山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:キビタキ( 8 )

未だに青が・・・

連続でキビタキの登場です。
前回よりは少しましな出会いでした。
初夏のキビタキとしてはまずまずかなー
今年はタイミングが合わず赤い子のオープン戦は
行けないかもしれません。
昨年はこの時期にかなり撮らせてもらったのですが
6月にぶっつけ本番かも・・・ 不安です。
a0143780_20504696.jpg

それにしても未だに青い子も撮れていません。
大きい青いこの前に小さい青い子に出会えないかな・・・
と秘かに狙っている山鵜です。
by yamau-f | 2016-05-05 20:52 | キビタキ | Comments(0)

初物と言うことで

かろうじて撮影できたキビタキです。
オオルリも囀っていましたがまだまだ数は少ないようです。
これからもっとたくさんやって来るのでしょう。
まだまだ完成度の低い若♂ですが、初物なので記事にしました。
a0143780_22181677.jpg

これから秋まで滞在してくれますが、モデルになってくれる期間は
それほど長くありません。最近は春~夏のキビタキ、オオルリの
撮影は以前に比べると減ってしまいました。
初めてこの子たちに会った時の喜びを忘れてはいけませんね。
a0143780_2221303.jpg

夏鳥、一気に赤い子を狙うのは無謀です。
枝に止まった野鳥撮影は久しぶりだったので
良いリハビリになりました。
by yamau-f | 2016-04-24 22:23 | キビタキ | Comments(6)

順調と思っていますが

赤、青、黄色・・・ チューリップも信号もこの色が基本です。
青のオオルリ、黄色のキビタキ、ときました。
順調ですねー
誰に聞いても次は赤ですよね!
a0143780_20471362.jpg

今年は本当に沢山来ているようですね。
この子は囀り無しで見つけました。
未だ若い♂でしたが、この角度だと良い感じですね。
今の時期のキビタキは久しぶりのような気がします。
最近、足で探す鳥見をしていませんでしたが
森の中をぶらぶらと歩き、
この日は存分にマイナスイオンを吸収したような気がします。
a0143780_2051743.jpg

早くもペア成立でしょうか?
近くに♀の個体もウロウロしていました。
a0143780_20574797.jpg

春先の野鳥達の♀の個体に会うのは難易度が高いですね。
コマドリやクロジの♀は撮れた例がありません。
囀ってくれないと場所も分からないし、ジッとしてくれませんからね。
a0143780_20522735.jpg

あまり余裕の無い一瞬の出会いでしたが、
木漏れ日が演出をしてくれました。
赤い子の前に、黒い子や茶色い子にも会いたく思っています。
この時期の鳥見は楽しく、快適です!
by yamau-f | 2015-04-30 20:43 | キビタキ | Comments(2)

やはり綺麗だ

ハイカーが通りかかると、たまにスコープを覗かして欲しそうに
されることがありますね。
こういう鳥が見えている時は(当然撮影に余裕がある時ですが・・・)
出来るだけ見せてあげるようにしています。
そうすると、ほぼ皆さんが”ワーッ!”とか、”すごい!”とか感嘆の声を
あげられます。
a0143780_2258926.jpg

そうすると、こちらも嬉しくなるものですね。
そういう面で言うと、♀の姿を見るのと、こんな鮮やかな
♂を見るのでは感激方には大きな差がありますね。
これだけ鮮やかな♂成鳥に会えると、山鵜もドキドキします。
やはり綺麗だ!
a0143780_2304519.jpg

同じ枝で撮った、表情の違う絵ですが
あまり季節感は有りませんが嬉しい出会いです。
春に会う時と、この時期に会う時では
やはり接しかとも変わりますね。
春は”ようこそ””お疲れさま”という感じですが、
秋は”ご苦労さん””お気をつけて”という感じです。
a0143780_235447.jpg

この子と会うのも来春です。
今度会うときまでには痩せておきます、と約束をしたのでした(爆)
by yamau-f | 2014-10-22 22:52 | キビタキ | Comments(2)

人気がないのは何故?

この時期によく見かけるキビタキ♀、若(♂♀)です。
でも撮影場所では、またメスかー・・・という声が聞こえてくれるくらい
レンズを向けられることが少ない♀タイプです。
a0143780_21512324.jpg

キビタキと言うのに黄色くない、オオルリと言うのに瑠璃色ではない
名付けに問題があるのかなー
a0143780_2153389.jpg

他の鳥もそうですが、稀少性が無いと人気が無いようですね。
これが色の出ていないオジロビタキなら、きっと大騒ぎなのかも
a0143780_21555928.jpg

それにしてもこの時期は成鳥より明らかに幼鳥が多いように思います。
ギリギリまで成長と栄養補給の時間を稼いでいるのでしょうか。
親たちはそそくさと海を渡っていったのですかねー
a0143780_2158297.jpg

