしていない
こう言う背景も嫌いではありません。
a0143780_192929100.jpg

今年も夏鳥の青い子、コルリには出会うことができませんでしたが
この子との素敵な出会いがあったので、夏鳥青も◎とします。
これで赤い子の挑戦権ゲット、いよいよですねー・・・
a0143780_19322924.jpg

夏鳥シーズンもまだまだ終わったわけではありませんが
来季に持ち越しそうな野鳥は
クロツグミ、コルリ、ノジコ(未見)、マミジロ・・・ 北海道にも行きたいなー
欲を言うと切がありませんね。
毎年決まった時期に決まった場所に行くので
仕方ないのかもしれません。
a0143780_19401852.jpg

以前、鳥友がオオルリのドアップを撮影されていました。
山鵜もようやくドアップを!
例年この時期はタマシギなんですが、今年もベストシーズンは
撮ることができませんでした。
でも、山鵜はタマシギを探しまくるつもりです。
by yamau-f | 2016-06-21 20:24 | オオルリ | Comments(2)

一生懸命の姿には心打たれます

今日も夏鳥に会いに朝方でかけてきました。
少し時間が遅く、既にオオルリはソングポストで
大きな声で囀っていました。
囀る姿は然程珍しくないのですが、今日は
はるか天辺、4~50mは有ったでしょうか。
山の中でも一際高いところを陣取っていました。
a0143780_21213046.jpg

まだまだ旅の疲れも有ると思いますが
体全体を使って一生懸命囀る姿には心が打たれました。
決して写真としては、記事に値するものでは有りませんが
僅かな枝の隙間から、山鵜も一生懸命撮影しました(笑)
a0143780_21245322.jpg

この子が水を飲みにやって来るのを待ちましたが
そうは上手くいきませんね。
山を下りる途中で、ショウチュウイッパイグイーッと乾杯してくれる
鳥も居て気分上々な山鵜でした。(こう見えて、山鵜は限りなく
下戸に近いのでした。)
by yamau-f | 2015-04-26 21:30 | オオルリ | Comments(0)

現場復帰しました

年末からコミミズク、年明けからはヤマセミに没頭し
春先はペンギン役もあり、他の鳥たちの撮影がおろそかになってしまいました。
冬鳥のウソ、マヒワ、・・・ 来季に持越しです。
でも、もしコミミズクが年末に帰ってきたら、やはり通うでしょうね。
現場復帰の手始めは、夏鳥を求めて近場の山へ出向きました。
a0143780_21114944.jpg

この時期は到着の個体と、移動中の個体が重なるのでしょうか。
例年に無く、オオルリもキビタキもあちこちで囀っていました。
アオバトもアーオアーオ言ってました。
a0143780_21145841.jpg

出会いの多いオオルリですが、薄暗い林の中で見る瑠璃色には
やはりハッとさせられますね。
a0143780_2117275.jpg

突然目の前に現れたのでキッチリと撮れませんでした。
晩春から初夏、いい季節になって来ましたね。
by yamau-f | 2015-04-25 21:21 | オオルリ | Comments(0)

図鑑写真と言うのでしょう

a0143780_22343596.jpg
秋のオオルリです。
成長過程のわかる個体を撮ることができました。
兎に角アップで、鳥だけを撮ることに徹した撮影でした。
以前書いた、撮影の3拍子とは全くかけ離れてしまった
環境だったので仕方ないですね。
環境、雰囲気、静寂・・・
この場所、既に劇場と化していました。
皆さんでワイワイ楽しく撮るスタイル、これはこれで
良いものですね。山鵜もワイワイするのはどちらかというと
好きな方ですし。
しかし、枝を折って舞台を作るのは如何なものでしょうか?
(悔しいことにその枝にまた良く止まるんだわ・・・)
枝を折って撮影場所を確保するのは如何なものでしょうか?
(山鵜だって撮影のために沢山の草花を今までに踏んでますもんね。)
数年前まではこう言う光景はこの場所にはありませんでした。
残念です。
ブツブツ言わずに行かければいい、その通りですね。
人を諭すほど出来た人間では無いことは充分自覚していますから。

最近良く聞くようになった撮り鉄のマナー違反、
撮り鳥の事が取り沙汰されるのは時間の問題でしょう。
皆が皆そうじゃないのに・・・・・・・
マナー違反と違法行為は違います、ゴルフのように
マナーが明確になっていないので尺度に個人差があるのでしょう。
違法行為は論外ですが、自分なりの撮り鳥のマナーは守りたい
ものです。基本は自然の中で遊ばせてもらっている、という気持ちかな?
またまたボヤいている山鵜です。
一挙に写真を掲載します。
若達の口元にはまだあどけなさが残っていますね。
今年生まれなんでしょうか。とすると、
♂若のこの色合いは、春には見られないのかなー?
a0143780_22333110.jpg
a0143780_22334834.jpg
a0143780_22341415.jpg
a0143780_22345145.jpg
a0143780_22351131.jpg
a0143780_22353657.jpg

オオルリ、来春また会いましょう!
気をつけて海をわたってくださいね。
by yamau-f | 2014-10-11 22:04 | オオルリ | Comments(4)

やっと

以前から撮りたかった、オオルリの若♂を
やっと撮る事ができました。
今年はキビタキやオオルリと言った夏鳥の
代表選手をあまり撮っていなかったので
名残夏鳥を追いかけてみました。
a0143780_22444397.jpg

流石に成鳥には及びませんが
この配色も中々のものですね。
a0143780_22461238.jpg

贅沢は言えませんが、やはり夏鳥は飛来直後の
繁殖を前にしたビビッドな姿の方が山鵜は好きだなー
新緑の小枝にとまって囀る姿が懐かしい季節になってきました。
これから海を渡る過酷な長旅を
この子達は知っているのかな?
a0143780_22512715.jpg

by yamau-f | 2013-10-18 22:57 | オオルリ | Comments(6)

宵山ですね

京都で生まれ育った山鵜にとって、祇園祭は人一倍強い思いがあります。
ここ数年は行った事も無いのですが、学生の頃は夏休み突入間際、
大抵この時期に梅雨明け、気持ちが高揚しないはずがありませんよね。
 数十年前への回顧、思いつくままに書いてみます。皆さんの中には懐かしく思う人も居るのでは・・・
宵宵山コンサート、高石ともや、ナターシャーセブン、諸口あきら、坂庭省悟、尾崎千秋・・・
近畿放送、山崎弘士、ヤングリクエスト、ミキサー完備スタジオ貸します、
ラブアタック、今話題の百田尚樹氏はこの番組にD大学生として度々登場・・・・
パンチでデートって言うのもありました。  懐かしい。。。

全く関係なく先日のオオルリの登場です。
最後に登場のコマドリは数年前に一度だけ撮れた樹上コマドリです。
あれ以来毎年行くも出会えず・・・
a0143780_2238923.jpg
a0143780_22382386.jpg
a0143780_22383667.jpg
a0143780_22385030.jpg

コマドリのリベンジにい行くも、毎回返り討ちに・・・
諦めません!撮るまでは!
by yamau-f | 2013-07-16 22:41 | オオルリ | Comments(8)

気がつけば

気がつけばオオルリを撮ったのは2年ぶり、予想外でした。
鳥見を始めた頃、この子に会えて大喜びしたのをしっかり覚えています。
本当に綺麗な、鳴き声も姿も色も3拍子揃った大好きな鳥なのですが
昨年は撮っていませんでした。
あまり良い出会いが無かったのと、目が向いて居なかったのかなー
a0143780_211450.jpg

まだまだ個体数は少ないのですが、到着の先着順に縄張りは決まっていくのでしょうかね。
今年は新緑のうちに、あと数回は撮っておきたいと思っています。
a0143780_213589.jpg

by yamau-f | 2013-05-12 20:51 | オオルリ | Comments(2)

お腹いっぱい

今年は、山の夏鳥を追っかけるのは例年より遅めでした。
急に寒くなったり、お祭りの人出で出撃意欲が失せたり、でこの子をしっかりと観察できたのは
GWになってしまいました。
 ただ、遅れた分、今年はサービス満点でお腹いっぱい遊んでもらえ、この子に関しては
満足◎をゲットです。
a0143780_22301255.jpg

何とか芽吹き直後の枝に止まってくれたので、”ルリ”が引き立ちました。
デジスコでは囀りの実況撮影は中々難しいんですよね・・・
今回は少しは囀りが聞こえてきそうな撮影が出来たのでは?と自己満足。
a0143780_22333787.jpg

思いっきりアップを撮って見ました。
何故か?・・・この子、実は電線に止まっているんです(汗)
a0143780_22384456.jpg

今年は黄色い出会いは少なめですが、青い子は多目のような気がします。
a0143780_2248325.jpg

それにしてもこの小さな体から、谷筋に響き渡る美声は何処から出てくるのでしょうかね?
a0143780_22505985.jpg

今回は青い子狙いで青い子に会えたので満足!
さてさて、これから始まる赤い子探しはどうなることやら・・・・
by yamau-f | 2010-05-07 22:55 | オオルリ | Comments(8)