じっくりと腰を据えて写したので、まだネタがあります。
次回は♂成鳥に登場してもらおうかな。
a0143780_2204140.jpg

こうやってみてみると可愛いと思いませんか?
by yamau-f | 2014-10-18 21:47 | キビタキ | Comments(0)

今季初登場

皆さんのブログでは出尽くした感じのあるキビタキですが、
野鳥草子では今季初登場です。
オオルリはソングポストで囀ってくれるので山鵜向きですが、
この子は少し見つけるのが難しいですね。
撮影の構図を考えると更に難しくなります。
a0143780_12532443.jpg

例年3月中旬にはシーズン初対面、今季も出会いは例年と同じでした。
ただ、最近は何時でも会えるから、と真剣に写さなくなってしまっています・・・
この穿った姿勢で痛い目によく会うのですがね。
やはり写真のレベルアップを追及するには、都度の出会いは大切にする心構えがないと
ダメなんでしょう。
少し反省して、真面目にキビタキを写してみました。
a0143780_12581269.jpg

構図は今一でしたが、背景の雰囲気がお気に入りの一枚です。
a0143780_13194.jpg

前回のアカショウビンもそうなんですが、出会い 場面 は1流なんですが
写真の出来栄えは3流・・・
 「こんな出会いが皆さんに有ったら、もっと素晴らしい写真が取れるんだろうなー」、と考えることが
最近良くあるんですー。
 皆さんのコメントに、忌憚の無いアドバイスを頂ければ、と思っています。
a0143780_135455.jpg

自分はどういう写真が撮りたい!と言うしっかりとした物を持っていないと、
鳥が出現した時に後悔だけが残ります。
 出会いまでは待つのに、出会ってから待てない、山鵜の最大の欠点かも。
a0143780_1381174.jpg

早くも梅雨に突入し、木々の緑は更に深さを増し、それと反比例して鳥さんの撮影
は条件が厳しくなりますね。これからは少し遠出も覚悟かなー
a0143780_13122290.jpg

土日バーダーにはせめて週末だけでも雨にお休みしてもらいたいのですが
今季の梅雨はどんなパターンなんでしょうかね?
by yamau-f | 2011-05-28 13:16 | キビタキ | Comments(8)

大丈夫かなー?

今日はスッキリとは晴れなかったので、行き先を決めるのに迷いました。
例年の出会いを振り返り、気になるポイントを一巡りしてきました。
 最近、クマが人里に出てきて各地でニュースになっていますが、鳥達の
フィールドも他人事ではないようで、木の実の種類によっては凶作の物もあるようです。
 
a0143780_19382052.jpg

森の中から、春先のこの子が到着して間無しの、地鳴きがあちこちから聞こえてきました。
ブンブンと言うか、ジジジッと言うか、所謂威嚇する時の鳴き方です。
a0143780_19412541.jpg

多分キビタキなんでしょう。若♂なのか、♀なのか、良く分かりませんがアチコチで
追い掛け回していました。
 そんなに仲が悪いなら、別行動すれば良いと思うのですが、喧嘩しながらも
団体行動で渡っていくのですから面白いモンですね。
それにしてもかなり本気の喧嘩をしていましたが、これからの長旅、本当に大丈夫かなー?
a0143780_1945282.jpg

日本にやって来たキビタキが集まっているのか、他国からの移動途中で日本に立ち寄ったのか
分かりませんが、しっかりと栄養を蓄えて海を渡って行ってもらいたいですね。
a0143780_1948213.jpg

by yamau-f | 2010-10-16 19:50 | キビタキ | Comments(4)

旬のものなんで・・・

この時期に山へ夏鳥を見に行かない!と言う選択はありません。
昨年から行き始めた、誰も見向きもしない山で夏鳥遊びをやってきました。
この場所は大規模なダム建設が進んでいましたが、今は工事がストップしています。
自然が残されたように思われますが、既に山は瀕死の重症のようです。
見るからに山が乾燥しています・・・。元には戻らないでしょうが、何かケアをしないと
チョット心配です(保水機能が失われているような・・・)
とは言うものの夏鳥は今年もやって来てくれていました。
a0143780_7282828.jpg

オオルリは各所で見かけたのですが、キビタキはこの子だけでした。
新緑に映える黄色いキビタキ!をイメージしていたのですが、そうは簡単には行きません。
季節感の無い杉林に少し若めの♂でした。
旬のものなので、とりあえず登場してもらいます。
a0143780_7343151.jpg

♂の成鳥は、はっ!とするような鮮やかな黄色と言うかオレンジ色の子も居るのですが
この子は未だ若造でした。
a0143780_7382368.jpg

今回は写すのが精一杯の状況でしたが、若葉シーズンにリベンジをしなくては・・・
a0143780_7422587.jpg

by yamau-f | 2010-05-03 07:45 | キビタキ | Comments(0)